口腔内写真 リングストロボ vs ツインストロボ

こんにちは マツシマです。
兵庫で歯科医師をしています。
今日は

ツインストロボ vsリングストロボ どういう違いがあるか?

というテーマでお話しします。
僕は口腔内写真について機材や撮り方について解説する動画や、HPを運営しているんですが結構口腔内写真って理解するのが難しいですよね。特にストロボどんなものを使えばいいのという風に聞かれることが多いです。

で、口腔内写真のストロボというと大体リングストロボとツインストロボがあるんですが、じゃあそれぞれが、どのような使用に向いているのか、それを今回の動画では解説していきます。

写りの違いと、使用感の違いを解説していきますのでぜひ最後まで見ていただけたら嬉しいです。

このチャンネルでは、僕が歯科医師として、そしてカメラの機材系YouTuberとして、口腔内写真について研究した内容をシェアしています。歯科医師や衛生士さん向けに【費用を抑えた機材紹介】や【分かりやすい設定や原理の解説】をテーマに発信しています。今後も口腔内写真に役立つ情報をアップしていきますのでチャンネル登録よろしくお願いします。

まず結論です。

通常の写真や術中写真ではリングストロボを。
ここぞという時にはツインストロボを。
それぞれ使い分けると最高こういう風に思います。

ではこれについて解説していきます。



はい、ではやっていきましょう。

まず皆さんはどちらのストロボ使用されていますでしょうか?
僕は10万円以下で買う口腔内写真カメラセットというのを紹介しているんですが、そこで紹介しているのはリングストロボなんです。どっちかというとリングストロボを使用されている方が多いかもしれません。

もしくは良く分からないけど、アイスペシャルを使用しているという方であれば、ツインストロボっぽい感じのストロボが付いていると思います。

で、皆さんは口腔内写真においてストロボはついてればいいんでしょ?カメラ・レンズが高いし重要でしょ?って思われると思うんですが、実際にはその逆で、口腔内写真においては、カメラレンズよりもストロボのほうが重要。そういう風に思っています。

前回の動画でもお話しした通り、口腔内写真では光がすごく重要です。

ここでいうストロボが重要というのは、高いものである必要があるというよりは、どれだけ強い光を出せるかというのと、リングストロボなのか、ツインストロボなのか。そういうところが重要ということですので、誤解ないようにお願いします。

ではそこまでわかっていただけたところでリングストロボ、ツインストロボそれぞれの特徴をお話しします。

リングストロボとツインストロボ 写りの違い

リングストロボの写り
リングストロボ
リングストロボで撮影した正面観

リングストロボというのはレンズの先端に文字通りリング状にストロボが付いていてシャッターを切るとこれが光って真正面に光を当てます。素晴らしいことに歯に対して全体から光が当たるので、無影灯というのような感じで、影がどこにもできないような撮影ができます。対して光が正面からあたるので、歯の表面に反射して色の情報が失われやすかったり、全体に均一に光が当たるので、立体感という点では乏しくなったりします。

ツインストロボの写り
ツインストロボ
ツインストロボで撮影した正面観

それに対して、ツインストロボというのはレンズの横にストロボが2つつきます。それがシャッターと同時に光るのは一緒なんですが、この構造の違いにより違った効果が出てきます。リングストロボが真正面に光を出していたのと違ってツインストロボはレンズにもよりますが、斜め横からの光が当たるようになります。そのため、光が当たっているところと当たっていないところにコントラストができる。そのため写真に立体感が生まれます。そして、リングストロボでは反射して失われやすかった切端の透明感なんかの質感を表現しやすく、それゆえに審美領域の写真に使われやすいです。

ツインストロボの写りの欠点

ただ欠点としては、例えば口腔内5枚法で使おうとすると臼歯が暗かったり、術中写真に至ってはレンズ次第では光が口角で遮られて暗い写真になるという欠点があります。

ツインストロボで術中写真を撮ると、口角にケラレて影になることがある。

その結果、オールラウンダーがリングストロボ画質とか雰囲気を高めるのに飛び道具的なツインストロボそういう考え方で良いのかなと思います。このリングストロボの写真と、ツインストロボの写真この2つでどっちでもいいよそういう風に思った人はリングストロボのほうがおススメですね。

質にこだわるならツインストロボ

ただやっぱりツインストロボの写真のほうがかっこいいそう思う人であれば、ぜひツインストロボで撮影してほしいなと思います。僕はツインストロボで口腔内5枚法も、前肢の写真も撮っていますが、やっぱりクオリティが全く違うと僕は思う。

記録と作品。そんな違いがあると思います。どうせ撮るなら、きれいに僕が写真にこだわりが強いからだと思いますが、そう思っています。

ツインストロボのもう一つの弱点

ただ影ができる以外にツインストロボにはもう一つ弱点があります。

それは、手間がかかるということ。

リングストロボというのはこういう風にストロボの本体と発光部のこの2つなんですが、ツインストロボというのは本体と発光部が2つこういう仕組みになっています。なので、リングストロボというのは本体のスイッチを一つ入れたら撮影可能なのに対して、ツインストロボというのは本体と発光部のスイッチを3つともつけないといけない。

なので、撮影の度に面倒があります。しかもこのリングストロボは有線なのに対してツインストロボの方は無線なのでスイッチ入れてから同期するまでに時間がかかったり、上手く接続できない時もあるので、ちょっとした時間なんですがそこが煩わしいです。

あとリングストロボは単三電池4本で使うんですが、このツインストロボは本体に単三電池2本と、発光部に単四電池を2本ずつ必要というので、電池の管理も面倒です。

こういった理由からリングストロボのほうが多くの人にとって向いています

理想を言うと、ツインストロボのカメラと、リングストロボのカメラを2台準備して、用途によって分ける。

僕の場合なら、口腔内規格写真はツインストロボ、前歯の審美のケースはツインストロボ、術中写真のみリングストボこういう使い分けです。

でもこだわりがそこまでなければ、基本リングストロボで行って、本気のケースの時だけツインストロボ、そういう使用でも良いと思います。

こういった感じで、リングストロボとツインストロボは写りの点と操作性において差があります。この動画で少しでも皆さんの口腔内写真に対する疑問が解決できたら嬉しいです。

まとめ

ツインストロボのメリット
・撮った写真が作品になるような画質、雰囲気
・自分の意図でいろんな見せ方ができる。

ツインストロボのデメリット
・電源のon/offが面倒
・電池の管理が面倒
・術中写真では影になって使いにくい

リングストロボのメリット
・影のない写真が簡単に撮れる。
・扱いやすい
・電源のonoffが簡単
・電池の管理も簡単

リングストロボのデメリット
・画質が単調
・こだわった写真は撮れない。
・アイスペシャルとの差別化がしにくい

リングストロボを使用して口腔内写真写真の機材をそろえていきたいと思った方は
こちらも参考にしてみてください。

では今日はこれで終わります。

投稿者: Nostalgista Matsushima

兵庫県在住 Hyogo Photo Cercle 主催 YouTube”マツチャンネル Camera Planner” 歯科医師

口腔内写真 リングストロボ vs ツインストロボ」への1件のフィードバック

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。