月1万円カメラで稼ぐ 5つの方法

こんにちは マツです今日は

本当にコスパ良いのはカメラで稼ぐこと

というテーマでお話しします。

僕はコスパ良いカメラ機材についてyoutubeで発信しているんですが普段はなるべく安いというどっちかというとコスパに関する事を中心に話しています。

で、いかに費用をかけないかというのは重要だと思うんですが、もっとコスパ良いのはその手に入れた機材で収益を得ることだと思うんですよね。

僕自身カメラにたくさん費用をかけていますが、実質タダかちょっとプラスくらいで運用できるようになってきたのでその方法なんかをお話ししつつ、皆さんが気軽にマネできて年間1本くらいレンズが手に入れられるようなノウハウを提案できたらと思うので、最後まで見ていただけたら嬉しいです。

マツチャンネル
マツチャンネル

このチャンネルでは僕が機材に総額300万以上使って手に入れた知識を元にコスパの良いカメラ機材について紹介しています。また使用しているNikonのカメラについて発信しています。そういったものに興味ある方はぜひチャンネル登録お願いします!

ではまず結論です。

ものすごい写真が好きならカメラを副業にしたらもっと楽しい。月に1万でも稼げたら年間レンズ1本タダで使えるようになる。僕はこういう風に考えています。

ではこれについて解説していきます


はい、ではやって行きましょう!

今日はちょっと志向を変えて、カメラと収益 副業についてお話しします。このチャンネルを見てくださる方の中にはNikonを使って、カメラマンをしているとかそういうプロの方もいらっしゃると思いますが、当然アマチュアユーザーの方のほうが多いと思うんですよね。

で、アマチュアでカメラやっているとカメラとかレンズ買うのとか結構きつくないですか?カメラとかレンズって高いですよね。お金貯めたり、節約して生み出したお金で購入したり、そもそも20万とかするカメラやレンズなんて夢のまた夢みたいな感じになると思います。

そういう時に月に1万でも収入があると良くないですか?しかもそれが好きでやっているカメラでの収益なら、なお良くないですか?『好きなことで稼ぐ』というのが結構、今 流行っているというか、副業解禁も相まってそういう風潮になってきていると思うので、気になっている人もいるんじゃないかなと思います。

で、まず先にお伝えすると、僕自身はこうしてカメラ系youtubeチャンネルやっていますが普段から言っているようにカメラマンとしてはアマチュアなんですよね。写真を撮ってお金をもらうという仕事は全くしていません。ただ、カメラに関係して収益は得ている。そういう 特殊な立場にいます。

お金に関しての内容をお話しすると、どういう反応になるかなという心配があるのでちょっと怖い部分もあるんですが、実績があった方が分かりやすいと思うので、僕自身の実績を一部をざっくりお伝えすると、今年2021年に入ってカメラ関係で 平均月10万程度。多い時だと30万程度と、副業収入のような形でお金をいただいているような感じになります。本業は週5で8:00~21:00の勤務体系でその合間の時間を使ってやっています。

これは結構運にも左右されるし、今後も安定してこれだけ収入を得られるかというとちょっと分からないんですが、とりあえず月10万くらいはいけるようにはなってきたので、こういう形で記事にまとめてみました。

で、実体験としてこの月10万円平均とかっていうのは始めてみると意外と大変なんですが、おそらく、1年程度けっこう頑張れば多くの人が達成できる水準なんじゃないかと思うんですね。もっとすごい人は山ほどいます。でも僕自身カメラのことばかり考え続けて1年半ですし、運にも左右されるなと思うので、今回は月10万ではなく、半年くらい頑張って月1万を手に入れるという方法を考えていきたいなと思います。

月1万というのはちょっとしょぼく感じるかもしれませんが、これを手にする方法であればいろんな手段あるし、結構再現性高いと思います。そしてそれでいて、月1万あれば年間12万で結構いいレンズ1本 買えてうれしい。さらに月1万手に入ったら、そっから3万5万とどんどん進歩していける可能性もあることを考えると、まずこの辺を狙うのはおすすめかなと思っています。

月1万円手に入れる5つの方向性

ではこの月1万円を稼ぐという方法5つの方向から考えていきましょう。

1.カメラマンとして登録して人物撮影を行う
2.物を撮ってお金をいただく
3.写真を売る
4.SNSで発信する
5.自分の商品を作って売る。

1.人物撮影をして稼ぐ

1つ目が人物撮影をして稼ぐ方法。まずカメラを使って収入を得るという風に考えると、一番最初に思いつくのがこの方法ではないですか?カメラマンと言ったらスタジオとかで人を撮って報酬を得る。こういうのが分かりやすいと思います。

僕はカメラマン養成のセミナーみたいなものを受講したことがあるんですが、やっぱりカメラの収益のほとんどが人が絡んだ写真を撮ることから生まれる市場の大半はその辺の撮影ようなんですよね。ウェディングとか前撮りとか成人式七五三ニューボーン。こういう記念日の写真って需要が大きいですよね。なので、こういう需要があるところに入っていくことができると思います。チーズチャンネル 中道雄大さんとか カメラのもっくんとか カメラマンしながらYoutubeをされている人もいて、憧がれる人も多いと思います。

ただ挙げておいてなんですが、僕はこのジャンルはあまりお勧めしていません。というのも、やっぱりハードルが高いし、素人がガンガン入っていくと、トラブルも多いんじゃないかと思うんですよね。やっぱり需要が大きい分、対価としての価格も結構高くなるしそのうえで撮影スキルも、環境整備も、データの管理やいろんなところで甘いカメラマンだと仕事にならないどころか、ひどい時にはせっかくの記念日を台無しにしてしまうリスクさえある。結婚式の写真全部データないとか怖すぎませんか?ダブルスロットの機材をそろえたり、良い機材をそろえるとか初期投資も高くなりがちなので、僕は怖くて諦めました。

もちろん人の撮影はすごく楽しくて魅力的なので、本気でやってチャレンジする価値がある分野ですが、責任を果たせるようにプロとして覚悟をもってやっていく必要性が、もっとも高いジャンルなんじゃないかなと感じています。

2.物撮りで稼ぐ

では続いて、物を撮って報酬を得るという方法。何じゃそれと思うかもしれませんが、今って結構物を撮る、つまり物撮りの需要って高いと思うんですよね。コロナの影響で、ネットで買い物する機会も圧倒的に増えていると思いますし、食べ物でさえもウーバーとかで購入する時代になってきました。そういう中で、やっぱりその商品が魅力的に見えるように写真や動画を撮影するテクニックがあると、それにはめちゃくちゃ価値ありますよね。価値があるものを提供できたら対価としてお金がもらえる。それが報酬を得るということだと思うので今の時代は物撮りの価値が高まっていると言えると思います。

具体的な方法としては写真のマッチングサイトととかココナラみたいな総合的なマッチングサイトを利用して撮ってほしい人と、撮れる人が直接つながるようなシステムを利用するのが簡単と思います。場合によっては僕も何回かやったことありますが、ウーバーイーツの写真を撮ったりする仕事(MEEROという会社が仲介してくれます)があったりするので、それが結構いいかなと思います。

MEEROの場合1回あたり6000円くらいで、バイトにしては高単価だし、時間も90分とかなので割は良いんじゃないかなと思います。また人の撮影よりは止まっている食材を相手にする撮影なので、準備や一定のスキルさえあれば、結果を出しやすいジャンルと思います。さっきのウーバーイーツであれば1回6,000円なので月に2回いけたら月1万は稼げます。

ただ、もちろんこれにも欠点があってそれが、仕事の割り振りが少ない、撮影スキルよりは物の配置のセンスやスキルが重要、撮影時間以外にも時間かかるので、その分考えると実質の時給低くなることもある。こういう注意点はあります。ただ最も敷居が低く、仕事さえ受けられたら比較的収益を早く手にすることができるので、そういう点では即効性と再現性の高い方法になるんじゃないかと思います。

3.写真を売って稼ぐ

続いて3つ目が写真を売るということ。

『写真を売るだなんて無理でしょ。。』
『めちゃくちゃハードル高い。』

そう思われると思いますが、写真を売るサイト。ストックフォトとかいろんなものが今ではあるんですよね。僕自身はあまり経験がないし、チャレンジする気はないんですが、やっぱりいい写真を撮って、それがお金になるならいいなというか、それが最も抵抗少ないという 人は多いんじゃないかと思うんですよね。売れなければ売れないで良いし、売れたら売れたでラッキーだしという感じ。そういう人にはこの方法が良いですよね。

もちろん好きな写真を撮って、良い写真を撮れば売れるとか単純なものではなく、どんな写真が売れるのかというリサーチの上で行っていく必要があると思いますがフォトコンにチャレンジするような気持ちで行うことができるので、写真のレベルアップにもいいんじゃないかと思います。クライアントからの依頼はちょっと怖いな、そして純粋に写真の腕で勝負したい。そういう風に思う方には最高の方法になると思います詳しくは関連する内容をyoutubeで専門的に解説されている動画があったと思うので調べてみてください。

4.SNSでの発信

で、4つ目がsnsでの発信。今回の動画の中ならこれが知りたいという人も多いんじゃないかと思うんですよね。youtube,Instagram,Twitterなど、そういったSNSで収益、特にyoutubeでの収益というのは魅力的ですよね。『好きなことで稼ぐ』そういうキャッチフレーズがyoutubeにはありますよね。youtuberが年収すごいとかというネット記事を見ることもあると思います。

で、僕自身はSNSではYoutubeでしか収益を得ていないので、Youtubeのことしかわかりませんがやっぱりyoutubeっていいなと思います。適切に勉強して行動していれば、自分の実力以上にyoutubeというものすごい強力なプラっとフォームが自分の動画を拡散してくれますし、収益化の目安やルールも明確にしてくれているので、すごくやりやすい。

僕は
Twitterフォロワー200人
Instagram400人なんですが、
youtubeだけ4,000人と他のSNSが全然でもyoutubeはやや伸びてくれています。

そして、それ収益以上にやっぱり視聴者の方からのコメントで、発信している僕自身が誰よりも学びを得られている。これもものすごい価値あるなと思っています。そういう点では何かを本気でやっていって、しかもそれについてもっと詳しくなりたいという時にはこういう発信をしながら学んでいく。この方法は最高だと思います。

またyoutubeの良いところってストック型のビジネスでもあることなんですよね。例えばさっきの物撮りだと撮ったら報酬がもらえるけど、撮らなければ収入0ですよね。でもyoutubeの場合、作った動画が見てもらえたら収益が生まれるので過去に頑張って動画を作っていれば、そしてそれが見てもらい続けていると、何もしなくても収益が得られるというのである種の不労所得みたいな感じになるので、そういう部分は良いなと思います。カメラをしながら楽しんで収益を得る。そういう観点ではYoutube以上のものはあまりないように思いますね。

ただyoutube素晴らしいんですがもちろんデメリットもあって、youtubeチャンネルを継続していくのはは相当大変ですし、収益と使う時間のバランス、時間対効果は異常に悪いです。僕は収益化までに大体100本くらい動画を作って、最初は1本作るのに編集4時間くらいしていたので合計400時間くらい使って、収入0でした。時給0の400時間労働。これがバイトなら少なくとも40万円くらいにはなっていますよね。収益だけ見るとものすごいコスパは悪くなる可能性は高いです。楽しいから続けられる、もしくはその先にあるメリットのために今辛いのは我慢できるこういう人にしか向いていません。またもっと早く結果が出せる人もいて、その結果ものすごく儲かる人もいれば、まったく伸びない人もいるので人によって全然違う。結果が保証されていないというのも継続しにくさを生んでいる点です。

ただこうして継続していると夢だったNikonからの機材貸し出しを受けながら動画を作ったりすることができたりして、過去の延長上にはない人生が生まれる。そういう奇跡が起きやすいのもこういうyoutubeの良いところだと思います。

5.自分の商品を作って稼ぐ

では最後自分の商品を作るということ。これとかはめちゃくちゃハードル高そうに感じると思いますし、自分には関係ないと思いがちですが、意外とそうでもなく、むしろこれをしないと最終的にジリ貧になりやすいと思います。

商品というと 独自ブランドを作りましょうとか、アイディア商品開発しようとか、そういう風に思うかもしれませんが。そんなのだけではなく、例えばyoutubeで鍛えた動画編集能力とかもそうだし撮影能力もそうかもそれになりえるかもしれません。ローランドみたいに商品は自分とかも一つの在り方だと思います。

僕の場合もこの自分の商品での収入が最も多いんですよね。完全に1から作るわけでもなく今あるものを自分の強みで組み合わせるだけで良いと思います。この自分の商品の良いところは本当に価値あるものを作れた時に収入が一気に増えることなんですよね。今まで全然収入がなかったところから いきなり月10万とかになったりとか、もっとすごい人なら月100万とかもっと増えたりとかする可能性があるのですごく夢があります。どの仕事をしていくうえでもやっぱり付加価値を作るというはすごく重要だと思うのでそれを考えつつ、物撮りなり、SNSなりを頑張っていれば、芽が出てくる瞬間は少なからずあると思います

。僕自身まだ始まったばかりですが、もがきながら少しずつ結果を出していきたいなと思うので、もしもこういったところに興味ある方は是非情報交換しながら一緒に頑張っていれば、うれしいです。


ということで今日はいつもと全く違った内容の動画になりましたが、カメラとか写真で報酬を得て、その報酬で機材を手に入れようという内容でお話ししました。

この辺はすごく微妙な部分で、プロのカメラマンさんが見たらアマチュアのくせに変な動画作るなと怒られそうにも思うんですが、写真家の西田航さんもこれからはプロとアマチュアの境が不明瞭になるとも言われていて、プロじゃなくても収益を得ていくことができる時代になってきていると思いますので、興味ある人はぜひチャレンジしてみていただけたらと思っています。

お金を稼ぐということは楽しいことばかりではないと言いますが、僕が思うには、そんなに辛くもなく、むしろ趣味でやる以上に楽しみが増したりする部分もあると思います。どうせやるなら本気で没頭して、自分の武器にできるところまでやった方が良いんじゃないか。そう思いますので、チャレンジしてみたいなと思った方にはやってみることを僕はおススメします。

ちなみに僕が受けたカメラマンセミナーは半分くらいが50代以上の方だったので、今回お話しした内容というのは若者だけの話ではないと思うんですよね。人生100年時代で定年以降どうしようとか、いきなり会社からクビになったらどうしようとか少なからず不安な部分もあると思いますので、そういう人にはすべて関係ある内容かなと思います。

今が人生で最も若い日なので、もしも興味あれば僕と一緒にチャレンジしていきましょう。

不明な部分はコメントいただけたら嬉しいですし、もっと具体的な内容ならInstagramとかからDMいただけたらと思うのでそういう方は概要欄からよろしくお願いいたします。

今日の動画が良かった。そしてちょっとチャレンジしてみようかなと思った方は高評価、チャンネル登録 よろしくお願いいたします。

では今日はこれで終わります。
良き写真ライフをお送りください。
マツでした。

投稿者: Nostalgista Matsushima

兵庫県在住 Hyogo Photo Cercle 主催 YouTube”マツチャンネル Camera Planner” 歯科医師

月1万円カメラで稼ぐ 5つの方法」への1件のフィードバック

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。