Nikon 旧サンヨンとAF-P70-300 どっちがいいか

こんにちは マツです今日は

Nikon 旧サンヨンとAF-P70-300 どっちがいいか

というテーマでお話しします。

僕は野鳥撮影用に初めにAF-P70-300㎜という望遠ズームレンズを手に入れて、さらに最近300㎜f4という単焦点の望遠レンズも買い足しました。

でこれらのレンズというはどちらも中古で大体5万円くらいで買えるレンズで、同じ300㎜ ということで、結構共通点が多くて、手に入れた時から個人的にはこの2本、つまり単焦点とズームでどう違うんだろうとすごく気になっていました。

なので今日は、僕の使用感と画質の評価からどちらのレンズがどうか?というのを見ていこうと思います。
僕なりの結論とその理由をお話ししようと思うので、Nikonのカメラを持っていて、同じ5万程度出すなら、どっちのレンズが良いかなと迷っているマニアックな人は、最後まで見ていただけたら嬉しいです。

このチャンネルでは僕が機材に総額300万以上使って手に入れた知識を元にコスパの良いカメラ機材について紹介しています。また使用しているNikonのカメラについて発信しています。そういったものに興味ある方はぜひチャンネル登録お願いします!

画質的には300㎜f4が良い。
でも僕は70-300を使うかも?

まず結論です。僕が思うには画質的な部分では300㎜の単焦点が僅差で良いなと思ったけどこれから使っていくのは70-300がいいのかな?と考えました。それについて解説していこうと思います。


僕は先日テレコンはいるのか?という動画を出して望遠レンズに対する疑問を色々と実験して解消していこうと思っているんですが、その中でも結構気になるのが単焦点とズームどっちが良いの?ということなんですよね。

やっぱりズームよりも単焦点のほうが良いというのはその他いろんなレンズを使用してきた感想から、わかっているんですが、望遠レンズではどうなんだろうという感じです。

しかも今回は比較的古い20年前くらいの単焦点とかなり新しい設計のズームレンズとの比較ということで、その辺りどうかなという風に思い検証していこうと思います。ぜひ見ながら皆さんの意見を教えていただけると嬉しいです。

まず比較する機材を紹介しましょう古い単焦点がこちらNikonのAi AF-S Nikkor 300㎜f4 IF/ED いわゆる旧サンヨンというレンズです。発売が2000年くらいで、結構大きくて重いレンズで、この後継は重量もサイズも半分くらいになってすごく人気のレンズですが、描写力自体は劣らないか、むしろこちらの方が上という意見もあります。

で新しいズームレンズがこちらAF-P Nikkor 70-300㎜f4.5-5.6
Nikonのこの画角帯では最も新しいレンズじゃないでしょうか。AF-PというNikonのレンズでは珍しいステッピングモーターを搭載したレンズになっています。このレンズの焦点距離 70-300ではDXつまりAPS-C専用レンズも同じ焦点距離があったり、AF-S つまり超音波モーターのレンズがあったりして、結構似たような商品が多くて混乱するんですが、今手元にあるのはフルサイズようのAF-Pの70-300㎜です。

で、この2本のレンズはどちらも大体5万くらいで手に入れられるレンズになります。

でまずサイズ感・重量ですがこんな感じで70-300は結構軽くてすごくコンパクトな感じで通常のレンズを使用している人でもまあエントリーしていきやすい感じに対して、300㎜は三脚座もついて結構ガチレンズ感がある。ぼくは見た目から入るタイプなので、この見た目良いですよね重量はこの石のような見た目からすると、想像よりはそんなに重くない。けどまあこの2本だったら重量は倍くらい違います。

で続いてはAF面ここに関してはAF-Pが最高の性能を発揮するポイントでステッピングモーターだけあってすごく静かで速い。今のZのレンズを使用している人には違和感のないかなり最先端のAF駆動方式を使用している感じがします。対して300㎜は重たいレンズをしっかり動かしているなという感じでガチャガチャ言います。早い時にはAF早いし、迷う時には大きく迷う、そんな感じでしょうか。ピントが近い時にはそっこーで合うけど、大きくずれているときには大きく行き来します。僕にこのレンズを教えてくださった方は、マニュアルである程度合わせてから、AFで最後を合わせるような使い方をされていると聞きましたが、そういう使い方をする分には結構良好です。という感じです。まあこの辺は新しいレンズは改良されていてある種当然の結果となっています。では肝心の描写性能はどうかというところを見ていきましょうここについては3点・解像感・ボケのきれいさ・色味この辺りから見ていきましょう。まずは解像感さすがにyoutubeの画面上で画質の評価は難しいと思うのでブログ記事を概要欄とコメントに張り付けておこうかと思うので、気になる方は見ていただけたらと思うのですが、ベンチに座っていたら周りをツグミがちょろちょろしていたので、それを撮影してみました。ちょっとブラインドでどちらのレンズかわからないようにしてテストしてみたいと思うのですが、まずレンズ1の写真から載せていきます。こんな感じです。続いてレンズ2です。どちらも300㎜での開放 つまり70300ならf5.6300㎜ならf4で撮影しています。どうだったでしょうか?もしよかったらいったん止めてコメントで回答と選んだ理由を載せていただけると嬉しいです。実際の答えは1が70-300で2が300㎜大きな差はないといえばないんですが、なんか300で撮った写真のほうが良いなと思うのものが多かった気がします。もちろん野鳥が相手で、まったく光の様子も違うし構図も違うので、参考になりませんが、何回か使い分けた上で、こういう風に思いました。解像感でいうと、正直70300は十分なんですが、なんか解像感が不自然に強い気がして、違和感を感じたのと300㎜はしっかり解像しつつ優しい感じがしました。あと背景がf4とf5.6という違いで、ボケがきれいで溶けるような感じに近いのは300の単焦点。この辺りは本当に微差なので、かなり拡大して、しかもそれを大きなモニターで見た時の差なのですが、気になる人には気になる部分だと思います。あと色味これも光の当たり具合と背景とのバランスなのでまあ参考になりにくいですが、300のほうがナチュラルに出てくれて70-300だとこの辺の写真の色味だとけっこう違和感あるなという感じ。色の調整に時間をかければいい色を出せるのかもしれませんが僕のレベルでは5分くらい頑張ってもちょっと色をうまく出せなかったので、300のほうが良いなという感じでした。という感じで写りの差は大きなモニターで確認したら確かにあって、個人的には300の単焦点のほうがよく見えるしかし小さな画面で差を確かめられるか微妙なラインという感じです。また条件を固定しやすい木の撮影をしてみました。比較した時にピント面の解像感はあまり大きな差は感じませんがボケのきれいさは少し違う感じがします。当然1段明るいf4であれば大きなボケが得られるし同じf5.6でも背景のごちゃつきがわずかながら単焦点のほうが少ないようにも思います。野鳥の撮影って、結構背景にごちゃごちゃした枝が入ることが多いので、この辺は重要ですよね。わかりますか?この差、まあ微妙な差ですけどね。こんな感じで2つのレンズの細かいところを振り返ってみました。撮った直後はファインダーとか背面液晶だと70300と300は差があまりわからなくて、あ、この差なら圧倒的に小型軽量でAF性能のいい70300だなと思ったんですがかえっていいモニターで見てみると旧サンヨンだなという感じ。その後どんな媒体で表現するかによっても変わりそうですが。本当にそれぞれに良いところのあるレンズだなという感じですよね。めちゃくちゃ悩んだんですが、結果として僕はこの差なら70300で行こうかなという感じになっています。やっぱり使いやすさというのは非常に重要だなと思いますので、今後Zの200-600が出たらそれを手に入れて、それまでは野鳥の季節も一区切りつくし、この70-300を使って風景とか撮って、行こうと思っています。                        ということで今日は旧サンヨンとAF-Pの70300というNikonの5万円程度の望遠レンズについてお話してきました。皆さんならどちらを使われるでしょうか?もしよかったらコメントで教えていただけると嬉しいです。    ぼくはこれからもコスパの良いカメラ機材について紹介していきますし、使っているNikonのカメラについての情報を発信していきます。
今日の動画が役に立った 良かったという方は是非高評価と チャンネル登録 よろしくお願いいたします。Instagramとブログ記事で写真をチェックしてもらえたら嬉しいです。では今日はこれで終わります。良き写真ライフをお送りください。マツでした。

投稿者: Nostalgista Matsushima

兵庫県在住 Hyogo Photo Cercle 主催 YouTube”マツチャンネル Camera Planner” 歯科医師

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。