カメラ系Youtuberが本心で友人に勧めるカメラ2選

こんにちは マツです。
今日はこのテーマでお話しします。

機材系youtuberが友達にオススメするならどのカメラ?

僕はコスパの良いカメラ機材について、色々と紹介してきていて、10万円以下とか5万円以下とか一眼レフだとかミラーレスだとかまあジャンルとか価格別に動画を作ってきているんですが、今回はちょっと見方を変えて、友人にお勧め効かれたらどのカメラを紹介するかというテーマでお話していこうと思います。

というか実際最近に相談を受けて、答えた内容というのをまとめて、皆さんにシェアいこうと思います。今最初の1台を迷っているという人に向けて、可能な限り価格を抑えて万能なものを選んでいますので、ぜひ最後まで見ていただけたら嬉しいです。

マツチャンネル

このチャンネルではコスパの良いカメラ機材について、また使用しているNikonのカメラについて発信しています。こういったものに興味ある方は是非チャンネル登録お願いします。

Nikon Z50とSONY α6400 この2択

ではまず結論です。今回僕がおススメするのは基本この2台。Nikon Z50と SONYα6400ここかなと思っています。どっちを選んでも間違いないけど、メーカー毎の個性があるので、そこのところを解説していきます。


はい、ではやって行きましょう!
友人にお勧めするならこの2台ということで僕はこの2台を上げましたが皆さんはどんなカメラをおススメされますか?もし良かったらコメントで教えてください。

ちなみに僕は一眼レフからフルサイズミラーレスまでだいたい機種で言うと20種類以上触ってきて、今回はここかなという感じでお話しています。

今回対象としているのは僕の友人つまり30代の男で、子供が生まれる直前、そして、仕事関係で一眼レフは使ったことがあるけどプライベートでのカメラは初めて。そしてカメラはあったらいいけど、iPhoneじゃダメなのかな?というテンションこういった人に向けて紹介しました。

今回選ぶ機材の条件

・価格
これはおそらくiPhoneでもいいかなというテンションなので、極力安め、高くても10万円以内くらいには抑えたいだろうなということ。

・ サイズ
持ち運びに不便だと持ち歩けなっちゃうから、大きくないサイズ感が良いかなと判断しました。

・描写性能 将来性
せっかく使ってもらうなら、すぐに時代遅れにならないような基本性能は備えておきたいし、普段仕事でフルサイズのカメラを記録用に使っているから、それに劣らないような画質の物が良いなこういう条件で選びました。

そうすると、僕の中で浮かんできたのが、条件面で言うとAPS-Cセンサーのカメラで、一眼レフではなく、ミラーレス。そして画質に妥協のないもの。こういう感じです。

そう考えると、必然的に選択肢は主に2択ですね。
SONYα6400Nikon Z50 この2つ。どっちもすごい良いカメラですよね。

もちろん富士フィルム良いなとか、CanonのMとか良いなというのもあるんですが、Canon Mは将来性が弱いし、富士フィルムは僕自身分からないことが多いので除外しました。まあ除外しましたが、正直今10万円以下で万能な高画質カメラと言ったら、やっぱりこの2つがダントツじゃないかなと思います。まあこのどちらかを手に入れていただけたら、それだけで十分ですが、いやじゃあどっちが良いのという方のためにそれぞれの良さについてお話していきます。

Nikon z50

こっからはあくまで好みですが、まずNikonZ50から行きましょうか。

このカメラに関しては何度も動画を作成していて、もう魅力について語りつくしているので気になる方はプレイリストから見ていただけたらと思いますが、プライベートの使用から仕事的な使い方までめちゃくちゃ万能に使える。

正直、写真の性能に関して言うとこの価格帯で、このカメラに並べるカメラはほとんどないと言ってもいいくらいの性能を持っていて、全人口の8割を満たせる画質を出してくれるのがNikon Z50です。

Z50の良いところ

このカメラの良いところは
・写り・サイズ感・価格このバランスがものすごい良いって言うかコスパ良すぎることなんですよね。

このNikon  というメーカーはレンズが良いというのはかなりカメラ業界でも知られていて、ものすごいコンパクトなレンズでもすごい性能を発揮してくれています。レンズにはこれは選ばないほうが良いというものとかもあったりするんですが、とりあえずNikonのレンズならどのレンズも基本的に間違いない。そう言えるくらいに素晴らしいんですよね。

そして、意外と知られていないんですが、Nikonのカメラの色味ってめちゃくちゃ良くて、とくに自然の中で撮る緑色とか青とか、白とかそういうものがものすごいきれいに撮れてくれるし、ミラーレスになってから人の肌色もすごくきれいに出てくれるのでこれから子供ができて写真を撮っていきたい、出かけた時に写真を撮りたいという人には最高ですね。

Nikonは動画に弱いと言われていましたが、基本的に必要な動画性能はこのZ50には完全に詰まっていますし、Youtubeやっている僕でも正直これ以上の機能は基本的に必要ないかなと思っているくらいにはそろっているので、これからカメラ始める人が困るとは思えないので安心してOKという感じですね。

僕ならZ50を選びたい。そう思うくらいにこの価格帯ではとびぬけて良いカメラです。

Z50の欠点

ただ欠点も当然あって、それは自撮りしようと思ったら液晶が下から出てくるので、三脚とかにつけて自撮りでYoutubeとかする人には向かないというのと、レンズの種類がちょっと少ないというか、安い単焦点レンズが少ないので、一眼の魅力のレンズ交換が現状ちょっと弱い。その辺が後からお勧めするα6400に劣るところですね。明確な目的があって写真撮る人、必要なレンズを考えると不利です。

Z50の弱点に関してはこの動画にまとめていますので、もし良かったら見てみて下さい。

ただ、とりあえず簡単にきれいというところを考えると、キットレンズの性能が非常に高いので、Z50良いですね。こんなところでしょうか。カメラとしてすごい良い機種という感じなので、ぜひ純粋な画質、カメラとしての操作感を求める人にはZ50がおススメです。


SONY a6400

では続いてSONYα6400ですね。正直Nikon好きにはこのSONYのカメラが嫌いというかね、そういう風に思う人も多いんですが、普通に考えてもうこの価格帯でこのカメラを外すことはできないですよね。

最近あたらしいZVーE10という動画に特に向いているカメラが発表されて、そのカメラがα6400とスぺック的にはだいぶん近いので、これは好みで選んでいただいていいかなと思いますが、僕はやっぱり写真メインで使用するのでα6400をおススメしています。

a6400の良いところ

まずこのカメラはすごいんですよね。このカメラが2年前くらいに出た時は結構業界が震撼したというか、世界最高レベルのAF性能が10万そこらのカメラに乗っちゃったというので、インパクトがすごくて、めちゃくちゃ売れたカメラでもあるんですよね。

このカメラの良いところはマジでそこで、色々と細かく言うとあるんですが、シンプルにAFモンスターマシンということなんですよね。やっぱり写真の失敗って手ぶれとピンボケが大半なんですが、このカメラならそのうちの一つピンボケはかなり防げるので、初心者の方にかなりおススメしやすいですよね。

そして、SONYのレンズってSONYだけではなくSigmaとかTamronとかからかなりのレンズが出ているので、すごい選択肢からレンズを選べるというのもメリットだし、動画性能がさらにこだわっていけるという感じで、ほとんど弱点がないんですよね。やっぱり分かりやすいというので、売れるのがわかるカメラですよね。

純粋な画質とか、カメラの機能性や、操作性、水やほこりへの強さという要素では先ほどのZ50のほうが良いかなと思いますが、そういうのは別にいらないなという人に関してはα6400がおススメかなという感じですね。

過去にお勧めした人は大半a6400を購入している。。

今まで大体5人くらいにこの2つの選択肢を提示してみて4人はα6400を選択しているので、Nikon好きの僕としてはちょっと辛い状況ですね。

ただここまで言って思うのは、正直初めてのカメラがNikonだろうがSONYだろうがぼくはどっちでもいいかなと思っていて、というのも今スマホがこれだけいい時代にあえて、一眼レフとかでかいカメラを持とうという心意気が嬉しいので、ぜひ自分に合うカメラで始めてほしいなと思うんですよね。

ミラーレスでも一眼レフでもNikon Canon SONY どれであろうとも、自分にピンとくるものがあればそれが最高だと思います。もちろん圧倒的にこれは向いてないよという選択肢もあったりしますが、まずは直感に従ってカメラを始めるというのがすごい良いなと思うし、そうされている人を見るとすごく嬉しいです。

やっぱりカメラやっててよかったという場面て写真のきれいさだけでなく色々とあるので、ぜひチャレンジしてみてほしいなと思います。

せっかくなのでついでにアドバイス

で、そんな方についでにアドバイスさせてもらうと、これからカメラを始めるのであれば、しかも室内での家族を撮る写真が多いのであれば、ぜひストロボを手に入れてほしいなということなんですよね。

過去に僕はストロボに関する動画も出していますが、こういう一眼レフとスマホと比べた時に圧倒的なメリットにストロボを使いやすいというのがあるんですが、ストロボっていうのは、地味なアイテムなんだけどカメラのレンズとかボディをいいものに変えるよりもはるかに大きな効果を出しくれるので、ぜひだまされたと思って、安いもので良いので使ってみてほしいなと思います。

そして使う時にはストロボをこうやってカメラの上につけたら、こうやってストロボを上の方に向けて天井バウンスという方法を試してみてほしい。これだけで、まじでびっくりするくらいプロっぽい写真になります。

Z50を使うかα6400を使うかよりもストロボあるかどうかのほうが大きな違い出てくると思います。まあちょっと最後は話がそれましたが、今回は友人に勧める機材というテーマでお話ししました。カメラはNikon Z50か SONY α6400 でレンズはキットレンズでできたらストロボをセットでという感じですね。

屋外でしかとらないという人はストロボがいらないかもしれませんが、このステイホームな時期には特にカメラの種類以上にストロボは重要と思いますので、この情報が参考になれば嬉しいです。

ぼくはこれからもコスパの良いカメラ機材について、使っているNikonのカメラについての情報を発信していきます。今日の動画が良かった。役に立ったという方は高評価、チャンネル登録 よろしくお願いいたします。

では今日はこれで終わります。
良き写真ライフをお送りください。
マツチャンネル マツでした。

投稿者: Nostalgista Matsushima

兵庫県在住 Hyogo Photo Cercle 主催 YouTube”マツチャンネル Camera Planner” 歯科医師

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。