コスパ最高の口腔内写真セット

高価な口腔内写真専用の機材を購入しなくても、
安価なものでも十分な画質を得られます。
必要なカメラ選び・カメラの使用の知識はお伝えいたしますので
お任せください。

3つのラインナップで紹介しています

Nikon
【シンプル】

¥85,000(税込)

私が思う費用対効果が
最も高いモデルです。


<このモデルの特徴>

☆ダブルスロット
☆最高のコストパフォーマンス

必要十分な機能を
低価格で実現したモデルです。
この機材で十分満足いただける口腔内撮影が行えると考えております。
SDカードも2枚挿入することができ、
データ管理の信頼性と
PCを分けた時の利便性にも
こだわっています。
私自身もこのモデルを使用しています。
カードの挿し忘れやカードを分ける煩わしさを解消できますし、
Nikonの実際に見たままを写すような
忠実な描写に非常に満足しています。



Nikon
【ハイグレード】

¥105,000(税込)

仕事に使用するなら
ちょっと費用が掛かっても
純正で便利なものが良いという方向けのモデルです。

<このモデルの特徴>

☆ダブルスロット
☆手振れ補正
☆高速なAF(オートフォーカス)

【シンプル】のモデルのレンズを
純正のさらに高品質のモデルに交換しております。
・信頼性の点から純正のレンズが
使用したいという方
・オートフォーカスも早いほうがいい
という方に向けたものです。
シンプルのものよりも機材の信頼性が
高くオートフォーカスの速さ・音が向上しているので、少し費用をかけてもより品質のいいものが良いなという方に向けてオススメになっています。




Canon
【コンパクト】
¥82,000(税込)

コンパクトで軽量なので
女性でも気軽に高画質な
写真が撮影可能です。

<このモデルの特徴>

☆軽量・コンパクト
☆扱いやすい作業距離


このモデルでは
女性スタッフの方でも扱いやすい
軽さ・作業距離
を意識して選びました。
術中の写真や初診時の規格写真を
撮影されるのは
ほとんどの場合は助手の方か
歯科衛生士さんであることを考えると高品質だけど重い機材よりも
比較的軽量な機材を望まれる方も
多いと思います。
また、男性ドクターなら身長の点で困ったことがなくても、女性の場合撮影時の作業距離が遠くて大変だという悩みもあります。
このモデルはその悩みを解消してくれます。

それぞれの機材に付属するもの

カメラ(本体・バッテリー・バッテリーチャージャー)

レンズ

ストロボ(K&F Consept KF-150)

ハンドストラップ(首掛けではなく 手に固定するタイプのもの)

オリジナルのマニュアル

機材を口腔内撮影用に設定をして発送

問題が生じた際に対応できるよう 連絡先のお渡し

モデルに合わせてこの5点を発送いたします。
特にこだわっているのが自作のマニュアルです。
以前から自身のクリニック用に自作したものに
・このカメラ使用の際の細かいポイントの解説
・規格撮影のポイントの解説
・設定のずれてしまったときの対処法の解説
・色を技工士さんにうまく伝えるための注意点
・今後機材を選ぶ際に費用を抑えて購入する必要条件
などを加筆しています。
きっと今後の撮影にプラスになる情報になると信じています。


なぜこんなに安いのか

1.中古を使用したセットであるため

2.業者ではないため

3.カメラについて徹底的に勉強したため

これらの商品はストロボを除いて中古品を使用しています。
そのため費用を抑えられ、高いコストパフォーマンスを発揮できます。
一眼レフカメラというのは今のミラーレスカメラと比べて非常に高耐久です。
中古でも状態のいいものがたくさんあるし、長く使えるので問題ないと考えています。

ただそれに引換え
商品にばらつきがあることがデメリットになります。
私自身が何度か使用し、問題がないことを確認したうえで
状態のいいものを見極めてからオススメしているので
おおむね問題ないとは思いますが、
中古品に対していいイメージをお持ちでない方や
信頼性は万全なものが良いと思われる方は
新品の購入か 個人で 見極めた機材の購入をオススメします。

私は個人的にカメラについて
長い時間をかけて徹底的に勉強し、
個人的な費用と時間をかけて様々な機材を使用して
口腔内撮影を行ってきました。

専門の業者のようにこれで利益を得て生活するわけではないので
本当にオススメのものだけをお話しすることができます。
そして自分が良いと思ったものを自由にオススメすることができます。
そのため数十万円が相場の歯科用カメラに対して
通常のカメラを使用することで費用を抑えてお届けできます。

歯科用カメラというのは
歯科に対して便利な機能を盛り込んだ一眼レフのことで
特殊機材ではありません。
それをお伝えしたくてこの記事を書いています。

詳細な機材の紹介も他の記事を通してしておりますので、
もしもカメラについて詳しい方はその記事を見て、ご自身で選定した機材を使用していくと細かい最適化ができます。

それでもカメラについて考える時間が惜しい という方や、やっぱり 何から調べたらいいかわからない という方に向けて
この機材をお届けしようと思っています。

少しでもこの機材や情報がが役に立てばうれしいなと思っております。


この機材については
YouTube
ブログ記事でも紹介して
おります。
カメラの知識のおありの方はそちらをチェックしてご自身でそろえられることをオススメします。

10万円以下で始める
口腔内写真
気になることがあればお問い合わせください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。