まずは3万円で一眼を始めてみよう


こんにちは マツです
今日は『3万円で一眼を始めてみよう』というテーマでお話しします。

僕は人と話していて『カメラをやってます』とか 写真サークルやってますとか言うと、多くの場合『カメラって難しいですよね』とか『持っていたけど挫折した』みたいな感じで言われることが多くて、『ああやってない人からすると そうなのかな』と 思う事も多いです。
それに次いでカメラって高いよねとか 言われたりめっちゃ金かかる趣味だと言われる事も多いです。

じゃあ本当にそうなのか?カメラって金がかかる趣味のか?
そう考えた時に

そうじゃない手段を提案しよう!

そう思ってこの動画を録りました。

なのでこの動画ではなるべくお金をかけずにカメラを楽しむ方法、そしてその機材選び ということで3万円でカメラとレンズを購入して楽しんでいけるようなセットを紹介できたらと思っています。
カメラを始めるかどうか、スマホでもいいのかそう迷っている方は是非最後まで見ていってください。

このチャンネルでは僕が機材に総額200万以上使って手に入れた知識を元にコスパの良いカメラ機材について紹介しています。またNikonのカメラを使用しているのでそういったものに興味ある方はぜひチャンネル登録お願いします!

ではまず結論ですがカメラは基本的にめっちゃ金かかります!
周りの多くの人がカメラにはまるとすごく機材にお金をかけてる感じがします。

でも、安心してください。

お金をかけなくても 十分楽しめるし、みんな好きで金をかけているだけなのでお金をかける楽しみ方も お金をかけない楽しみ方も選ぶことができます。

まずは今回紹介する機材で3万でカメラを始めてみてそこからどうするか判断しても遅くないと思っています。
ではこれについて深堀していきましょう

僕は普段コスパの良いカメラ機材について紹介していて一つの自分の中での区切りが10万円以下のコスパの良い機材を紹介する!という所なんですね。
で、カメラをやっていない人からすると
『え10万円!?』いやいや 感覚おかしすぎだろ十分高いよと思われるかもしれないけど、結構カメラのレンズとか本体って20万とか30万くらいするものとかも増えているんですね。
なので物によっては10万以下ならコスパいいとかレンズが5万以下ならかなり安いみたいな感じになってきているんですが、やっぱり自分がカメラ始めた時の感覚に戻ると5万とかってまあまあ一大決心が必要なレベルの出費だと思います。
特にスマホで十分な画質が得られる今の時代にそんなカメラいらないでしょみたいな感じだと思います。

なのでもっともっと敷居を下げて 限界ギリギリカメラとレンズで3万 これだけ安いものを一度紹介します。

はまるかわからない機材に10万円かけるのは博打ですが、3万ならぎりいけるという人にこうした機材でハマるなら 場合によっては追加の機材を手に入れたり、逆にやっぱりスマホがいいじゃんてなるようなら カメラは諦めたり そういう感じの一つのお試しに使ってもらえたら嬉しいです。

まずカメラというとこれから始める人にとってはこういった一眼レフっていうのがいわゆるカメラ だと思います。もしくはちょっと詳しく調べた人ならミラーレスっていうものもあると知ってるかと思います。

この一眼レフとミラーレスの違いはここではお話しませんが、ざっくり言うとこの辺が いわゆる 一眼といわれるカメラです。
で、一眼というのはカメラボディと レンズの2つを組み合わせて効果を発揮するものです。たまに質問で『ボディだけで写真は撮れますか?』と聞かれるんですが、その答えとしては写真は撮れますが、何も写りませんやっぱりちゃんとした写真を撮るにはレンズが必須なんですね。
なので一眼を買うということは基本的に カメラとレンズを買うということだと 理解してください。

だいたい家電屋さんに行くといくつもカメラ売ってますが、それはたいていカメラとレンズをセット売りしているんですね。
だいたいのところで不便のないような無難なレンズをメーカーさんが これが良いんでしょ?という感じでセットで売ってくれているんですね。
で、そもそもそんなものは存在しないかもしれないけど5万円以下とかで安いセット売りの新品のカメラは画質に微妙なことが多いので個人的にはおすすめしていません。

なので 僕がおすすめする買い方というのは
・中古で
・しかも機能を絞る事
これです。

カメラというのはどんどん進化しています。
新しいものの方が基本的には良いカメラです。色んな意味で。
でも実は10年前くらいには結構画質が完成していてそこから先はちょっとでも小さくとか暗い所でもきれいにとか もっとピント合わせを早く正確に とかそういうところ なんですよねなので実は10年前くらいのカメラを買ってもめっちゃ綺麗ということもあります。

ちなみにこれは12年くらい前のカメラでこれが2-3年前のカメラで撮った写真がこれと これ ほとんど差が分からないですよね。
こんな感じです。
予算が結構ある場合には 当然新品とか新しい製品の方がオススメですが、そうじゃない人には しかも抵抗がない人なら中古のカメラをオススメしています。
中古のカメラに目を向けると 5万円もあれば、ものすごい当時のプロが使っていたようなカメラまで選べたりするのでかなりコスパが良い選択できると思います。

で続いて機能を絞ることですがカメラについてくるレンズですが、ズームのできるレンズとズームの出来ないレンズがあります。
ズームができないというのはスマホのカメラのレンズが切り替えられない感じをイメージしてもらえたらと思いますが物を大きく写すのに自分が近づいたり、広く写すなら自分が遠のいたりそういう感じで使う必要があって。
ズームできるレンズというのは自分が同じ位置にいながら寄ったり引いたり と色々することができるでもちろんズームできるレンズの方が便利なんですがズームできるレンズというのは同じ値段帯のズームできないレンズよりも画質が悪めになるという傾向にあります。
なので、かなり費用を抑えて それできれいな描写をということなら極力便利さとは引き換えに 比較的画質が良い ズームできないレンズ単焦点レンズというものを購入するのがいいかなと思います。

こういった背景を知っていただいたうえでカメラ・レンズを選ぶと すごく安く それでいて良いものを手に入れられると思います。

ということで非常に前置きが長くなりましたがようやく機材の紹介に入ります。
ここで僕が紹介する3万円以下のカメラは

Nikon D7000 というかなり古い一眼に

DX35mmF1.8というNikonのレンズです。

このセットであれば 中古を使えばたった3万円でそれでいて ものすごくきれいで 背景もぼかせたり 高画質な写真が撮れます。
覚えてられないという方は概要欄にリンクを貼っておくのでチェックして見てください。
このカメラは僕も仕事用のカメラとして今使っていてものすごくコスパ良くて最高なんですけど、写りも全く今のカメラと遜色ないんですよね。このカメラ自体は2008年の発売とかなんですが当時のプロカメラマンとか 場合によっては今でも使われている方もいるくらいものすごい信頼性の高いカメラなので性能自体は折り紙付きです。

もちろん今のカメラについているような無線機能とかそういった便利機能はありませんがカメラをやってみたい方って良い写真が撮りたい というのと同時にこうやって写真が撮りたい という方も多いんじゃないかと思いますがこうしてファインダーを覗いて写真を撮った時の撮ってる感 気持ちよさ そういったものはものすごく味わえると思います。
今主流のミラーレスもすごく良いんですが、どうしてもその辺はミラーレスよりも一眼ですし、ミラーレスでこんなに安いものだと    ちょっと壊れてないか心配だけどこういったNikonの一眼レフは まあ大丈夫だと思うのでぜひチェックして見てください。これのセットを使ってみてそして、もっとはまりそうだなとか もっとこういう場面でうまく使えるレンズやカメラが欲しいという感じの 必要性があれば新しいレンズや新しいカメラにチャレンジしてもいいし、場合によってはこれさえあれば もうそれ以上には必要ないという感じになることさえあるセットかなと思うのでカメラが高いということでカメラ自体を始めるかどうか迷っている人にはこういうものでお試しをしてもらえたらと思います。

今度『写真趣味が最高な理由』という動画を作ろうと思ってますがカメラの趣味は本当に楽しいし やっててよかったというようなことがたくさんあるのでぜひ 迷っている人なら 気軽にスタートしてもらえたら嬉しいです。

ぼくはこれからもコスパの良いカメラ機材について紹介していきますし、Nikonのカメラを使用して動画を作っていきます。
今日の動画が役に立った 良かったという方は是非高評価と チャンネル登録 よろしくお願いいたします。
また兵庫で写真サークルをやっていますのでぜひご連絡ください。
では今日はこれで終わります。

投稿者: Nostalgista Matsushima

兵庫県在住 Hyogo Photo Cercle 主催 YouTube”マツチャンネル Camera Planner” 歯科医師

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。