古いフルサイズ 現行のAPS-C どっちを選ぶ?Nikon D600とD7500で比較

こんにちは マツです

今日は『古いフルサイズ VS 新しいAPS-C』というテーマでお話しします。

フルサイズとAPS-Cどっちがいいの?皆さん気になりませんか?
何となくフルサイズの方が良いだろうなという感じはするけど、どうなんだろうとかって結構写真を始めたばかりの時って気になりませんか?
気になってAmazonとか価格.comの商品情報をめっちゃ比べたりしませんでした?
もしくは今していませんか?

で最近仕事用にD600というかなり初期のフルサイズカメラを手に入れて、色々とつかって検証しているのですが、今回の動画ではみんな大好きモンスターAPS-CカメラのD7500と比較してみようと思っています。

なのでこの動画では10年前の古いフルサイズ現行モデルのミドルクラスAPS-C
これを比較して、どんな風に感じるかをお伝えできたらと思っています。現行のAPS-Cにいくか、ちょっと古くても中古のフルサイズいくかその辺で悩んでいる人に少しでも参考になれば嬉しいです。

このチャンネルでは僕が機材に総額200万以上使って手に入れた知識を元にコスパの良いカメラ機材について紹介しています。また使っているNikonのカメラに関する情報を発信していきます。Zシリーズ関連の比較やNikonについての情報を提供していますので興味ある方はぜひチャンネル登録お願いします!

失敗しないのはD7500 RAWで撮るならD600

では結論です。この古いフルサイズD600と現行のAPS-C D7500を比較してみて僕の結論は失敗しないのはD7500 RAWで撮るならD600という感じがしました。ではそこについて解説していきましょう。

 まず僕は今日この2台をもってに行きました。
で、比較しやすいようにそれぞれ画角がそろうようにフルサイズには50mmの単焦点をAPS-CにはDXの35mmの単焦点レンズをつけて持ち出しました。どちらもだいたい50mm相当になりますね。しかもどちらもNikon純正で F1.8だというので良い比較ができそうですね。

 まず重要なお知らせですが、D7500のデータ壊れていまして、撮影データありません。取り直すか迷ったのですが、取り直さなくてもお伝えできそうだと思ったので今日はD600のデータのみで感想をお伝えさせてください。

これがシングルスロットの怖さやな、、、

 前回の動画でD7000との比較をしましたが、おそらくその時と使用しているレンズが全く同じなので雰囲気自体は似た感じになるのかなと思いますが、まず撮影中のことについていきましょう。

まずは気になったことが5つ

  1. サイズ感・重量・グリップ
  2. 背面モニター
  3. フォーカスポイントの大きさ
  4. ISO感度ボタンの操作性
  5. ファインダーの見え方

【サイズ重量グリップ感】

前回の動画でD7000とD600比較してみましたがその時はほとんどサイズ感同じでレンズ分若干D600が大きいといいましたが、D7000からD7500になってスロット数も減って、さらに材質の変更なんかもあってかなりD7500はすっきりして、軽くなって、グリップもめちゃくちゃよくなってるなので、今やD7500とD600を比べると全然フィーリング違うつまりD7500の方がはるかに持ちやすい感じがしてその分実際の重量さよりも軽い。
とにかくこのD7500はNikonのどのカメラよりもグリップがいいのでまあこのD600も相手が悪いという感じですが、この辺は圧倒的ですね。

【背面モニター】

D7500は現代のカメラだけあって かなりきれいですよね。色味の確認や露出がしっかりわかる。かなりイメージしやすい。まあ今のカメラを使っている人なら まあ普通です。しかもチルト液晶なのでローアングルとかにも強いですよね。
対してD600のはめちゃくちゃモニターが悪い。5つ目とも絡むんですが、ファインダーめちゃくちゃきれいで感動してシャッター押すと撮った後で『え、、』ってなるくらい 画像が荒い。ピントの確認もちょっと怪しいくらい 荒いですね。露出と色味も大丈夫かなという感じで正直現像するまで結構不安でした。なので、今のカメラになれている人にはかなりやばいモニターです。

【フォーカスポイントの大きさ】

これはD7500の1点のAFポイントよりD600の方がAFポイント小さいなので、今回動物園で写真撮っていて、D600ならこの網を抜けれるのに、D7500はほとんど抜けれないというのでMF使用しないといけないケースが多々ありました。

もちろんD600でもMF使うシーンは結構ありましたが、AFポイントがちいさいのは良いなと思いました。

【ISO感度の操作性】

これが撮影時の操作感にかなり差を生みますよね。一昔前までのNikonはISO感度が左側にあって操作がめっちゃめんどいんですよね。カメラの設定なんてほとんど絞りとシャッタースピードとISOしか触らないのにこれが左側にある。もちろんD600も左側です。今日僕は左手にD7500持って 首からD600もって変種つしゃスタイルで動物園を徘徊していたんですが、こういう片手で操作するときには このD7500のISO感度の操作が圧倒的に良いんですよね。すぐに変えられるから。撮影時間のロスも少ないしかもNikonのすごい所でこのISOボタンをおしつつ、親指ダイヤルで感度の変更そして押しつつ人差し指ダイヤルで ISOオートモードにすぐ変えられるのでめっちゃ便利なんですよね。これはすごい僕はD600にはカスタマイズで対応していてPvボタンにメニューの一番上の項目にジャンプというカスタムを振り当てていて、それをISO感度操作にしているので、最悪右手だけでISOを変えることができるようにはなるんですがその場合ISOオートに変えるにはメニューに潜らないといけない、逆にISOオートをこのPvボタンに割り当てると、左手でISOボタンを押さないといけないというので、ここがジレンマですよね。一眼レフだとミラーレスみたいに露出が撮るまで確認できないのでISOオート使いたい場面も結構あると思いますが、そういう意味ではこのD7500とかD780とかの右手ISOボタンはものすごい最高の配置だと思います。

【ファインダーの見え方】

これは前回の動画でもお話したのですが、D600ってD7500に比べて 見えるファインダー像がめっちゃ大きくて実際の世界を片目で見ている時と ファインダー見ている時の見え方がマジで違和感ないそして、レンズが良いからなのか、見え方が異常にキレイこれはD7500見たいな良いAPS-Cのカメラと比較しても圧倒的ですぜひその部分に注目してお店で覗いてほしいんですがこの辺は撮影中のテンションに大きくかかわるので一眼レフを使う上ではシャッター音と同時に僕が最もこだわるところですが、全然違いました。

というのが撮影中に僕が感じたことでした。
この辺に関しては新しいだけあってやはりD7500は洗練されてきているなという感じがして、かなり失敗が少なそうでD600の方はちょっと帰ってみるまで分からないフィルム写真的な要素が若干あります。

ただ、帰ってデータを確認してみて結構印象が変わりました。
つまりD600の撮影データが結構よくて、驚いたんですよね。
僕はこの50mmをまともに使うのが初めてだったのでこのレンズの良さのせいなのかD600の良さなのかよく分からないところもあるのですが、まずRAWデータがイメージよりもかなりこってりした色づくりで撮影時にニュートラルでRAWのみの設定にしていた分ライトルーム開いて感動しました。

ニュートラルで撮ってモニターもめちゃくちゃ粗くてこれはダメかなーと思っていたんですが、写真は結構好きな感じだった。D7500とDX35mmの組み合わせって 結構さっぱり目で、まあ優等生というか失敗はないけど個性もない描写はすごく良いんだけど思い入れはあまり出てこない みたいな雰囲気なんですよね。悪く言うと。

でもこのD600と50mmはかなりこの組み合わせ最高やんってくらいいい感じに出てくる。多分D600の欠点でWBが黄色がかるみたいなのって聞いたことあって、それが実際に起こるので、それが嫌な人はもしかしたらD610とかを使うと解消するのかなとも思いますが、RAWでする分には何の問題もないのでRAW現像を前提でカメラ扱う人にとってはD600 ものすごい良いカメラですこれは結構思った結果と違いました。

高感度耐性

高感度耐性はさすがにD7500が優位でしょうねD600はそもそも6400までしか常用感度が設定されていないのでD7500の常用感度51200と比べると、差がある。
ただD600も3200くらいでは画像使えなくはないくらいな感じだったので、まあ10年前にしては優秀ですよね。

D600 ISO 3200データ

さすがに古いフルサイズよりは新しいAPS-Cのカメラがいいんじゃないかそう思っていましたが、観る部分によっては古いフルサイズ良いなと思いました。

これはもちろんレンズによる差が大きい所も多いとは思います。D7500にフルサイズようの35mmF1.8を付けたらどうなのか確かめてみたいところではありますが、そうすると価格も重量もかなり増加しちゃうので本末転倒ですよね。

価格

今回のD600のセットが本体4万のレンズ2万の合計6万の組み合わせ対してD7500の方は本当中古で7.8万 レンズ1万の合計約9万ですので、この違いをどう考えるかですよね。

僕ならRAW現像前提なのと撮影スタイル的にD600を選ぶかもなという感じですが、初心者の方や撮影のレスポンスを重視される方には圧倒的にD7500そういった差を理解していただいて ご自身の機材選びの参考になれば幸いです。
今日の動画が役に立った 良かったという方は是非高評価と チャンネル登録 よろしくお願いいたします。

また今後は今回使った50mmを使ってZの50mmとの比較の動画やD3SとZ6で50mm対決など動画をアップしていこうと思っていますのでまたその動画でお会いできたら嬉しいです。
では今日はこれで終わります。

投稿者: Nostalgista Matsushima

兵庫県在住 Hyogo Photo Cercle 主催 YouTube”マツチャンネル Camera Planner” 歯科医師

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。