「スマホでいいよね?」への僕なりのアンサー【カメラ】

「iPhone画質良いから一眼いらないよね」

カメラをやっている人
こうやって言われたことありませんか?

もしくは
写真に伸び悩んでそう思ったことはありませんか?

カメラをやっている人からすると耳がピクっとしてしまう話の内容です。

僕はカメラ機材が大好きで写真を始めて2年間
ああでもないこうでもないと機材をとっかえひっかえ試行錯誤してきました。

そのためこれだけやってきたことがスマホのカメラなんかに置き換えられてなるものかと必死で、一眼カメラのいいところを探してきました。
スマホ勢に対して一眼のほうが良いんだと論破しようとしていました。

実際にスマホのカメラの高画質化によってカメラの売り上げ台数が激減しており、
世の中の流れを見てもスマホで十分なのではないかという雰囲気で、
それによってそれに反対する意見をかたくなに出そうとしていました。

でも最近なんで(心の中で)戦ってたんだろ?と思うようになってきました。

ここでは筆者自身のかなりたくさんの写真機材を試してきた経験と、Xiaomi MiNote10という高画質のスマホを持ってみてわかったことをまとめてお話していこうと思います。

「スマホでいいよね?」へのアンサー

回答は3つの点からしていきます

  • スマホにも頼っていい
  • もっと一眼に本気を出させてやれ
  • 撮れた写真での表現だけがカメラライフじゃない

1.スマホにも頼っていい

まず写真というのは、もっとも基本的には撮ったもので語るのが理想だと思っています
そのため、その結果を得るために必要なものを使用するのがベストな選択です。

その選択をするうえで今までのスマホのカメラは画質があまりに悪く、選択肢にあまり入っていませんでした。

そのため写真は写真専用機のカメラで撮らないとという雰囲気がありました。

しかし現代のスマホはレンズの進化や他眼化、AIの発達によって圧倒的に良い写真を吐き出すようになりました。

そこで、カメラvsスマホという構図がよくとられ始めました。

どちらがいいか、(いかにカメラでないといけないか)というトピックです。

これまでカメラにお金をかけてきた人は、サンクコストといって
ずいぶんとカメラに貢いでいるので、新参者のスマホカメラ(数万円で高画質)
というのに納得がいきにくいので、このトピックが盛り上がりやすいのかなと思います

ただ写真を撮るという観点からみると、スマホが高画質になるのは非常に便利です。

いつでもでかいカメラを持っていけるという私のような変人ならまだしも
多くの人はコンパクトなカメラを希望しており、
その代表はコンパクトカメラよりも今やスマホです。

これが表現の方法として使えるように高画質になれば
写真を撮る上で非常に都合が良いのは明白です。

ただいかに良くなったとはいえ
当然えスマホにも限界があります

自然なボケ味や、暗所での画質、柔らかな表現は圧倒的に一眼カメラです。

対してしっかり情報を伝えるパンフォーカスの絵作りやコントラストの強いかっこいい描写もスマホの得意分野です。

つまり、スマホカメラは
デジタルカメラの敵として判断せずに
適材適所で使ってやれれば双方の得意不得意を補い合い
表現の幅は広がると思います

2.一眼に本気を出させてやれ

今では簡単に一眼顔負けの写真を撮れるスマホですが、これは当然

場面によります。

もちろんレンズやセンサーの大きな一眼カメラの画質が勝る場面は多いのです。

ただ実は一眼レフやミラーレスできれいな写真を撮るのは意外と難しいということがあまり知られていません。
昔は一眼を使えば画質のきれいさだけで感動できていましたが、今は違います。

例えると、数千万円のバイオリンと入門用の数万円のバイオリンの弾き比べのようなものかと思います。

よく芸能人格付けチェック等でやられている企画です。

多くの芸能人が、色々と考えたうえで安いほうを選んでしまうことも多々あります。
間違いを選んだ多くの方が「音が滑らかで上品だった」といっていたように記憶しています。

なぜそのようなことが起きるのでしょうか?

その一つは強弱を表現できる幅の観点から答えらると思います。

数千万円のバイオリンは演奏者のごく細かい動きの違いや強弱を響きの違いに変えます。優しく弾くと小さく響き、強く弾くと激しく響く。

逆に入門用のものはどうやって弾いてもある程度滑らかで良い響きをする代わりに、演奏者の細かな動きの違いを拾わず、音のダイナミックレンジが狭い欠点があります。

強弱や心情を表現しにくいんですね。

これをカメラに置き換えると、自分の表現に合わせてかなり細かい微調整が可能な高性能なカメラと、AIが良い感じにしてはくれるけど、自分の表現したいものを細かくは反映させにくいスマホ という感じでしょうか。

つまり一眼は確かな実力で使えば最高の表現ツールで、下手に使えば盛れないのです。

そのため、ただ一眼を使うだけでは感動的な写真は得られず、どうせやるからにはちゃんと実力をつけてシャッターを押す必要があります。

(こんな言い切るからには、自分自身もちゃんと実力をつけなければと自ら震える思いで書いております)

なのでこの先一眼カメラは、ちゃんと自分自身の表現を行いたい人が持つものになり
そうでなくライトに写真を楽しみたい人は、スマホで写真を撮るという感じに
2極化していくのではないかと予想しています。

3.でも撮れた写真だけがカメラライフじゃない

ただここまで厳しい文体で書いてきましたが、
実際には撮った写真だけがカメラという趣味ではないなというのが
私の思うところです。

写真サークルをやっていて、
本当に『写真ていいな』と思うのは、

・写真をとるのが楽しい
・機材を選ぶのが楽しい
・撮るために出かけるのが楽しい
・ファッションとしてのカメラ(カメラ女子など)
・あえて今の時代にフィルムカメラを使う
・いろんなレンズをコレクションするのが好き
・編集が楽しい
・ファインダーを覗いてのコミュニケーションをとる

こういったすべてが写真の楽しみなのです。
一眼で撮った2人の写真の方がよい場面もあれば、
スマホのインカメで撮った距離感の近い写真の方がよい場面もある。

いろんな選択肢が選べる良い時代になったんだと思います。

当然スマホの得意なこと、一眼の得意なことというのはこれからも語られなければならないと思いますし、それを知って使い分けていく、どちらを使用していくか決めていく必要はあると思います。

今スマホが高画質化してその過渡期にあると思いますが、
機材好きのカメラマンが自由に一眼、スマホを選択できる時代も
すぐそこに来ていると思います。

長い文章にお付き合いくださりありがとうございます。
読みにくかったとは思いますが
スマホで撮った写真と一眼での写真が変わらないと悩んでいる方の
悩みが少しでも解消すれば嬉しいです。

投稿者: Nostalgista Matsushima

兵庫県在住 Hyogo Photo Cercle 主催 YouTube”Matsu Channel”登録者230人 歯科医師

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。