【超望遠】Nikon用に欲しいレンズ5選

こんにちは マツです。
今日は

野鳥撮影に欲しいレンズベスト5

というテーマでお話しします。


最近野鳥撮影にはまっているんですが、ここにはまった皆さんは同時にはまるものがあるんですよね。

それが超望遠レンズ沼。。。

カメラ沼とかレンズ沼とか三脚沼とか色んな沼があると言いますが、この沼は深いですよー。僕はNikon Zになってレンズ沼から抜けたと思いこんでいたんですがもう早速沼ですよ。どんだけ沼にはまりに行くんでしょうね僕はで、ハマったらとことん調べるのが僕なので今回はいろんなレンズについて考えました。その中で、僕が調べたレンズについてシェアしていきたいなと思っています。

以前もカメラ選びの段階でこういった動画を作ったらやっぱりカメラに詳しい視聴者の方からものすごく有益な情報をもらえたので、今回もカタログスペックだけ見て良いなと思っている僕に実際に使った目線からのアドバイスをいただけると嬉しいです。

この動画を見るメリット

この動画では基本的にNikonのレンズから超望遠レンズを5こ上げます。完全にちょっと前にゆーとびさんがやっていた企画のマルパクりなんですがちょうど野鳥撮影にレンズが欲しいなと思われている方でしかもNikonを中心に考えている方は、是非一緒にレンズ選びを楽しんでいけたら嬉しいです。ちなみに1位のレンズを手に入れようと思っています。

このチャンネルでは僕が機材に総額200万以上使って手に入れた知識を元にコスパの良いカメラ機材について紹介しています。また使用しているNikonのカメラについて発信しています。そういったものに興味ある方はぜひチャンネル登録お願いします!

では今日は5つのレンズを候補として考えました。

それを僕が欲しい順にランキング形式にしてみました。


レンズ選択基準

1.価格
2.焦点距離
3.ズームor単焦点

まず順位の前に今回選んだ基準をお話します。

まずコスト。
やっぱりレンズを選ぶうえで、価格は重要ですよね。超望遠レンズになると上は200万近いのまであってその辺まで候補に入れるとわけわからなくなるので20万付近が限度かなと思っています。

続いては焦点距離今70-300mmの望遠端の300㎜をAPS-Cモードで450mmとして使ってますが、次のレンズでは野鳥撮影の標準と呼ばれる500mmはカバーしたい。まあAPS-Cモードを併用してでも600mm以上ほしいなと思ってます。

で最後がズームか単焦点なら単焦点が良いなということこれは完全に僕の趣味なんですがやっぱり単焦点が好きなんですよね。単焦点とズームを比べると解像感が全然違うなと 他のレンズでも感じているので、その辺は超望遠でも、さらに大きな差になるのかなと思って、超望遠の単焦点には惹かれます。

このあたりを考えて欲しいレンズを挙げていきたいと思います!

第5位 Sigma 60-600㎜ f4.5~6.3

これはSigmaから出ている望遠レンズでもともとは150-600㎜のcontenporaryとsportsという、焦点距離が同じで、性格の違うレンズがあったんですが、今回のこの60-600に関しては150-600㎜sportsの進化版みたいなレンズですね。これだけ高倍率のズームなのに結構描写性能もいいらしくて、さらに直進ズーム推奨レンズということで、通常ズームレンズってズームリングを回してズームしていくと思うんですが、このレンズはレンズの先を伸ばすことで、ズームしていけるので、すごくスムーズなズーム操作が可能です。この機構を知ってめっちゃいいなと思いました。というのも超望遠って被写体をファインダーに入れるのが結構難しいじゃないですか。それをまず低倍率で覗いて確認しておいて一気に伸ばしてズームしていけたらかなり操作としてはいいだろうなしかも600㎜でAPS-Cモードだと900㎜相当まで使えるということで今の300㎜の倍寄れる。いいですよね。

ただこれは欠点があって、かなり重いみたいなんですよね。まあ3kg弱ということで、その界隈では一般的な重さかもしれませんが、個人的には1kg以上のレンズを持ったことがないので心配。

そして価格が20万近くするので、サードパーティーのシグマに20万かと思ってしまう自分がいます。めちゃくちゃ面白いレンズだけど、今回は5位にとどまりました。

Sigma 60-600㎜
〇直進ズーム
〇防塵防滴
〇かなりの高倍率ズーム
〇写り良好
× 重量 1.8kg 重め
× 料金が高め(サードパーティーの割に)


第4位 Olympus 300㎜f4

で続いて4位はOlympusの300㎜f4というレンズ。Nikonユーザーなのに急にOlympusかよと思われたかもしれませんが、このレンズがものすごく魅力的に見えるんですよね。

300㎜ということですがマイクロフォーサーズのレンズなのでフルサイズ換算600㎜相当で、F4の明るさ。それでいてサイズもかなりコンパクトに抑えられているというので、めちゃくちゃすごそうですよね。わざわざ野鳥撮影のためだけにOlympusを買い戻していこうかと迷うくらいの超高性能レンズです。

で僕は今までOMDを使ったことがあるんですが、手振れ補正もすごいし、描写もすごく好きなので、今も正直迷っています。通常のフルサイズの600㎜F4とかって、150万とかするようなレンズだしもう尋常じゃないくらいに巨大なレンズなので、これがマイクロフォーサーズならこんなコンパクトに行けるならいいですよね。

ただ、欠点としてはフルサイズの600㎜f4とかよりもはるかにコスパがいいとはいえやっぱり高価です。新品価格が約30万くらいするので、ちょっといいかもなという誘惑を打ち砕いてくるガチな価格です。しかもカメラ本体も手に入れないといけないと考えるとトータル40万円程度。これはちょっと厳しそうです。

Olympus 300㎜f4
〇 圧倒的な望遠
〇 単焦点レンズの高い描写性
〇 600㎜なのにものすごくコンパクト軽量
× 価格が高い(30万程度)
× フルサイズから乗り換えで画質の心配?


第3位 Nikon AF-S Nikkor 300㎜ f4

そして第3位Nikonの300㎜f4
いわゆるサンヨンといわれるレンズです。その中でもこれは現行の300㎜の単焦点でPFレンズという特殊なレンズを使用していることでものすごく収差を抑えつつレンズの枚数を減らすことができたというnikonの光学メーカーとしての凄みを見せてきたレンズです。今までの300㎜F4の半分くらいの重量で作ることができて手振れ補正もついて、なかなかすごいですよね。これだけ望遠レンズで単焦点てどんな世界なんだろうと思うんですがきっとズームレンズよりも描写性能高いでしょうし、あこがれが強いです。またこのレンズを使う場合は、今持っている70-300と焦点距離が変わらないので、1.4倍もしくは1.7倍のテレコンを購入して420㎜もしくは510㎜のレンズとして使えたらと思っています。youtubeのまきりなさんが使ってるあこがれセットですよね。

ただ価格が中古でも15万とテレコン合わせると20万くらいなので、ちょっと気軽には買えるレンズじゃないなというのと、焦点距離が600㎜とかには若干届かないので検討の余地ありという感じです。

Nikon 300㎜f4
〇 単焦点レンズ
〇 ものすごくコンパクト軽量
〇 明るいレンズf4
× 比較的高い(テレコン合わせて20万)
× 焦点距離短め(テレコン入れても420㎜もしくは510㎜)


第4位 Nikon AF-S Nikkor200-500㎜ f5.6 E ED VR

では2位がNikonの200-500㎜F5.6のレンズ。これはコスパが良いので定評がありますよね。

大体tamronとかSigmaで150-600とかを見てそれが10万弱でいいなと思ってそれを手にしちゃおうかなと思っている人が、このレンズを見つけるんだと思うんですが、見つけた時に『え、純正でもほとんどタムロンとかと価格が変わらないレンズある』というので衝撃を受けますよね。このレンズって価格が安いのも衝撃を受けるんですがF値が不変なのもすごいですよね。なんかF値の変わらないレンズって、大三元レンズとか小三元とか比較的高級レンズのみのイメージじゃないですか。それなのに、しかも純正なのに 安い。なにか隠れた欠点があるんじゃないか?と疑ってしまうようなレベルの製品だと思います。さっき3位に挙げた300㎜f4にテレコンをつけるとf値も1段暗くなるので、420㎜F5.6 相当になって、それをさらにクロップしてようやく条件がそろうのであれば、このレンズで500㎜F5.6として使ったほうがいいのかなとも思ったりします。もしもそういった部分で結果に大きな差を生じなければこのレンズがいいのかなとも思っています。もはや心配は異常な安さだけで、ほとんどいうことないレンズです。

Nikon 200-500㎜f5.6
〇 安い(純正なのに新品で16万)
〇 広範囲カバー
〇 F値不変(高級レンズのスぺック?)
× 条件良いのに安すぎて心配
× ちょっと重い


第1位 Nikon Ai AF-S 300㎜ f4

で最後の1位今回僕がこれが一番コスパがいいんじゃないかと思うレンズはNikonの300㎜F4です。ん?さっき出したじゃんと思われるかもしれませんがさっきのが現行の300㎜F4だったのと比較して、今回のものは1つ型落ちのAI AF-S の300mmF4のほうです。旧サンヨンと呼ばれていたりもします。これはAiという名が付いていることで結構古いレンズで、新サンヨンよりも倍くらい重いんですが、描写性能自体はそれほど大きく差はないみたいなんですよね。それどころかむしろ新サンヨンよりも良いのかな?手振れ補正もついていませんが、僕の使用しているZ7はボディ内の手ぶれ補正がついているので、まあいいかなと思いますし、これに1.7倍テレコンをつけていけば510㎜F6.3 くらいのレンズとして使っていけるのかなと思います。さらにこれをAPS-Cモードで使うと765㎜ということでまあまあよさそうな感じ。そしてこのセットの最大の魅力は価格の圧倒的な安さなんですよね。もうかなり古いレンズなのでレンズが5万弱で、テレコンが2万円くらい。併せて7万円とめちゃくちゃ安いんですよね。眺望遠で10万切っちゃうって、破格すぎますよね。そしてさらに僕の好きな単焦点レンズということで、正直このレンズにものすごく魅力を感じています。

このレンズに関しては視聴者の方からコメントで教えていただけたセットで、使用感やAFなんかの詳細も教えていただけていて、たぶんAF-Pに慣れている感じだとAFの遅さは感じるようになるだろうと予想されていますが、まあこの価格で、望遠の単焦点の描写を味わえるなら、そのへんは我慢かなという感じで、あとはマニュアルフォーカスで頑張ろうかなという感じです。これもまきりなさんが過去に使っていたセットなのでそういう憧れもありますよね。めっちゃ使ってみたい。

Nikon 300㎜f4
〇 異常な安さ(10万以下で望遠単焦点)
〇 単焦点の描写力
× 現行よりも重い
× AF速度
× 焦点距離がやや足りない場面も


ということで今僕が欲しいなと思う野鳥撮影向けのレンズをランキング形式で紹介しました。ぜひ使用されている人で、使用感や、もっといいレンズあるよというのがあれば、ぜひコメントで教えていただけると嬉しいです。

Zの200-600㎜も今後発表されるでしょうからそれも楽しみですが、とりあえずこの1位に挙げたものすごいコスパのいいレンズ:旧サンヨンとテレコンを手に入れて、まずは70-300㎜との差を比較していきたいと思います。

では今日はこれで終わります。

また野鳥撮影の動画でお会いしましょう

良き写真ライフをお送りください。マツでした。

投稿者: Nostalgista Matsushima

兵庫県在住 Hyogo Photo Cercle 主催 YouTube”マツチャンネル Camera Planner” 歯科医師

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。