こんにちは 松島です。兵庫で歯科医師をしています。

今日はこういったテーマでお話しします。

口腔内写真用の機材で顔貌写真は撮れるのか?

僕はこうしてyoutubeとかブログで口腔内写真に関する情報を発信しているんですが、その中で結構多くの人が、『口腔内写真用のカメラで顔貌写真撮れますか?』と質問されるんですよね。

で、今でこそ僕もカメラにめちゃくちゃ詳しくなってきたんですが、2年前くらいまでは、そのあたりが良く分かりませんでした。口の中専用で、近いところしか取れないんじゃないか?そう思いますよね。

なので今日の動画ではそこについてお話していこうと思います。

結論、口腔内写真用のセットで顔貌写真撮れます。
というかかなりきれいに撮れます。

で、かなりきれいに顔貌写真は撮れるて、その機材のままでも撮れるんですが、簡単に高画質に残すことができる方法についてお話していきますので、ぜひ最後までチェックしてみてください。


設定の前に知っておいてほしいこと

まず方法についてお話しする前に皆さんに知っておいていただきたいことがあります。それは僕は口腔内写真カメラセットといっていますが、口腔内しか取れないカメラはないということです。

色んな口腔内写真を撮るためのカメラアイスペシャルとかソニックテクノとかありますが、ああいったものも口腔内写真に向いているカメラというだけで口腔内写真以外も普通に撮れます。特に僕が扱っているセットなんかは、純粋に口腔内写真に向いたカメラとレンズとストロボをそれぞれ集めて紹介しているだけなので、普通に家族写真も風景でさえもきれいに撮れる機材です。

大体皆さんが口腔内写真を撮るときに使われる機材の中でもっとも特徴的なのはマクロレンズという近いところを撮るのに向いているレンズです。これがあるからこそ口腔内写真が撮れるといっても過言ではありません。でもこのマクロレンズは近いところに向いているんだけど、もちろん遠くのものも撮れます。

事前の説明がすごく長くなってしましましたが、それを理解していただいた上で、皆さんが最も知りたいであろう、撮る方法をお伝えします。

顔貌写真で重要な要素

ここについては重要なことが3つあります。それは
・焦点距離
・ストロボ
・願望写真用の設定
 です。

1.焦点距離

またややこしい言葉を出してしまいましたが、まず1つ目の焦点距離から行きましょう。

焦点距離というのは、どれだけの範囲を写すかを決める数字ですが、ややこしいのでここはシンプルに行きましょう。大体の口腔内写真用に使われているマクロレンズというのは焦点距離が60か90か場合によっては100とか105とこういう風にレンズに書いてあります。

これはこの数字が大きいほど、アップになると思ってください。

なので、もしも皆さんのお持ちのレンズに60と書いてあれば、少し狭めの部屋でも患者さんの顔貌写真が撮れますし、90とか100とか書いてある場合は結構離れないといけません

※ただ数字の大きいもののほうが写真で顔の形がゆがまずに写せるので、この焦点距離の大小によってメリット・デメリットがあると言えます。なので、ご自身の診療室の広さによって決めてください。

ちなみに顔貌写真を撮る時には、チェアに座ったままではなく、背景のシンプルな所に立ってもらって撮ることをお勧めします。

2.ストロボ

そして最後がストロボストロボというと、皆さん口腔内写真であればこういったストロボが付いていると思いますが、こういうストロボで写真を撮ると、写るんですみたいなレトロな雰囲気の写真になり、あまりきれいではありません。

リングストロボで撮った願望写真

そのため、ちょっと別でお金かかりますが、こういったストロボを手に入れてみてください。Amazonで3000円くらいでも買えるものもあるので、これは必須だと思います。そしてこれを手に入れたらこのストロボを上につけて、そして写真を撮るときにこうやって患者さんに向くようにするのではなく、上に向くようにしてください。

これをすると、光が上の壁に当たって跳ね返り、それが被写体に降り注ぐので、すごく優しい柔らかい写真になります。これをするだけで顔貌写真がものすごくきれいになると思います。

外付けストロボで撮った願望写真

あとストロボの強さは最大の1つ手前くらいで使ってもらってもらうといいかと思います。

3.設定

続いて設定行きましょう皆さんここが知りたいですよね。顔貌写真を撮るのに重要なのは口腔内写真の時と顔貌写真では設定が全く違うということです。

口腔内写真の時にはf20以上ss 1・200ISO 200で撮られていると思いますが。

F値 5.6~8
SS 1/200
ISO 200

ssとISOはまずそのままでいいのでf値を5.6~8くらいにしましょう。

そして撮るんですが、口腔内写真はピント合わせがシビアなのでマニュアルフォーカスといってピントリングを回したり自分が寄ったり離れたりしながらピント合わせしていたと思うんですが、こういった撮影においてはピントをカメラ任せのオートフォーカスにしましょう。

そのほうが簡単です。そして、カメラの構え方は横のままでも良いんですが、トリミングが少ないように縦にして撮った方が良いと思います。

そして、ストロボの強さや天井の高さによっては明るさがまちまちなので、最後にとった写真をもとに暗ければISOを大きくして明るすぎるようならISOを小さくしたりストロボの強さを小さくして対応してください。

もう少し細かい設定変更必要な部分もある

ということでここまで出来たら口腔内写真用のカメラで十分きれいな画質が得られると思うので、ぜひチャレンジしてみて下さい。もっと細かいホワイトバランスの概念とかもお伝えしたほうが良いと思いますが、もしも撮ってみて明るさは良いけど色が変とかそういう部分で困ったらコメントください。個別でお答えしようと思います。

今日の動画が役に立った 良かったという方は是非高評価ボタンお願いいたします。
では今日はこれで終わります。
良き口腔内写真ライフをお送りください。