e-mount Tamron24mm f2.8 レビュー

Tamron 24mm f2.8 Di Ⅲ
First Impression

人生ではじめて予約購入したレンズが届きました。

tamronのe-mount用のレンズ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

すごく好みのレンズです。
以前持っていて本当に大好きだったレンズ 一眼レフ用の85mmf1.8と同じ  
現代Tamron の丸みを帯びていて、マットな質感の鏡体。
個人的にジャストサイズな太さ&フィルター径φ67mm
フードも外に広がる花形で
それでいてかなり軽量

本当に見た目の質感が過去のe-mount用レンズの中でダントツの1位かもしれない

20mm/24mm/35mmとこのレンズは3本が同時に発売されています。
その中でこの度は24mmを選びました。

理由は動画に使いやすい広角が欲しかったから

20mmだとパースが付きすぎるかな
35mmは大好きな画角だけど、色々なレンズと画角被るかな
ということでオーソドックスな24mmを!

手持ちで自撮りしても圧迫感のない画になるかなという選択です。
これが1本目の単焦点であれば迷わず35mmにしているけれども。

寄れる コンパクト 安い

このレンズ発表された時けっこう盛り上がりましたよね
e-mountの新基準を作るんじゃないかと。

あえて開放f値を抑えて寄れるレンズに特化して、
さらに軽量コンパクトで安いとか
Tamron さんやりすぎ!と思いました

その辺は本当にすごくいい性能を発揮していて
最短撮影距離12cm 最大撮影倍率0.5倍のハーフマクロ
215gで非常に軽量

e-mount用では28-70mmf2.8の軽量コンパクト大三元の標準ズームでTamronはものすごく人気で最近広角域のズームも発売されて注目を集めておりますが、
その辺のレンズと同様に全てφ67mmのフィルターで統一

この辺も含めてTamronの単焦点好きすぎる。。。

価格は購入時点で ちょうど¥40,000!

前まではレンズが高いのがSonyの弱点なんて言われてましたが、Tamronの進出でかなりその弱点も解消されてきた印象です

実際に使ってみた

そこで実際に使用してレビュー動画を撮影してみました

動画を見てもらえるとわかるのですが、AFが悪い

悪いというのか、
ちょっと前のレンズを思い出させるようなジーコジーコレンズなのです。
AFの速度はあまり早くないし、

致命的なのがAF時にかなりジージーとかカチカチと音がすごく気になる。

静止画をとる場合には良いんですが24mmの単焦点とか基本動画ですよね!?
(個人的な感想です)

撮影してるときはあまり分からなかったけど、実際に動画を見てみると聞くに堪えないかなりAF音がうるさくてどうしようもない。

MFにするか、外部でマイクを使用するか、なにか対応策を考えないとな。

安くてコンパクトで広角なのでα6400とか6600にVlogで自撮り用に買おうと思っている人は結構いるんじゃないかと思うので、この記事と動画が参考になれば幸いです。

もし良かったら
チャンネル登録も
よろしくお願いします!

https://www.youtube.com/channel/UCkLFbrTFJ0UOA5kTK-SGpXg/

投稿者: Nostalgista Matsushima

兵庫県在住 Hyogo Photo Cercle 主催 YouTube”Matsu Channel”登録者230人 歯科医師

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。