Z24-70F4S?Z24-200mmF4-6.3?

こんにちは!マツです

今日は『Zの標準ズームどうする?』というテーマでお話しします。

ぼくはNikonのzシリーズについての動画を良く上げているんですが、その中で非常に良く聞かれる質問として

『Z6に標準ズームレンズでZ24-70F4Sと24-200mmどちらを買おうか迷っている』

というのがあります。
で僕はZ24-200mmがモンスターレンズだという主張でずっとしてきているんですが、何となくこの両者のレンズの特徴というのが分かってきたので、今回はこの2つのレンズのマツチャンネル的決定版ということで僕なりの結論を出していこうと思いますし、今後使っていくレンズを片方 売却して 1本に絞っていこうと思います。

なのでこの動画ではどういった人に24-70mmF4S が向いているのかどういった人に24-200mmの高倍率ズームレンズが向いているのか。そして、僕の使い方にとってどちらがどう良いのかこのあたりに関してお話していこうと思います。この2つ迷っているよという人は是非最後まで見ていってください。

マツチャンネル【Camera Planner】

このチャンネルでは僕が機材に総額200万以上使って手に入れた知識を元にコスパの良いカメラ機材について紹介しています。またNikonのZ6,Z50,D7500を使用しているのでZシリーズ関連の比較やNikonについての情報を提供していますので興味ある方はぜひチャンネル登録お願いします!

僕が選んだのはZ24-70F4S

まず結論から行きましょう僕がこの2つのうちでどちらを選ぶかというとこっちです!僕はまずこの2本のレンズで自分にどっちが向いているか考えてみると、どうやらこっちだなということで24-70F4Sを選択しました。

これを見て 『えー 前にモンスターレンズで24-200より良いとか言ってたから24-200買っちゃったじゃん』という人もわずかにいるかもしれません。

僕が手放すことでもし心配させてしまったなら申し訳ありません。

でもそれに関しては 全く 心配していただく必要はありません。

今回僕が手放す理由は 24-200mmの性能や描写がしょぼいわけではなく僕の使用用途をよく考えてみると 24-70の方がメリットがあったということです。そのあたりについて解説していきます。

まず以前僕はこの24-200mmに関していくつか動画を出しました。
①このレンズが欲しいという動画そして
②このレンズがものすごいという動画。
③このレンズを中心にZレンズをそろえればOKという動画
④Fマウントの高倍率ズームレンズとの比較動画で、

こうして何本も動画を出すくらい僕はこのレンズすごいなと思ってますしこれ1本あれば他にレンズほとんど必要ないと思っています。高倍率ズームレンズなのにこの透明感やこの上質な表現そしてものすごい手振れ補正機能

まあ最強です。

24-70F4Sと比較してもほとんどサイズ 重量変わらずに、F値は若干だけ暗くなるものの 焦点距離は望遠側約3倍のカバー力圧倒的ですよね。とでものすごい汎用性です。旅行にはこれだけで十分以上に働いてくれます。

ものすごいんですが実は24-70F4sの方が優れているポイントが僕の中で
2つ見つかりました。
どちらかというと今お話していた項目よりもはるかに地味な項目です。

それは

最短撮影距離フォーカスブリージング です。

最短撮影距離は有名だと思います。どれだけ近くでピントが合わせられるかということですね。まず24-70に付け替えて見てみましょう最短の距離がだいたいこのあたりこれくらいの大きさに移ります。そしてこれが24-200mmこんな感じ。そこまでではないですが若干違いますよね。

旅先でご飯の写真撮ろーと思ってカメラを向けるけどピントが合わない。
あれ、おかしいなと思うと『あ、これ寄れないレンズだ』となるんですよね。
人によっては寄れるかどうか結構重要になる部分ですよね。

そう言いましたが、実際僕はあまり困っていません。寄りたいときは APSCモードにしたり 後でクロップしたり、最悪すこし席を立って写真撮ればいいし、まあいいかなとも思っています。最短撮影距離に関してはそれくらいのレベルだと思っていただいて結構です。

でもう一つが 人によっては聞きなれない言葉かもしれません。
フォーカスブリージング。これはピント調整で画面の画角が変化して揺れているようになる現象なんですが、見てもらった方が早いですね。24-200で寄ってはなれるとこうなるのに対して 24-70mmF4Sだとこんな感じ かなり抑えられてますよね。

動画でしか影響しないようなマイナーなチェック項目なので今まで考えたこともなかったですが、こういう差があるようです。NikonのZシリーズのレンズは静止画もすごいんですが動画向きの性能も高めて作っていて、だいたいすべてのレンズでフォーカスブリージング抑えられているようなんですが、さすがの高倍率ズームレンズだとちょっと抑えきれないかなという感じ。これが揺れたからといってどうなんだという気もしますが、動画で機材紹介の時にはこの部分はなるべく抑えられている方が個人的には嬉しい。この辺が24-70mmの強みですね。めっちゃ地味ですがこういう細かいところまでよく考えられているんですよね。

描写力の違いとかはもはや僕レベルでは全く分かりません。どちらもものすごいです。ということでこういう結果になりました。

焦点距離を伸ばしてものすごい汎用性を得るのか

撮れる範囲の中で細かい部分の充実度を取るのか

それによってこの2つのレンズの選択が変わってくるようです。
その中で僕は24-70F4Sをとりました。
その理由は 純粋に 自分が撮った写真を見返すとほとんど70mmで足りてたってことなんですよね。基本標準域しか使わないのに無理して高倍率を持つ必要がないという事。もしも標準と望遠を使う場合は 僕の場合はレンズ交換でなくカメラごと交換して撮影するという事。このあたりが決め手になりました。

あと僕の場合はどちらかを売るという決断をする場面で24-70は約5万円24-200mmは約10万円で売れるとなるとこの差額5万にどれだけのメリットを感じるか冷静に考えて24-70の方が自分に向いていて、この差額で他のカメラやレンズに投資をした方がメリット大きいなという判断になりました。

このあたりは全く参考にはならないと思いますが、こうした理由で24-200mmを手放しますので、それぞれの用途に応じて24-70なのか24-200mmなのかこのあたりを選択していただけたらいいのかなと思います。

そして、こうして2本のレンズを比較するにあたってこうした最短撮影距離とかフォーカスブリージングなどの細かい部分の特徴というのは視聴者の方にコメントで教えてもらった部分が大きいです。おかげで様々な視点から製品を見ることができてすごく充実したカメラライフを過ごしていけてますありがとうございます。

ぼくはこれからもコスパの良いカメラ機材について紹介していきますし、Nikonのカメラを使用して動画を作っていきます。今日の動画が良かった 役に立ったという方はチャンネル登録 よろしくお願いいたします。

では今日はこれで終わります。
良き写真ライフをお送りください。
マツでした~

投稿者: Nostalgista Matsushima

兵庫県在住 Hyogo Photo Cercle 主催 YouTube”マツチャンネル Camera Planner” 歯科医師

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。