SONY αからNikonZで変わったこと

今日は

SONYαからNikonZで変わったこと

というテーマでお話しします。

今ミラーレスで良いカメラを手に入れようという人は色んな選択肢で迷うと思います。今まではミラーレスならほぼSONY一択だったので一眼レフかミラーレスかみたいな戦いだったのが今ではやっぱりミラーレスの良さが普及してきてミラーレスの中でもSONY Canon Nikon そしてFujifilmとかpanasonic Sigmaとものすごい選択肢が出ていますよね。
でその中でもやっぱりSONYのミラーレスαシリーズというのは一番人気だと思います。で僕は以前SONYのα7S α7Riiiを使用していて現在NikonZに乗り換えて使用しているのですがそこでどのような変化を感じるかそれついてお話していきたいなと思います。

今日の動画ではSONY αとNikon Z の・機材面の違い・描写面の違い・Raw現像面の違いこのあたりについて個人的な考えをお話してSONYとNikon Zどっちが良いだろうと迷っている人が少しでも迷いが解消できるようにお話していきたいと思っています。

このチャンネルでは僕が機材に総額200万以上使って手に入れた知識を元にコスパの良いカメラ機材について紹介しています。またNikonのZ6,Z50,D7500を使用しているのでZシリーズ関連の比較やNikonについての情報を提供していますので興味ある方はぜひチャンネル登録お願いします!

透明感のある素直な描写はNikonZ
お洒落で幻想的な描写にはSONY α

まず端的にまとめましょう僕が思うにSONYかNikonZか購入を迷っている人は・純正レンズを使って 圧倒的にきれいですっきりした素直な描写を求めるならNikonZを・色んなガジェットを使って楽しみながら色の転んだお洒落な描写を得たい方は SONY αをという感じで考えています。
この辺について解説していきましょう。

順を追って話していきますが、SONYとNikonって同じフルサイズミラーレスなんですが使っていてけっこう違いを感じます。撮影の操作感は当然同じような感じなんですが、けっこうコンセプトが違うんですよね。

機材面

まずは機材面SONYはご存知の通り ミラーレスを作ってきた年数が違うのでかなりたくさんの純正レンズがあるしさらにTamronやSigmaなど多くのサードパーティーレンズもかなり豊富にラインナップされています。当初はレンズが高い高い言われていましたが、この3年くらいでものすごくラインナップが豊富になっています。

それに対して NikonZは当初SONYがミラーレスを出し始めた時に言われていたように純正レンズしか基本的にはまだなくて、レンズが高価です。サードパーティメーカーへの情報もまだ開示していないので、これからもどれだけ出てくるかはまだ未知数なのでZでは純正レンズを使うのが前提ですね。もちろんFマウントのレンズもアダプターを介して使えるのですが、以前何度か紹介したように 見た目は悪いしいろんな問題があって結局頑張って純正レンズを買った方が良いなという感じなんですよね。
なので まずレンズのラインナップの数で言うとSONYの方が色々と選べるし、安いのも多いから遊び感覚で使える感じがしてガジェット好きには最高ですね。

ただそのレンズの性能はとなるとSONYと比較してもNikonZなかなかすごいんですよね。

正直厳密な比較をしていないので話半分に聞いてほしいのですが、僕はSONYを使っている時にはほとんどオールドレンズとか単焦点しか使ってこなかったんですね。そしてNikonZになってからはほとんどズームレンズしか使っていません。それはそれぞれの時期におけるマイブームみたいなのもあると思うのですが、SONYはミラーレスは軽くて小さいものだというコンセプトを打ち出しているような気がして 軽い単焦点55mmF1,8とかを一度使っちゃうと F4の小三元だとしても やや大きくなるズームレンズをあまり使う気になれなかった。

対してNikonZは レンズ性能をもしくは描写性能を底上げするためのミラーレス化であって小ささや軽さのためではないという感じがして単焦点レンズでさえ結構でかめで重めなのでそれならズームレンズを使っちゃえということでこういった24-200mmみたいなズームレンズを使っている。

そしてNikonZはファインダーも綺麗だし レンズ性能もものすごいのでズームレンズを使っていても全くテンションが下がらないどころか 本当に単焦点並みの描写性能に感動しっぱなしなんですよね。
そういったところが機材選びで大きく違う部分ですね。
で先ほどZの欠点として上げたレンズが少ないということに関したは逆の見方をすると少数ながら かなり間違いない性能のものがそろっているので、あまり迷いようがない。

例えば14-30mmの広角ズームと24-200mmとあと85mmくらいの単焦点があったらほとんど他のレンズ要らないみたいになってすごく頭の中がすっきりする。
僕はレンズ沼にはまっちゃうタイプの人間ですがZにしてからは その欲求はかなり減ったんじゃないかなと思っています。

初期投資は必要だけど、迷いがなくなるのがZの良いところですね。逆に結構安く買えて 細かなスペックの違いのラインナップが豊富でそれゆえに色々と楽しめるけど悩みも多くなるのがSONYの機材ですね。

画作り・現像について

で続いては描写面です。これはRaw現像の仕方にもつながってくるので同時に行こうと思うのですが、僕が使っていた感じの SONY αの描写の傾向としては何かくすんだ感じというか コクがある描写で現実に対して忠実ではないけどオシャレーな感じの描写になると思っていてそこに対してオールドレンズっぽいその色付けに対して その味を強調していくようなレンズがすごく好きでした。現像時も結構色を乗せたりしても何かなじんでくれるし、それもあってちょっとやりすぎてしまうこともしばしばという感じでした。

対してZでは今までSONYで使っていた感じと全く違ってすごい色がストレートに出てくる。そしてなんというか青とか緑が深いというのかSONYでは見たことない感じの色味だったのでけっこう初めはどう現像するか迷ったのですが基本的に明るさ調整以外あまり必要ないという感じ。楽といえば楽なんだけど、面白くないというか自分の色みたいなものは表現しにくい。でもその色自体がものすごいきれいで上品で透明感があるのでもうこれを生かそうという感じになるんですよね。

で、現像時の傾向としてはSONYは元のデータのコントラストとか彩度が強い感じがしていて それを少しマイナスにする方向でようやく自然な感じになる感じがしていて確かいつもニュートラル寄りに現像していた気がします。元々の色味がちょっとこう絵の具のようにべったりとしている印象でそんなに透明感透き通る感じはないですね。

それとは逆にNikonZでは彩度やコントラストがやや低めでゆるい感じのデータで自然な彩度 コントラスト かすみの除去このパラメータ-をだいたい+5~10して使っています。 僕はこれをNikonZセットと呼んでいます。こうすることによって色味がグッと際立ち青とか緑とかがものすごくきれいに透明感をもって表現できます。改めて 写真を見返すと個人的には好みは圧倒的にNikonZですね。

これは撮影条件とか好みの違い がものすごく大きいと思うのですが、描写の傾向からして僕はNikonZからSONYの方には戻れないですね。
ちなみにこれはα7RiiiとFE100mmで撮った猫の写真にZに使っているプリセットをあてたものです。これはこれで良いのですがもはや絵みたいになっていますねこれは猫の色がちょっと違いますが、Zに同じようなパラメータ-をあてたものものすごい自然な透明感が出ているのでけっこう元のRawデータの色味の傾向の違いが分かります。SONYの方はこういう色味を乗せた方が僕は好みに近いですね。

でNikonZの現像では自然に仕上げていくのと色味を乗せるのをちょうど半々くらいでするのですが、僕は以前動画で紹介したCurbon という本についてきた現像プリセットを使用しています。NikonZにこれを適応するとSONYの写真に適応した時ほどこてこてなフィルムライクになりすぎずすごく爽やかに仕上がって本当に良い色味を出してくれるのでNikonZを使っていて ちょっと個性出したいという人にはかなりいいプリセットになるでしょうね。概要欄にリンク張っておきます。

ということで描写の面に関しては自然に行くなら圧倒的にNikonZ個性を出して 自分の世界観を色味で作るならSONY αというような感じかなと思っています。

まとめ

ということで今日はSONYとNikonのミラーレスの機材面と描写の違いに思うことをお話しました。この辺は本当に個人の感じ方やもしかしたら使用しているモニターの違いも大きい所があるかもしれないので 万人向けの情報ではないかもしれんせんが、たぶんそんなに大きくは外していないと思いますので今NikonとSONYで迷っている人には参考にしてもらえたらと思っています。
またNikonとSONYで迷う人には動画という要素もすごく絡んでくると思うので今度動画について思うことをお話ししようと思うのでぜひまた見ていただけたら嬉しいです。

ぼくはこれからもコスパの良いカメラ機材について紹介していきますし、Nikonのカメラを使用して動画を作っていきます。
今日の動画役に立った良かったという方は是非チャンネル登録と高評価よろしくお願いいたします。
また兵庫で写真サークルをやっていますのでカメラを買ってみたけど、どうやってとるのか分からないとか 写真を通じて仲間が欲しいという方はぜひご連絡ください。

では今日はこれで終わります。

投稿者: Nostalgista Matsushima

兵庫県在住 Hyogo Photo Cercle 主催 YouTube”マツチャンネル Camera Planner” 歯科医師

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。