まずは3万円で一眼を始めてみよう


こんにちは マツです
今日は『3万円で一眼を始めてみよう』というテーマでお話しします。

僕は人と話していて『カメラをやってます』とか 写真サークルやってますとか言うと、多くの場合『カメラって難しいですよね』とか『持っていたけど挫折した』みたいな感じで言われることが多くて、『ああやってない人からすると そうなのかな』と 思う事も多いです。
それに次いでカメラって高いよねとか 言われたりめっちゃ金かかる趣味だと言われる事も多いです。

じゃあ本当にそうなのか?カメラって金がかかる趣味のか?
そう考えた時に

そうじゃない手段を提案しよう!

そう思ってこの動画を録りました。

なのでこの動画ではなるべくお金をかけずにカメラを楽しむ方法、そしてその機材選び ということで3万円でカメラとレンズを購入して楽しんでいけるようなセットを紹介できたらと思っています。
カメラを始めるかどうか、スマホでもいいのかそう迷っている方は是非最後まで見ていってください。

このチャンネルでは僕が機材に総額200万以上使って手に入れた知識を元にコスパの良いカメラ機材について紹介しています。またNikonのカメラを使用しているのでそういったものに興味ある方はぜひチャンネル登録お願いします!

ではまず結論ですがカメラは基本的にめっちゃ金かかります!
周りの多くの人がカメラにはまるとすごく機材にお金をかけてる感じがします。

でも、安心してください。

お金をかけなくても 十分楽しめるし、みんな好きで金をかけているだけなのでお金をかける楽しみ方も お金をかけない楽しみ方も選ぶことができます。

まずは今回紹介する機材で3万でカメラを始めてみてそこからどうするか判断しても遅くないと思っています。
ではこれについて深堀していきましょう

僕は普段コスパの良いカメラ機材について紹介していて一つの自分の中での区切りが10万円以下のコスパの良い機材を紹介する!という所なんですね。
で、カメラをやっていない人からすると
『え10万円!?』いやいや 感覚おかしすぎだろ十分高いよと思われるかもしれないけど、結構カメラのレンズとか本体って20万とか30万くらいするものとかも増えているんですね。
なので物によっては10万以下ならコスパいいとかレンズが5万以下ならかなり安いみたいな感じになってきているんですが、やっぱり自分がカメラ始めた時の感覚に戻ると5万とかってまあまあ一大決心が必要なレベルの出費だと思います。
特にスマホで十分な画質が得られる今の時代にそんなカメラいらないでしょみたいな感じだと思います。

なのでもっともっと敷居を下げて 限界ギリギリカメラとレンズで3万 これだけ安いものを一度紹介します。

はまるかわからない機材に10万円かけるのは博打ですが、3万ならぎりいけるという人にこうした機材でハマるなら 場合によっては追加の機材を手に入れたり、逆にやっぱりスマホがいいじゃんてなるようなら カメラは諦めたり そういう感じの一つのお試しに使ってもらえたら嬉しいです。

まずカメラというとこれから始める人にとってはこういった一眼レフっていうのがいわゆるカメラ だと思います。もしくはちょっと詳しく調べた人ならミラーレスっていうものもあると知ってるかと思います。

この一眼レフとミラーレスの違いはここではお話しませんが、ざっくり言うとこの辺が いわゆる 一眼といわれるカメラです。
で、一眼というのはカメラボディと レンズの2つを組み合わせて効果を発揮するものです。たまに質問で『ボディだけで写真は撮れますか?』と聞かれるんですが、その答えとしては写真は撮れますが、何も写りませんやっぱりちゃんとした写真を撮るにはレンズが必須なんですね。
なので一眼を買うということは基本的に カメラとレンズを買うということだと 理解してください。

だいたい家電屋さんに行くといくつもカメラ売ってますが、それはたいていカメラとレンズをセット売りしているんですね。
だいたいのところで不便のないような無難なレンズをメーカーさんが これが良いんでしょ?という感じでセットで売ってくれているんですね。
で、そもそもそんなものは存在しないかもしれないけど5万円以下とかで安いセット売りの新品のカメラは画質に微妙なことが多いので個人的にはおすすめしていません。

なので 僕がおすすめする買い方というのは
・中古で
・しかも機能を絞る事
これです。

カメラというのはどんどん進化しています。
新しいものの方が基本的には良いカメラです。色んな意味で。
でも実は10年前くらいには結構画質が完成していてそこから先はちょっとでも小さくとか暗い所でもきれいにとか もっとピント合わせを早く正確に とかそういうところ なんですよねなので実は10年前くらいのカメラを買ってもめっちゃ綺麗ということもあります。

ちなみにこれは12年くらい前のカメラでこれが2-3年前のカメラで撮った写真がこれと これ ほとんど差が分からないですよね。
こんな感じです。
予算が結構ある場合には 当然新品とか新しい製品の方がオススメですが、そうじゃない人には しかも抵抗がない人なら中古のカメラをオススメしています。
中古のカメラに目を向けると 5万円もあれば、ものすごい当時のプロが使っていたようなカメラまで選べたりするのでかなりコスパが良い選択できると思います。

で続いて機能を絞ることですがカメラについてくるレンズですが、ズームのできるレンズとズームの出来ないレンズがあります。
ズームができないというのはスマホのカメラのレンズが切り替えられない感じをイメージしてもらえたらと思いますが物を大きく写すのに自分が近づいたり、広く写すなら自分が遠のいたりそういう感じで使う必要があって。
ズームできるレンズというのは自分が同じ位置にいながら寄ったり引いたり と色々することができるでもちろんズームできるレンズの方が便利なんですがズームできるレンズというのは同じ値段帯のズームできないレンズよりも画質が悪めになるという傾向にあります。
なので、かなり費用を抑えて それできれいな描写をということなら極力便利さとは引き換えに 比較的画質が良い ズームできないレンズ単焦点レンズというものを購入するのがいいかなと思います。

こういった背景を知っていただいたうえでカメラ・レンズを選ぶと すごく安く それでいて良いものを手に入れられると思います。

ということで非常に前置きが長くなりましたがようやく機材の紹介に入ります。
ここで僕が紹介する3万円以下のカメラは

Nikon D7000 というかなり古い一眼に

DX35mmF1.8というNikonのレンズです。

このセットであれば 中古を使えばたった3万円でそれでいて ものすごくきれいで 背景もぼかせたり 高画質な写真が撮れます。
覚えてられないという方は概要欄にリンクを貼っておくのでチェックして見てください。
このカメラは僕も仕事用のカメラとして今使っていてものすごくコスパ良くて最高なんですけど、写りも全く今のカメラと遜色ないんですよね。このカメラ自体は2008年の発売とかなんですが当時のプロカメラマンとか 場合によっては今でも使われている方もいるくらいものすごい信頼性の高いカメラなので性能自体は折り紙付きです。

もちろん今のカメラについているような無線機能とかそういった便利機能はありませんがカメラをやってみたい方って良い写真が撮りたい というのと同時にこうやって写真が撮りたい という方も多いんじゃないかと思いますがこうしてファインダーを覗いて写真を撮った時の撮ってる感 気持ちよさ そういったものはものすごく味わえると思います。
今主流のミラーレスもすごく良いんですが、どうしてもその辺はミラーレスよりも一眼ですし、ミラーレスでこんなに安いものだと    ちょっと壊れてないか心配だけどこういったNikonの一眼レフは まあ大丈夫だと思うのでぜひチェックして見てください。これのセットを使ってみてそして、もっとはまりそうだなとか もっとこういう場面でうまく使えるレンズやカメラが欲しいという感じの 必要性があれば新しいレンズや新しいカメラにチャレンジしてもいいし、場合によってはこれさえあれば もうそれ以上には必要ないという感じになることさえあるセットかなと思うのでカメラが高いということでカメラ自体を始めるかどうか迷っている人にはこういうものでお試しをしてもらえたらと思います。

今度『写真趣味が最高な理由』という動画を作ろうと思ってますがカメラの趣味は本当に楽しいし やっててよかったというようなことがたくさんあるのでぜひ 迷っている人なら 気軽にスタートしてもらえたら嬉しいです。

ぼくはこれからもコスパの良いカメラ機材について紹介していきますし、Nikonのカメラを使用して動画を作っていきます。
今日の動画が役に立った 良かったという方は是非高評価と チャンネル登録 よろしくお願いいたします。
また兵庫で写真サークルをやっていますのでぜひご連絡ください。
では今日はこれで終わります。

10万円以下のオススメミラーレス5選

【この記事の目的】

これからカメラを始める
もしくは本格的にカメラに はまっていく際にちょうどいい
10万円以下という価格で
オススメのミラーレスカメラを紹介すること

こんにちは マツです!

兵庫で写真サークルを運営してます。

半年前にYouTubeで投稿した同名の動画が1万回再生を超えて、
今も見た方から質問のコメントをいただけるので
この度記事にしてみようと思いました。

これからカメラを始めようという方にとっては
カメラ機材の価格というのは高いですよね。。

今では『このカメラが10万とかただみたいなもんだな!』とか
完全に金銭感覚がおかしくなってしまいましたが、
ほんの2年前には僕も
『さすがに機材は多くても10万円に抑えたいな』と思って
いろんな商品を見ていました。

今カメラにはまってからも
根がケチなので
高くて性能がすごくいいカメラよりも
コスパに優れるカメラの方が気になっています

そのためいろんな商品レビュー動画や記事
実際に触れてきた経験などから
この度10万円以下のオススメミラーレスを紹介します!

少し前に作った動画なので
リアルタイムに今のbest5ではない点もありますが
今見ても実際そうだなというような内容なので
動画から大きく変えずに
必要なところに補足していこうと思います。

10万円以下のオススメミラーレス

  • Canon EOS M5
  • Olympus OMD EM5 Mark2
  • Fujifilm x-t2/x-t20
  • Sony α6400(α6100)
  • Sony α7s/α7ii

以上が僕のオススメするミラーレスの
best5です

一つ一つ詳しく説明していきます。

第5位 Canon EOS M5

これはCanonのミラーレス
EOS Mシリーズの上位機種です。

Canonの色味というと
独特というか、こってりした色味で
人を撮った時に華やかで品のある仕上がりになる傾向にあるのですが、
それをミラーレスで使用でき、
さらに一眼に近い上質なボディの質感や操作感を得られるのがこの
EOS M5というモデルです。

写真機としてのCanonの実力はもう言うまでもなく
折り紙つきですので
その性能をしっかりと乗せた機体です。

最近発売されたEOS M6という機種は
かなり高性能ですが
新しいカメラになるほどいろいろな機能は追加されますが
ベーシックな撮影においては実際に撮れる写真は大きく画質は変わりません。
このモデルも型落ちになっても十分使っていけると思います。

EOS Mシリーズというと
CanonからはEOS kissMというものすごく売れている
エントリーカメラがあって、
動画のコメントでも そちらの方が良いのではという意見をいただいたのですが、
それでも僕はこちらのモデルの方が良いのではないかと思っています。

なぜなら
EOS kissMはカメラ任せのオートモードを使うこと前提のカメラで
中級者意向では、かえって使いにくいカメラになってしまうからです。
またボディの質感もM5は非常に優れているので、
カメラを始めて持った方の満足感も満たせるカメラになっているからです。

このカメラ自体は実際に使ったことはないので
詳細な使い勝手やバッテリーについては論じることができませんが
性能が間違いないことは確かです。

【EOS M5はどんな人にオススメ?】

家族などの人の写った写真を、カメラ任せできれいに撮りたい
おしゃれでかわいらしいCanonのカメラを使いたい方

  【EOS M5の弱点】
ただし、EOS M シリーズには弱点があります。
これは特にカメラにはまっていくとぶち当たる壁になると思うのですが
EOS M というのは EF-Mマウントというレンズのラインになり
Canonの一眼レフで使うレンズというのがそのまま使うことができません。
一眼カメラというのはレンズの性能によって
撮れる写真が大きく異なるので
レンズに制限があるのはカメラにはまった後では足かせになります。
もしもこの先も長くカメラを続けていきたいと思っている方は
別のものを検討してもいいのかもしれません。

EOS M5レンズセット

標準単焦点レンズ

第4位 Olympus OMD EM5 Mark2


これは僕もずっと使ってきていて
最高にコスパの良いカメラだと
思っている機種
マイクロフォーサーズ規格の
Olympus OMD EM5 Mark2です!

OMD EM5 Mark2 +縦グリップ

Olympusには特に女性に人気のPen シリーズと
防塵防滴性能や機能性に優れたOMDシリーズがあり
そのOMDシリーズのミドルグレードのEM5の2世代目がこのカメラです。

最近新世代のEM5Mark3が登場して、
それでもまだ見劣りしない性能から逆に注目を浴びたモデルです。
過去に動画にしてみたのでお時間あるときに見てみてください。

ミドルグレードとはいえ上位モデルに引けを取らない性能で、
いくつか特筆すべきものがあります。

  • 圧倒的な価格の安さ
  • 圧倒的な手振れ補正
  • 軽量コンパクト

価格は型落ちなのと少し古いモデルなので、中古を探すと状態の良いものが
3万円台で見つかります。

手振れ補正に関しては、今まで他のメーカーを使用していた人は
その差に驚くと思うのですが、
その圧倒的な効きは、ファインダーをのぞきながら
撮った写真を見ているのか、今から取る被写体を見ているのか
間違えることもしばしばになると思います。

通常の一眼レフカメラと違い
センサーのサイズが一回り小さい
マイクロフォーサーズというサイズのセンサーを搭載しています。

センサーサイズ比較

センサーサイズが大きい
ほど画質面では有利なので
通常の一眼レフなどに比べると不利な場面もあるのですが、
その代わりに
ボディもレンズも
ものすごくコンパクトなのがOlympusのカメラのすごく魅力的なところです。

特に登山をしたり旅行にもっていくことを前提に考えられている人にとっては
防塵防滴性能もあって このOMDシリーズは最高の相棒になってくれると思います。

【このカメラのデメリット】
・バッテリーの持ちが結構悪い
・レンズ性能によって 画質がスマホクオリティに近いものになる。
・手振れ補正はすごいが動画性能が少しいまいち

OMD EM5 Mark2はどんな人にオススメ?

・軽量コンパクトな機材をもって写真を楽しみたい人
・風景を撮る人(ボケ味よりシャープな写真を好む方)
・手軽に写真も動画も楽しみたい方
 (そこまでこだわっての動画撮影には向いていません)


第3位 Fujifilm x-t2 / x-t20

第3位はFujifilmのカメラです。

Fujifilmというと、初心者の方にはチェキとか写るんです
のイメージが強いかもしれませんが、
カメラをやっている人にとっては結構人気のカメラで、
カメラ仲間もいろんなメーカーを使ってきて
『最終的にFujifilmに落ち着く』
みたいなカメラ好きのあこがれメーカーのような位置づけだと
個人的には思っています。

Fujifilmのカメラは独特の操作感で
他のメーカーと一線を画しているのですが
ポイントは
お洒落な外観 (カメラ触ってるなーという実感がわきやすい)
フィルム調のエモい写真がシャッター押すだけで撮れる

という2点だと思います。

独特の操作感なので
他のメーカーから入った人は
若干戸惑う可能性もありますが、
これから始める方にとってはあまり関係ないかもしれません。

お洒落な雰囲気でファッションにも合いやすいし
写真もカメラ任せでいい感じに撮れる

インスタグラム等にも最高のカメラですね!

今回紹介しているのは
xt2…もともとプロ用機として使われていたくらいのスペックの
xt20…xt2を性能少し落としてコンパクトで安価にしたモデル

の2つです。
どちらも同じセンサーが使われているので
撮れる写真に基本的な差は生じませんが
よりしっかりとした撮影にも使えあるようなカメラを希望される人はxt2

お洒落な雰囲気で手軽にいきたい方向けのxt20というすみわけでいいと思います!

Fujifilm xt2 20はどんな方にオススメ?

見た目も撮れる写真もエモい のがいい!という方
独特の操作感 で フィルムカメラを触っているような感じが良い方
人と被らないカメラを使用したい人


第2位 Sony α6400

第2位はSonyから去年発売されたα6400というカメラです。

Sonyにはα6000番台と5000番台というapscセンサーのミラーレスカメラと
α7系というフルサイズセンサーのミラーレスカメラがあります。
(実はSonyにも一眼レフのカメラもありますが、ここではおいておきます)

その中でもα6400はAPSCのカメラの中では
ミドルグレードのモデルで
初心者の方にも簡単でものすごい性能を提供できる
かなり革新的なカメラです。

僕のやっているカメラサークルの中でも
このカメラを使用している人が5名程度いて
圧倒的に最も使用者の多い機種になります。

このカメラにはいくつかの特筆すべき点があります

・軽量コンパクト

・かなり高性能なオートフォーカス

・自撮りできるフリップスクリーン

この小型ボディで世界最高レベルのオートフォーカス性能がついており
リアルタイムトラッキングと呼ばれる
人の瞳を追いかけてピントが外れない性能や
動物の瞳にもピントが合う機能は
このカメラが発表された時にはすごく特集されて話題になりました。

またこれからYouTube等で自撮りで写真を撮りたい
自撮りの動画を撮りたいという方にもすごくお勧めの機材で
ほとんど欠点のないカメラとなっています。

あえて上げると手振れ補正がついていないという点ですが
基本的に写真を撮るのには大きな違いはありませんので
ある程度無視してもいいのかなと思います。

α6400はどんな人にオススメ?

・この価格帯で最高レベルの性能のカメラを手に入れたい人
・これからYouTubeやVlogで自撮りをしたい人
・動き回り始めたお子さんのいるご家庭をお持ちの方

このカメラを10万円以下で買うには
中古の活用と、価格の安いレンズを組み合わせる必要がありますのでご注意ください。
もしも費用をもう少し抑えたい場合は
α6100という下位グレードのものがありますので、
それもチェックして見てください!


第1位 Sony α7S / α7ii

ついに第一位です。

さきほどもSonyのカメラα6400を提示しましたが、
これもSonyのフルサイズカメラ2つを提示します。

僕はどちらのカメラも使用したことがあり
その経験からお話しします。

ぶっちゃけ、僕はα7s>α7ii と思っているのですが
α7iiというのは最高のコスパカメラといわれているし
実際にいろんな場面を想定すると7iiの方が便利だなと思うので
同率でランクインさせました。

このカメラは今までの2位~5位のカメラと違い

フルサイズセンサー 搭載のカメラです

Olympusのところでセンサーのサイズ比較を出しましたが、
現状一般的に販売されるカメラの中で最も大きな(中盤センサーを除く)
センサーを搭載したカメラです。

センサーが大きいといろんな利点があるのですが
(初心者の人は画素数を見るよりも
センサーの大きさを見る方がそのカメラの画質の予想はしやすい)
暗いシーンでもノイズが乗りにくい
・背景がぼかした写真を撮りやすい
・多くの場面で高画質になりやすい

もちろんデメリットもあって
カメラレンズが大きくなりやすい
・価格が高価になりやすい

という面もあります。
ただし画質の面ではセンサーが大きいほうが圧倒的に有利です。

そしてSonyのカメラはフルサイズカメラのわりに
ボディがコンパクトで、
よりセンサーの小さな一眼レフよりも軽量コンパクトですし、
以前よりもサードパーティー製のレンズが充実してきたことで
安くで使えるレンズの選択肢もかなり増えてきました。

そのためかつてのフルサイズカメラのデメリットが
あまりあてはまらなくなってきました。

どうせスマホより大きいミラーレスカメラを持っていくのであれば
良い画質で撮影できるカメラの方が良いのではないかというのが僕の意見です。

良いところはたくさんあるのがα7のカメラなのですが
基本性能が今まで紹介したカメラよりかなり高いので
逆に説明しにくいほど 優れたカメラです。

α7iiの方は手振れ補正がついていて写真にも動画にも便利で
α7sはどんな暗い環境でもきれいに撮れるのがメリット

オールマイティを求めるならα7ii
写真性能や星空の撮影などを求める場合にはα7s

ちょっと偏った意見ですが
そのような感じでいいかと思います!

α7s / ii はどんな人にオススメ?

・今後も長く使える本当に良いカメラを始めから使いたい方
・コンパクトさも画質も妥協したくない方
・星空の写真を撮りたい方

長い文章にお付き合いいただきありがとうございました。
半年前に説明した内容ですが、
今見てもこのランキングは我ながら悪くないなと思います笑

この記事が皆様のカメラライフのスタートに
お役立ちできたらすごくうれしいです。

マニュアルモードで写真はもっと楽しい

こんにちはマツです
兵庫で写真サークルをやってます。

先日こういった動画を投稿いたしました。

写真を撮るうえでマニュアルモードを使うとすごく楽しくなるという内容でした。

動画の内容をまとめると

1.設定をカメラまかせにしない事でこだわりの写真が撮れる

2.マニュアルモードは初心者の方が思っているよりも簡単

3.マニュアルモードを知ると応用が利く

その中で時間の都合で短縮した2.のマニュアルモードが簡単という内容についてもう少し解説しましょう

これはデジタルカメラ限定です。

とはいえ今フィルム写真を撮る方はほとんどいないでしょうが、(そういう人はすでにカメラの知識はすごく詳しいですね)

特にミラーレスを使用している方はマニュアルモードがすごく簡単になっているのでぜひチャレンジしてみてください!

では実践
手順は以下の通り

まず実際にカメラを持って何か被写体を見つけてくださいね

1.まず背景をぼかしたいかどうかで絞り(F値)を決める

2.手ブレしないようなシャッタースピードに設定する。

3.明るさが暗ければISO感度を上げる

3’.逆に明るくなりすぎている場合はISOを100に設定してシャッタースピードを上げる

4.一度撮ってみた写真を見て、もっとぼかしたい、ぶれないようにしたい
 等があれば設定を触り目標に近づける

5. 4.の繰り返し

簡単じゃないですか?

これを急いでやれといわれると難しいかもしれませんが、動かない物でやってみるとすごく簡単だと思います。
特にミラーレスの場合、ファインダーやモニターに撮れる写真と同じ明るさで表示されているので、特に4.の作業があまり必要ないのでもっと簡単です。

ただここで注意してほしいことがあります

最初に決めるF値は写真の印象を大きく変えるので、明るさの調整によほどでなければ使用しないでください。

つまりピントの合う範囲を狭くしたいか、広くしたいかを決めたら明るさの調整はISO感度とシャッタースピードでした方がいいです。

でなければ、色々な設定をいじった結果 どうしていいか迷路に迷い込みます。

シャッタースピードはぶれない速度に
そしてISO感度は明るさを保てる範囲で一番低く

そうやって繰り返していくと、どのように設定していけばいいかがわかってきます。

ちなみに

設定がなかなかうまくいかない場面もあると思います

特に意外と、というかすごく難しいのが

薄暗い屋内や夜での集合写真

これはカメラやストロボや三脚がないと難しいことも多いです。

人が何列にもなるとF値を大きくしないといけないですし、全員がちゃんと写るようにすると写真が暗くなるので、シャッタースピードを遅くするかISO感度を上げるしかなく、ぶれた写真かすごくノイズにの入った汚い画像になることが多いです。

とくに集合写真では相手がいるため、短時間で設定しないと焦ってしまうという点もこの撮影を難しくさせます。

困ったときはカメラにストロボをつけよう

ではどうするかというと、そういう場面ではストロボを使ってみましょう。
上の写真はいずれもストロボを使って撮影しています。
ストロボをうまく使えるようになると写真の幅か広がりますが、
ストロボも多くの場合マニュアルモードでの撮影ができないと使用しにくいです。

ですのでまずはマニュアルモードを使ってみて、写真の明るさの作り方を知って
その上でストロボを使って見てください。

そうするとものすごく写真の幅が広がり楽しいですよ

集合写真についてはまた動画を作ってみようと思います。

この記事が少しでも参考になったら幸いです。