やっちまった。。。Nikon D7500

この度 新たなカメラを購入してしまいました。

そのカメラは

Nikon D7500

なぜやっちまった。。。かというと。

先日こういった動画を更新しました。



今までの僕の動画の中で
1.2位の再生回数の
○○円以下のカメラ機材
 シリーズの第三弾。
一眼レフバージョンで
やってみました。

その中で【一押し】+【自分も欲しい】と言ったカメラが
NikonのD7500なのですが、

紹介した3日後にポチってしまいました。

自分で紹介して
誰が買うよりも先に自分が買う。
カメラボディはたくさんあって不自由していないはずなのに。。。

YouTuberの鑑かよ。。

ふう

今日は冷静になぜこのカメラを購入したのか振り返ってみます。

Nikon D7500はどこが良い?

  • 一眼レフが使いたくなった
  • グリップがよい
  • カメラとしての完成度がめっちゃ高い!

始めに言っておきますがこの記事はD7500を知る上でほとんど役に立ちません。
自分がなぜこのカメラを購入したのかを冷静に振り返っていきます。

ところでNikon D7500って良いカメラなのに
使っているよっ!っていう有名なYouTuberの人とか
あまりいないですよね?
ぼくの勉強不足ですかね?

もっといてもいいと思うのですが。

ま、それはともかく
では振り返っていきますね!

改めて書き出すと買った理由がめっちゃ少ない笑
そのせいかで買った後届いてもあまり感動がない

1.一眼レフが使いたかった

まず1つめは一眼レフが使いたかったということ。
しかもNikonの。

一眼レフでカメラを始めたいという
YouTubeのコメント相談にて
完全に触発されました。

一眼レフでカメラを始めて、今やミラーレスに完全移行して
1年以上がたちますが、懐かしくなっていたタイミングで
すごく誘惑される言葉でした。

最近家にずっといると
ストロボライティングで撮影することが多くなって
そうするとミラーレスの利点の
撮影時と同じ露出がファインダーに反映されるメリットが半減していて
『これ一眼レフの方がレスポンスよくていいんじゃね?』
とか 謎の思い付きをして以来 その考えがずっと頭を離れませんでした。

あとは電子ビューファインダーではない
ファインダーの覗き心地が再度体験したい!

とまぁ
本音はただ一眼レフを使いたかっただけで
それを理屈付けしているのですが

実際ミラーレスと比較してスペック面での一眼レフの良いところって
必死に考えないと出ないんだなって痛感しました。

ただ感覚的なところでは一眼レフっていいなって思うところもあります。
それが次の項目

2.グリップが良い

Nikonのグリップは個人的にすごく好き
フルサイズのD750とかD800系はちょっとしっくりこないのですが

D5000系とかD7000系は最高にグリップが良いと思っています。

Canonのグリップはちょっともっこりしていて
Nikonのシャープな持ち感とは違っていて
個人的にはNikon Canon どちらも使った結果
やっぱりNikonだし その中でもD7500がベストだなと思っています。

Nikon D7500

そしてこの四角い形と 仕事人が使うためにあるようなこの見た目

本当に感性に訴えかけてきます。

もう一度あえて言います
ミラーレスと比べて
一眼レフについてスペック面で特筆すべきことはありません!

でも

単純に好き

もうこれに尽きます

sony α7Riiiを持っている今
カメラとしての性能でカメラ選びをすることはありません。

いろんな意見はあると思いますが、このsonyのフルサイズは
ガチで最高スペックのカメラだからです。

動画も写真も何の不満もなく
ああやっぱこれだなと思っています。

そういう点からすると
今回のカメラ選びは 謎です。

不満がなくカメラを購入するのですから。

今までにもずっと気になっていたNikon D750のフルサイズカメラも
候補にあったのですが、決め手に欠けたのもこの部分です。

スペックに求めるシビアさが減ったからこそ
こうしたAps-cの自分が本当に好きだと思った
見た目のカメラを買うことができました。

3.一眼レフとして完成度がすごく高い

ただこのカメラは当然完成度がすごく高いです。

仕事では個人的な好みで
NikonのD7100を使用しています。

そのカメラはこのD7500の2世代前のカメラなのですが
その時点で画質は完成していて
操作性も少し不便なところもありますが
そういったものがちゃんとブラッシュアップされているのが
D7500です。

ダブルスロットがシングルになっているのが唯一の残念なポイントですが、

一番うれしいのは
ISOボタンが左手から右手の位置に来たことです!

D7100を使っていて一番のストレスはここで、
マニュアルモードを使用する際に
設定の変更をするのに左手を使用しないといけない。
右手で全て設定変更可能なカメラが多い中
これはすごく面倒。

たしかD750も同じ仕様で
これがすごく萎えるポイントなんですよね…

それが今D7500だと
シャッターボタンのすぐそばなので
感度変更が容易
もうそれがうれしすぎて感動しています。

まあカメラスぺックとしては当然で
こんなことで喜ぶ人も少ないとは思うので
参考にはならないと思いますが、
この項目はNikonのカメラを買う人は
ちゃんとチェックすることをオススメします。

さあこうして振り返ってみましたが

ひどいものですね

もう こじつけのような理由しか見つからない

これがコレクター性というのか
感性に訴えるというのか

進化したミラーレスに対して
一眼レフが強みを出せるポイントというのは
どんどん減ってきているんだなという感じがします。

性能よりも愛着を優先した機材選びが
今回のこの購入につながっている気がします。

機材沼は恐ろしいですが
こういう楽しみもたまにはいいですね。

機材沼にはまった人や
はまりそうになっている人達にとって
この記事が少しでも参考になれば幸いです!

投稿者: Nostalgista Matsushima

兵庫県在住 Hyogo Photo Cercle 主催 YouTube”Matsu Channel”登録者230人 歯科医師

やっちまった。。。Nikon D7500」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。