こんにちは 松島です。
兵庫で歯科医師をしています。

今日は以下のテーマでお話しします。

口腔内写真にコスパの良いツインストロボ~Godox MF12~

以前僕はツインストロボとリングストロボの差についておはなししましたが、今日はツインストロボについて扱い方をお話していこうと思います。

僕はこのツインストロボで撮る写真がすごく好きで、自分が口腔内写真撮る時にはツインストロボ以外使いたくないという風に思っているんですね。

リングストロボは簡単便利という感じなんですが、若干光が均一に当たってのっぺりした雰囲気になって画質が今一つ。ツインストロボはめちゃくちゃ良い感じに撮れるんだけど、ちょっとカメラの知識がいる。さらにいつも紹介しているリングストロボと比べるとツインストロボが高いんですが、今回比較的安めでいい製品が出てきたので今回それを紹介していこうと思います。

このチャンネルでは、僕が歯科医師として、そしてカメラの機材系YouTuberとして、口腔内写真について研究した内容をシェアしています。歯科医師や衛生士さん向けに【費用を抑えた機材紹介】や【分かりやすい設定の解説】をしていますので、そういったものに興味がある方はぜひチャンネル登録よろしくお願いします。


では解説していきます。

Godox MF12

僕が今使用しているツインストロボはこちらGodoxのツインストロボです。商品リンクは概要欄に貼っておきますので是非それも見てみてください。

GODOX MF12マクロフラッシュは以下のリンクを掲載お願いします。
1灯キット:https://amzn.to/3xYZgPS
2灯キット:https://amzn.to/3iMGbvN
4灯キット:https://amzn.to/3siCP6V
10%OFF プロモーションコード:
8TJ3TTL8
開始日        
2021/09/07 22:00JST
終了日        
2021/09/14 22:00JST

この製品はかなり高いことが多いツインストロボを身近にしてくれる比較的低価格で高性能というので非常にありがたい存在です。

で今日の構成としては
1.ツインストロボの概要
2.ツインストロボのセッティング
3.設定方法
4.応用的な使い方
この流れで解説していきます。

ツインストロボとは

まず解説の前に一応作例というかツインストロボの写真を見ていただきましょう。僕が実際の診療室で撮った写真です。

前回ツインストロボとリングストロボの違いに関する動画を投稿したので、それを見ていただけたら嬉しいです。

1.ツインストロボの概要

まず概要を説明すると、今回紹介する機材は2つの物から成り立っています。

電波を飛ばす送信機と、電波を受けて光るストロボの発光部です。細かい使用方法は後ほど解説しますが、こういう仕組みで、この2つを手に入れてもらう必要があります。

2.セッティング

続いてはセッティングしていきましょう。まず必要なものをお話しします。

・Godoxのツインストロボ MF12というフラッシュ
・Godoxのストロボ送信機 X2T-NもしくはX-Pro Nというもの

これはどちらでも大丈夫ですが今回僕は若干良い方のXproNの方を使用してお話していきます。これらの送信機には各社メーカー毎の物があるので、概要欄にはNikonのカメラ用の物を貼っておきます。

まずこのMF12の方ですがこの製品はこういうボックスに入っています。まずレンズの先にリングをつけます。フィルター径ごとに何枚かリングが入っていて、お持ちのレンズに合ったものを用意して、ねじ込んでください。

で、ねじ込めたらそこにさらにその先に付属のリングを取り付けてください。(動画参照)

ここまで出来たらもう少しですが、こうやってストロボ本体を取り出して、このリングの裏面見ると一部凹む部分があるので、そこに入れてもらって、大体ストロボが両サイドになるようにしたら準備は完了です。

これでストロボの設置は完了です。

つづいてカメラに送信機を取り付けます。まずカメラのホットシューという部分にこの発信機をつけます。そして、電源を入れましょう。

ストロボのペアリング

こっからはややこしい部分になりますが、この発信機とストロボを同期させる必要があります。そこで覚えておいていただきたいのは、チャンネルグループです。

まずチャンネル(CH)について。
に関してはテレビのチャンネルと同じです。この送信機から1~32のチャンネルどれに向けて電波出しますというのを決めて、このフラッシュも同様にどのチャンネルから電波を受けるかを決めます。お好きなチャンネルを選んでください。僕は2チャンネルを使用しています。

まず送信機をチャンネル2に合わせる。そしてストロボ側も2チャンネルにする。これで1段階クリアです。

その次がグループ(GR)です。
グループの説明は長くなるので、ここは省いて、今回は発信機もストロボも全て同一のものにしてください。今回だとグループAというものに合わせてください。

ここまでできると送信機を押すとストロボが光る。こういう状況が作れました。これでセッティングが終了です!

3.カメラストロボの設定

ここまで大丈夫でしょうか?無線とかチャンネルとかややこしいと思いますが、ここまでいけたらもうほとんど終盤なのでご安心ください。

最後が重要な露出の設定ですよね。ここに関してはカメラ側の設定とストロボの設定に分けて説明します。

まずカメラの設定。
これに関してはいつもと同じです。
大体f25 固定ss1/200 固定ISO 200~800このあたりで良いかなと思います。これで基本設定は良いんですが、もう1つ気を付けるのがホワイトバランス(WB)です。

ストロボごとに若干光の色が違うので、今回のストロボの場合はWBをK指定できるカメラであれば5600くらいに合わせて、撮ってみて微調整することをおススメします。

続いてストロボの設定しましょう。
今回設定するのは1つだけ、光の強さですよね。こういうツインストロボの場合はこの送信機が本体で、発光部はサブみたいな感じなので、この本体の送信機をいじって光の量を調整します。

グループAに設定しているので、グループAの光量を調整するボタンを押して、ダイヤルをくるくる回して1/8に合わせます。僕はいつも90㎜のレンズにISO200でこのストロボなら1/8という光量を使用しています。

これはレンズとかカメラによって若干明るさが異なるので、これでも暗ければ1/4にして使ってもらったり、ISOを変えて微調整してみてください。

とりあえずこれだけできれば口腔内写真で良い感じに撮っていくことができますし、これくらいのきれいな口腔内写真は撮れますので、ぜひ参考にしてみてください。

4.応用的な使い方

で、口腔内写真に関してはこれだけで十分なんですが、このストロボというかこの発信機があれば応用的な使い方ができます。

たとえばこういうV860iiiとかTT600というGodoxのストロボを持っていれば、無線で飛ばして写真を撮ることができるので、例えば顔貌写真なんかで結構かっこいい写真館みたいな写真が撮れたりできます。そこまでされることはあまりないかとは思いますが、こういう使い方も面白いと思いますので、もし参考になれば嬉しいです。

今お話ししたストロボなんかは全て概要欄に載せておきますので、興味あるものはそこからチェックしてみてください。

また僕は口腔内写真用の機材のセットを設定済ませて先生方のクリニックにお送りするようなサービスも行っていますので、もしも先ほどの設定の動画ではどうしてもわからないから、やってほしいというような方は、BASEというECサイトの方から商品ご購入いただけたらと思います。

今日の動画が役に立った 良かったという方は是非高評価と チャンネル登録 よろしくお願いいたします。
このチャンネルでは口腔内写真の機材や設定についてお話していきますので、そういったものを学んでいきたい方は是非次の動画でお会いしましょう。
では今日はこれで終わります。松島でした。