Nikon Zの新製品の噂【パンケーキレンズ/Tamron70-180㎜F2.8】

Nikon Z のウワサ

こんにちは マツです今日は

『Nikon Z 新しいレンズの噂』

についてお話しします。

最近Nikon Rumorsのサイトで気になるレンズの情報を発見しました。

それがパンケーキレンズの情報と、タムロンの70-180f2.8のレンズこれは激熱だなと思ってシェアしていきます。タダの噂ですし、情報はまだありませんが、これについてお話していきましょう。

では早速ですが、これがそのレンズの噂の画像です。これをみてめっちゃ嬉しいスぺックで出てきそうだと胸が膨らみますね!これについて解説していきます。


はいということで始めていきましょう。まず今回の情報元はNikon RumorsというNikonの新製品の情報なんかのリークなんかから情報をアップしてくれるサイトです。概要欄にリンクを貼っておきますので、ぜひ元を見ていただけたらと思います。https://nikonrumors.com/2021/04/03/another-concept-tamron-70-180mm-f-2-8-mirrorless-lens-for-nikon-z-mount.aspx/

https://nikonrumors.com/2021/04/03/nikon-nikkor-z-28mm-f-2-mirrorless-compact-prime-lens-concept.aspx/

英語ですが、Google翻訳で見てみてください。

今回この2つの噂を見て、
一つはなるほど みたいな感じで
もう一つはめちゃめちゃうれしいなと思ってい見ていました。

ぜひ皆さんが思ったことぜひコメントで教えていただきたいんですが、まずなるほどと思ったのはTamronのズームレンズ!70-180のf2.8

Tamron70-180㎜ f2.8

これはSONY Eマウントで無双しているf2.8通しズームレンズの望遠版ですよね。レンズの売り上げ上位にもこのレンズはよく位置していますよね。これってもし出たら結構うれしい人多いんじゃないですか?NikonZの大三元ナナニッパは大体30万くらいするレンズですよね。性能が圧倒的で史上最高のナナニッパといわれるようなレンズで、コメントでもお持ちの方が多いレンズですが、いいのはなのはわかるけど、さすがに無理という人結構多いと思います。僕もその一人です。

でもそれがたぶんこのTamronだと10万くらいで手に入れられる。ちょっと望遠端足りないとはいえ、これくらいは正直微差でしょうし、厳密な性能差よりは、とにかくf2.8の望遠レンズが欲しいという人にはかなりうれしいレンズだと思います。サイズや価格面でZのF4の70-200を待っている人にもちょっと迷いを生じさせる発表ですよね。

で、この発表自体もまあいい発表だと思いますが、それ以上にこれを見て思うのは、

『ついにZにTamronが』

ということですよね。TamronがついにZにAFレンズで参入してくるとなると、今後Eマウント用に出ている魅力的なレンズがどんどんZで使えるようになってくる可能性がある。今までサードパーティーはほとんどMFレンズしかない中でこれが本当なら、かなり大きなニュースになりそうですよね。

Zはレンズが高いし、選択肢が少ない僕がずっと言ってきた欠点。これが解消されるかもしれない。そうなるとNikonZの強さが一段と増して、いよいよ欠点のかなり少ない最強のシステムになる可能性もある。これは多くの人にとって嬉しい情報になると思います。

でも良い情報なんですが、今回僕はこの情報を見た時そんなにうれしくはなかったんですよね。つい最近僕はこういう動画を出して、

その中で、NikonZはレンズ少ないけど、それぞれがものすごいレンズだから、レンズ沼にはまらなくて済むし、Zのレンズを使って入れば大丈夫という信頼をもって写真を撮れるというのはすごくメリットが大きいと言いました。

それがTamronとかsigma出てくるとちょっと崩れるんですよね。もちろんTamronとかsigmaのレンズってものすごい性能だし、良いのはもちろん過去に使ってきて知っているんですが、僕が最高に信頼しているのはやっぱりZのレンズなんですよね。

レンズを多くの選択肢から選べるという自由の代わりに、たくさんの選択肢から選びとらないといけないという迷いが生じる。これは良いことばかりではないですよね。今Viltroxというメーカーの85㎜f1.8を使っていますが、これ自体はすごくよくて、何の不満もないんですが、『これZだったらどうだったかな?』と常によぎっちゃうんですよね。僕の中では今後これが付きまとうと思います。

Zユーザーが増えて良いかもと思う反面Zレンズユーザーはそんなに増えないか減ってしまう可能性なんかも考えてちょっと寂しさも感じるます。

このレンズっておそらくEマウントベースで設計されるレンズをZにフランジバック変えて対応さるように作られてくると思うので、Zにデザイン的にマッチするか、レンズ光学的にマッチするか少し疑問な部分もあります。光学的に若干不利なEマウント設計でZユーザーを満足させられるかなということです。そう思うともしかしてこの望遠ズームレンズから出してくるというのは、まずは設計的にフランジバックの影響が少ないところから望遠をというので出ているんですかね?詳しいところまで分かりませんが、続報が気になるところです。


Nikkor Z 40㎜ f2?

で、皆さんお待ちかねだと思いますが今回の噂で僕がめちゃめちゃ嬉しいのはパンケーキレンズです!すごい良いですね。僕はこのZ6を手に入れた去年の6月くらいからずっとこのパンケーキレンズを待ち望んできました。

Zのレンズは素晴らしいんだけど重たい。
Zのレンズはすごいのはわかるけどでかい。
こんな風に言ってきましたし、コメントでもよく見かけました。

でも大丈夫。
そんな方に最高なレンズが出てきますね。
この画像を見て何より喜んだのは、もちろんこのサイズ感は当然として、F2ということですよね。

サイズ感がこんな感じになるというのは、もうシルエットが出ていたから皆さん知っていると思いますが、やっぱり心配としてはパンケーキレンズならF2.8くらいの地味スぺックかな?というところでしたよね。どれだけコンパクトでもf2.8なら面白くないな、買うか迷うな。そう思っていた人もいるかもしれないし、僕も結構心配でした。でもF2。これ買うしかないでしょ。

もちろんただの噂ですし、f2.8で来るかもしれませんが、最近の噂とかリーク情報って、意図的にされていることが多そうで、結構信頼性高いのでたぶんf2でしょうね。これはアツいですよね。

ここからは僕の推測がメインのお話しですが40㎜f2であればこの50㎜f1.8Sと35㎜f1.8Sがいらなくなっちゃうかもって感じですが、おそらく画質的な部分はNikonZレンズであればまあ間違いなくクリアしているので心配ないとして動画でのフォーカスブリージングとかは出そうですよね。

この50㎜はフォーカスレンズがいくつか連携して動くことでどのピント位置でも収差を少なくしたり、フォーカスブリージングをほとんどなくしたりと、ものすごい性能発揮していましたがこの長さのレンズではそれができないんじゃなかなと推測します。

そして、場合によってはちょうどこのFマウントの50㎜と同じサイズ感というので、AF駆動を超音波モーターとかで仕上げて、廉価にしてというような設計になるのかもしれませんね。コンパクト軽量で安くてある程度画質は良い40㎜。でもAF性能と動画への適用はSラインほうが良いかもみたいなところでやっていくのが販売戦略上ありうるかな。もしこれでフォーカスブリージングもAFも最高とかなると35㎜と50㎜死にますもんね。Nikonならそんなことやってきそうな気もしますが、さすがに差はつけてくるんじゃないかと思います。

あとは28㎜もパンケーキレンズにはありますが、これもf2で行けるのかというのは気になるところですよね。広角レンズのほうがコンパクトで明るく作るの大変だと思うので、ここがどうなるかはすごく気になります。どっちもf2とかだと、24㎜f1.8Sも50㎜f1.8Sも持っている僕でもなんか間違ってどっちも買っちゃいそうですね笑

はいというのが僕がこのZのパンケーキレンズで思うことでした。
今回はNikonの噂についてお話していきましたがいかがだったでしょうか?皆さんが思うことを教えていただけたら嬉しいです。

つい最近までNikon Z 極寒の冬だなと思っていたら、Z9の発表あたり以来から、めちゃめちゃアツくなってきましたねこれからもどんどん新製品の情報が出てくると思うのでぜひ楽しみに見ていきましょう。これからもこういった噂や新製品の情報にも触れていこうと思うので、今日の動画が役に立った 良かったという方は是非高評価と チャンネル登録 よろしくお願いいたします。

またぜひ新しい情報ありましたらコメントやInstagramのDMなどでおしえてもらえたら嬉しいです。

では今日はこれで終わります。
良き写真ライフをお送りください。
マツでした。

投稿者: Nostalgista Matsushima

兵庫県在住 Hyogo Photo Cercle 主催 YouTube”マツチャンネル Camera Planner” 歯科医師

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。