いよいよZ50が最高の実用カメラになりつつある

こんにちは マツです今日は以下のテーマでお話しします。

いよいよZ50が最高の実用カメラになりつつある

僕はコスパの良いカメラ機材を紹介したり、使用しているNikonについてお話しするチャンネルをやっているんですが、その2つを同時に満たしたカメラのZ50について今日はお話していきます。

皆さんZ50お好きだと思うんですが、僕もやっぱりこのカメラってすごいなと思っていて、弱点はあるものの今あるカメラの中でもかなりトップレベルに良いカメラだなという印象なんですよね。で、以前は弱点はあるもののという感じで言っていたんですが、いよいよその弱点が少なくなってきた。かなりZ50買うにはいい時期だなと思うのでそこについてお話していきます。ぜひ最後までみていてだけたら嬉しいです。

マツチャンネル
Youtube

このチャンネルではコスパの良いカメラ機材について、また使用しているNikonのカメラについて発信しています。こういったものに興味ある方は是非チャンネル登録お願いします。

Z50の最大の弱点が解消しそう

ではまず結論です。今までのZ50の最大の弱点のレンズ選択肢の少なさがいよいよ解消しそう。これだけで、かなり多くの人にとってZ50が最高のカメラになりうると僕は思います。

今まではZ50おススメだけど、、、という感じだったのが自信をもってお勧めできるカメラになってきたので、そこについて解説していきます。


はい、ではやって行きましょう!

僕のチャンネル見てくださってる人は、大体Nikonを使われているんじゃないかと推測するんですが、どのカメラを使用されていますでしょうか?僕はメインではZ5とZ7を持っていて、仕事用にZ50を使っていて、このZ50が素晴らしいなというので、もうかなりたくさんZ50関連の動画を作ってきています。

Z50に関するプレイリスト

で、メリットから相性のいいレンズから色々とお話してきた中で、Z50には弱点があるという風にもお話してきていて、その最も大きいのが『レンズ選択肢の少なさ』なんですよね。こればかりは圧倒的欠点というしかなくて、これがあるからこのZ50をおススメしきれない理由でした。

というのも、今までのNikonZ50に向いているレンズって、基本的にNikon純正のキットレンズ16-50㎜というパンケーキレンズと、ダブルズームキットの50-250mmの2本しかなくて、他の物は普通に価格が10万近くしたりとかしてたんですよね。

カメラとレンズセットで10万くらいでZ50を使い始めた人が、じゃあもっと違う写真撮ろうと思って次のレンズ使ってみたいとなったら10万円のレンズしか選択肢ないって考えると地獄じゃないですか?頑張って覚悟決めて10万出したのに、また10万出さないとレンズ買えないの!?となると結構無理ですよね。Fマウント時代のレンズを使う選択肢もありますが、結局FTZ高いし、そんなめんどくさい選択肢を初心者の方にお勧めできないですよね。

これからはもっと選べる

でもそんな状況もだいぶ終わりに近づいています。何があったか?というとまずはこのレンズです。NikonZfcと同時に発表された28㎜f2.8という非常にコンパクトなレンズ、そして、40㎜f2という比較的明るいレンズこの2本がかなり良さそうで、しかもかなり安そうなんですよね。まだ完全にレンズ単体で発表されていませんが、大体5万円以内では確実に変えるような価格で出てきます。

今までNikonZはAPSC向けのレンズはズームレンズ2本のみで単焦点がなかったので、早くAPSC向け単焦点をという風に言われていたんですが、今回はフルサイズレンズだけどコンパクトでさらに安いので、なおいいという感じですよね。これさえあればやっぱりズームレンズよりもかなり画質も良いでしょうし、一眼っぽい写真つまり背景ぼかした写真も撮れるし、それでいて軽いし、良いところだらけですよね。この選択肢を手に入れられるというだけでかなりアツいなという風に思います。

僕だったら28㎜を常用レンズに

僕だったらZ50に28㎜f2.8をつけっぱなしのレンズをつけて40㎜相当の準広角なレンズとして、使って、日常は全部このセットみたいに使っていきたいなと思ったりします。今はまだ届いていないと思いますが、Zfcにこの28㎜のセットを予約している人もかなり多いと思いますし、この組み合わせは鉄板というか、かなり良いのが予想されますよね。

28㎜のf2.8ということでそんなにボケはしないでしょうけど、よく写るというキットレンズから比べても絶対1段2段良い描写をするでしょうからスナップ用途ですごい活躍すると思います。

40mmf2はZ50ユーザーに初めてのボケ感をもたらす

そして40㎜f2に関してはZ50を買った人、Zfcを買った人にに初めてボケ感を楽しむ機会を与えるレンズになるでしょうから、これに関してもかなり価値が高いですよね。やっぱりぼかすだけが写真じゃないとよく言われますが、逆を返すと、やっぱりぼかしたくなっちゃうんですよね。ぼかすのが良い悪いは置いておいて、今まではZ50だとぼかせなかったんだから、一回ボケを楽しんじゃいましょうよ。そういう風に思います。そういう意味でこの40㎜f2というのは純正の中で、安くてボケるレンズということで、それだけでもすごい価値を発揮してくれるレンズになると思います。


はい、ということでこの純正の安価なレンズがでてくるだけでこのZ50はかなりアツい展開を迎えているんですが、それだけではないんですよね。更にアツい展開が来ています。それは何かというと、皆さんご存知かもしれない。

Viltroxが来ているからですよね。

これはNikonZユーザー含め、コスパの機材業界に衝撃を与えたメーカーです。

Viltroxのレンズがかなりいいところをついてきている。

NikonZって今までは基本的に純正のレンズを使う以外選択肢がなかったんですが、このメーカーが何故なんだろうと思うんですが、85㎜f1.8の単焦点を皮切りに、フルサイズ用の24㎜35㎜50㎜を続々とレンズを出してきました。その1本がこの24㎜f1.8で提供してもらったものなんですが、それが良い。

☆APS-C用のf1.4ラインもかなりアツい

それに加えて、さらに魅力的なのがAPSC用のレンズが3本、23㎜,33㎜,56㎜のf1.4というZ50に最適なレンズが出てきました。

正直まだこのAPSC用レンズの画質に関しては使っていないのでわからないんですが、このフルサイズ用のf1.8レンズを2本使った感想だと、これも結構良さそうなんですよね。厳密に高画素のカメラを使ってみて、純正レンズと比較してしまうと、ちょっと差が出てきたりすると思うんですが、Z50で使う分には、しかもスマホで見たりする感じだとたぶんかなり良いんですよね。このAPSCレンズはサイズ感が比較的コンパクトというのがまず魅力で、今までのZのレンズにはなかった部分を埋めてくれているんですが、同時に今までZのレンズになかったf1.4という明るいf値も体験できるレンズなんですよね。やっぱりZになってからf1.2はでたけど、昔ながらのハイスペックのf1.4が使いたいという人もいると思うので、それが使えるのが地味に嬉しい。

さっきは40㎜f2は純正でボケを生かせるレンズになるという風に言いましたが、f1.4のレンズであれば例えば33㎜とか、さらに56㎜のレンズとなるとボケ量がかなり大きいので、画質的にはやっぱり純正の方に良さがあると思いますが、ひとまずボケの大きさとか、画質の柔らかさとかを求めるならこの辺はかなりいいでしょうね。

僕だったらどうせなら普段使いなら23㎜好きだけど、純正にはないところというと特に56㎜f1.4とかは他のレンズと差別化しやすいし、ボケもかなり期待できるので、この辺はかなり魅力的です。ほんでもうこの時点でかなり良いんだけど、さらにこの感じで価格が3万円前後ということで、爆発的に良いな。って感じなんですよね。

正直スペック的な部分を見ると、ここが欲しかったというど真ん中なので、これは純粋にありがたいですよね。僕もNikonZ使うならZレンズ使いたいという思いも結構あるんだけど、純粋にそうも言ってられないじゃないですか。価格とかサイズとか、そういう意味ではこのレンズの選択肢もあって、本当に最高の性能目指すならZ純正っていうので選べるだけで、かなりZ50の魅力が大きくなると思います。

今後Z50がかなり使いやすくなってくる

ということで、この数か月間でZ50に対して合わせていくレンズの選択肢が爆発的に増えていくので、これに関してはまじで全Z50ユーザー喜んでいただきたいですし、このレンズ選択肢のおかげでいよいよZ50のカメラとしての総合力がめちゃくちゃ高くなってくれるなと思いますのでぜひ試してほしいです。

これからもこういったNikonZのコスパの良いレンズに関する新着情報はどんどんアップしていこうと思いますので、今日の動画が良かった。参考になったという方はぜひ高評価ボタン押していただいて、チャンネル登録いただけたら嬉しいです。

では今日はこれで終わります。
良き写真ライフをお送りください。
マツでした。

Nikon Z50

投稿者: Nostalgista Matsushima

兵庫県在住 Hyogo Photo Cercle 主催 YouTube”マツチャンネル Camera Planner” 歯科医師

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。