アイスペシャルに追加すると便利な口腔内写真用 高性能カメラについて

アイススペシャルを使用中の先生にオススメの
口腔内写真用カメラ

こんにちは、松島です。
兵庫で歯科医師をしています。

今日はアイスペシャルにもう一台追加しようというテーマでお話します。

皆さんは口腔内写真にどのようなカメラを使用されていますでしょうか?
一眼レフを使用しているという先生もいれば、スタッフさんが使いやすいのを重視してアイスペシャルを用意しているという先生もいらっしゃると思います。

僕自身はカメラがものすごく好きで、カメラ関係のYouTubeとかをやるくらいなので、やっぱり一眼レフを使って可能な限り高画質で撮りたいなと思っています。

でも実際以前アイスペシャルで撮った写真を見たところ画質は十分だし、すごく良いなと思いました。

なので今回の記事では

1.アイスペシャルと一眼レフでの写真の違い
2.アイスペシャルに追加するのがオススメの口腔内写真用機材

この2つについてお話していこうと思っています。

このサイトでは、歯科医師でありつつカメラマニアな筆者が口腔内写真に関する情報をメインに発信しています。口腔内写真をもっと身近なものにするようなコスパのいい機材に関する情報や、設定等の考え方に関する情報をシェアしていきますので、もしよかったら、過去の記事も参考にしてみてもらえると嬉しいです。

記録はアイスペシャルで十分
こだわった症例には一眼レフを使おう

まず結論ですが、

アイスペシャルの画質というのはすごく高いレベルにあるので、正直なところ、ちゃんと映っていればいいというケースにおいてはこのカメラが軽くて、簡単で、すごく良いんじゃないかなと思います。

でもこだわったケースにおいては一眼レフに分があるかなと個人的には思うので、そこについて解説していきます。

アイスペシャルと一眼レフの違い


まずこのカメラの種類に関して、どのように違いがあるかというのを説明していきます。

簡単に表すためにカメラの重要な項目を比較する表で示します。

アイスペシャル一眼レフ
カメラの種類コンパクトカメラ一眼レフ(ミラーレスも含む)
センサーサイズ1/1.7inchAPS-C or フルサイズ
操作オート主体オート/マニュアル
画質良好非常に良好
被写界深度深い(全体にピント合わせる)浅くできる(ボケを作れる)

これが主な違いになると思います。

アイスペシャルはコンパクトカメラの派生形で、一眼レフはレンズ交換式のカメラです。

一番大きな違いがセンサーサイズの違いです。

センサーというのはレンズで取り込んで映像を読み込んで写真にする上で、ものすごく重要なパーツで、このセンサーのサイズと型式によって画質の良し悪しが決まるといっても過言ではありません

純粋に大きければ良いかというと、厳密に言うとそうでもないんですが、ざっくりそう考えていただいて間違いないと思います。

センサーのサイズの比較を図で表します

だいたいの一眼レフカメラがフルサイズかAPS-Cというもの、でアイスペシャルのセンサーは1型と1/2.3型のサイズの中間くらいのサイズ。面積比で言うと5倍以上あります。

なので、こういった部分で画質に影響がみられ、傾向で言うと、アイスペシャルの写真は少しデジタル感のあるコントラストの強いやや押しの強い写真になりやすく、一眼レフの写真だとグラデーションが滑らかで、繊細で上品な写真になりやすいです。

その他、アイスペシャルはデジタルズームやピント操作を内部のメカで行うのに対して、一眼レフの場合はレンズを交換したり、ピントリングを回すような操作で行います。

そのため、一眼レフは慣れるのに時間がかかる、機材選びが難しいという側面がありますが、慣れたり、一度機材をそろえてしまえば、直感的に操作できて、場合によっては早いというメリットがあります。

ただ、アイスペシャルの利点にセンサーのサイズが小さいために、写真がボケにくいというのがあるので、慣れていない先生や衛生士さんが使う上で、失敗写真はアイスペシャルの方が少ない可能性があります。

ただ逆にボケ感のある立体感のある写真は一眼レフに分があります。

NikonD610 + Tamron90mm + ツインストロボ

今まで書いたことをまとめてみます

一眼レフのメリット・デメリット

〇 より高画質な写真を撮りやすい
〇 症例写真でボケを生かした立体感な表現ができる。
〇 機材を付け替えることができるので、思うような写真に近づけていける。
〇 慣れれば操作が速くて簡単。
✕ 機材が大きく 重くなりやすい
✕ 設定する機材が多い
✕ 設定する項目が多い
✕ ボケた失敗写真が生じるリスクがある。

アイスペシャルのメリット・デメリット

〇 小型軽量
〇 操作が簡単で扱いやすい
〇 ぼけにくいので写真の失敗が少ない
〇 特殊な便利機能が使える
✕ 画質がやや悪い
✕ 操作がオート任せなので、思った通りに行かないことがある
✕ 付属するストロボなどの機材を変更したりできない
✕ 動作がややモッタリしている

アイスペシャルに追加するべき機材


では上記の点を踏まえたうえで、どのような機材を追加するのがオススメかというと

症例写真をより本格的に撮るための機材

という形になると思います。

というのも普段使いの患者さんへの説明レベルであれば、アイスペシャルの画質というのは十分で、きちんと伝わるレベルを十分に満たしてくれているので、記録はアイスペシャル、症例発表用には一眼レフというすみわけをするのが、最もコストパフォーマンスやワークフローのシンプルさが最大化できるかなと思っています。

もちろん、操作面や画質の点から普段使いからアイスペシャルではなく一眼レフで使いたいというのであれば、また違った観点が必要とは思いますが、基本的にはこの考え方で良いと思います。

そうなってくると、中途半端な性能のカメラを買い足すくらいなら、結果的に効果を実感できるほどの性能差はなくなる危険性があるので、今回はなるべく良い仕上がりになるような製品を紹介します。

これはどこでも買えるカメラとレンズとストロボを組み合わせいるセットなので、もし良かったら参考にしてみてください。

参考までに実際に使って撮った前歯の写真と口腔内5枚法の写真を載せます。

これで性能差が感じられるようなら追加されることをオススメしますし、そうでもなければ、そのままが良いかもしれません。

カメラのセットは以前の記事で紹介しているカメラですが、

カメラ:Nikon D600orD800
レンズ:Tamron90mmf2.8Macro
ストロボ:meike ツインストロボ

このセットです。

リングストロボのモデルは便利ですが、仕上がりがアイスペシャルに近いので、今回の場合はこのツインストロボを利用していただける方が、差別化できていいんじゃないかなと思うので、もし良かったら参考にしてみてください。

ということで、今回はアイスペシャルと一眼レフの違いについて紹介しました。

少しでも口腔内写真に興味を持つ方が増えたらいいなと思っています。

不明な点はいつでもお問い合わせください。

投稿者: Nostalgista Matsushima

兵庫県在住 Hyogo Photo Cercle 主催 YouTube”マツチャンネル Camera Planner” 歯科医師

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。