口腔内写真の撮り方をマスターしよう

こんにちは 松島です。
兵庫で歯科医師をしています。
今日は

『口腔内写真の撮り方について設定編』というテーマでお話しします。

僕は口腔内写真を手軽に始めるための機材を紹介していて、結構たくさんの歯科医師の先生にページを見ていただいたり商品を購入していただいたりしているんですが、その中で、

『こんなに本格的な機材を使いこなせるかな?』

という質問とか不安の声が結構多いんですよね。
なので今回は口腔内写真の撮り方を説明しようと思っています。

今回と次回とで口腔内写真の5枚法術中写真についてお話しようと思います。

今回は口腔内写真の設定についてお伝えします!

まず今回の動画では口腔内写真を規格写真で撮る方法・設定についてお伝えして、次回具体的な撮影方法に関してお話します。設定が悪いとちゃんと撮れないので、最後まで見てもらえると嬉しいです。

このチャンネルでは、僕が歯科医師として、そしてカメラの機材好きとして、口腔内写真について研究した内容をシェアしています。

歯科医師や衛生士さん向けに【費用を抑えた機材紹介】や【分かりやすい設定や原理の解説】をテーマに発信していますので、そういったものに興味がある方はぜひチャンネル登録よろしくお願いします。

口腔内写真の設定においては
1.設定が重要
2.規格化された写真を撮ることを意識する

では今回撮っていく写真はこういった写真口腔内写真5枚法という撮り方です。

全体をしっかり一目で分かるように撮っていく最も基本的な撮影方法ですね。

そして治療中の記録の術中写真について。

これらについて重要なことが2つ

・1つ目は設定がすごく重要ということ

・2つ目は規格写真を意識していくことこの2つです。


では解説していきます。

設定が重要というのと、規格写真が重要ということですが、その意図はこれから先生方が撮っていかれる写真を同じ明るさ、同じ構図で撮るためにこの2つが重要ということをご理解ください。これができれば先生方がこれから残す全ての写真をきっちり診断の材料として使っていくことができて、治療によるBefore Afterの変化を読み取りやすくなります。

歯が写っていれば、患者さんに向けての説明程度には良いんですが、それだとせっかくの同じ時間を使って写真を残すのにもったいないなと思うんで、まず正式な方法を知っていただけると良いかなと思います。

今回は僕が今使用している機材でのやり方をお伝えします。皆さんお使いの機材でも一眼レフであればおおむね問題なく真似していただけると思います。

カメラの設定について

まずはカメラの設定です。
カメラにはいじるところがいくつかありますが、
今回触るのはF値シャッタースピードISO感度です。

・F値が25程度

・シャッタースピードは1/200

・ISO感度は200

この辺の詳しい設定の詳細はいろんなサイトで分かりやすく説明があると思いますので、それを見ていただけたらと思いますが、とりあえずは、カメラをいじって設定の数値だけ真似していただけたら大丈夫だと思います。

ストロボの設定

TTLモード(カメラのオートモードみたいな機能)で十分ですが、
こだわる方はM(マニュアモード)がオススメです。
僕はMモードで撮ります。

レンズの設定

で、続いてレンズの設定です。これは細かいですが重要なところです。

規格写真という常に同じ距離で、同じ構図で写真を撮る写真のことです。

そうすることで時間の経過とともに歯がどう変わっていったかが分かりやすいです。

それを行うための設定をお伝えします。

まずレンズの設定をマニュアルフォーカス(MF)というモードにします。
これをすると、シャッター半押しでピントが勝手に合わないので、自分でカメラを近づけたり遠のいたりしてピントを合わせていきます。

このスイッチをMの方にすることでマニュアルフォーカス(MF)になります。

で、その中でレンズの中に1:1とか1:2とか1:3とかそういった数字があるのでその部分を自分で回して意図する数値に合わせてから、写真を撮っていきましょう。

この項目はカメラの種類によって変わるので、分からない方はコメントで、先生方のお持ちのカメラの機種を教えていただければ、細かく解説します。

目安としては口腔内5枚法の時は
・APS-Cのカメラの場合1:3
・フルサイズのカメラなら 1:2

術中写真の場合は
・APS-Cのカメラなら1:2
・フルサイズなら1:1.5
このあたりの数値に合わせてもらえれば毎回適切な大きさで、写真が撮れます。これは非常に重要な基本なのでぜひ押さえてください。

毎回を全く同じ構図や同じ明るさにすることはできませんが、こうして設定が変わりさえしなければ、少なくとも毎回撮っている写真が全然違うバラバラな明るさや色味ということにはならないと思います。

もちろんマニュアルフォーカス難しいという方も多いと思います。

『ぜひ練習して慣れてください』

と言いたいところですが、まあオートフォーカス(AF)にして撮っても規格写真にはならないですが口腔内5枚法は撮れるので、どうしても難しければそういった方法をお使いください。

オートフォーカスとマニュアルフォーカスの部分についてもまた詳しく解説する記事や動画を作ろうと思いますので、もし良かったら見てみてください。

ということで、今日は口腔内写真の設定についてお話しました。

今日のまとめ

今日の情報をおさらいしましょう。

カメラの設定が
・F値25程度(APS-C) ※フルサイズなら25~32程度
・シャッタースピード1/200
・ISO感度 200

そしてストロボがTTLモードか Mモードで任意の明るさをという所です。

そしてレンズの設定は5枚法の写真だとフルサイズのカメラなら1:2 APS-Cのカメラなら1:3術中写真は好きな画角で良いですが目安としてはフルサイズのカメラなら1:1.5。APS-Cのカメラなら1:2に設定すればいいと思います💡

細かい所で不明点がありましたらぜひコメントで聞いてください。お答えします。

また次回実際の撮り方についてお話していきます。その他詳細な設定項目についても動画で作っていきますのでもしよかったらチャンネル登録していただいて、チェックしてみてください。

では今日はこれで終わります。

YouTubeでもお話していますので、音声で聞きたい方はチャンネル登録よろしくお願いします!!