口腔内写真用カメラで顔貌写真は撮れるのか?

こんにちは 松島です。兵庫で歯科医師をしています。

今日はこういったテーマでお話しします。

口腔内写真用の機材で顔貌写真は撮れるのか?

僕はこうしてyoutubeとかブログで口腔内写真に関する情報を発信しているんですが、その中で結構多くの人が、『口腔内写真用のカメラで顔貌写真撮れますか?』と質問されるんですよね。

で、今でこそ僕もカメラにめちゃくちゃ詳しくなってきたんですが、2年前くらいまでは、そのあたりが良く分かりませんでした。口の中専用で、近いところしか取れないんじゃないか?そう思いますよね。

なので今日の動画ではそこについてお話していこうと思います。

結論、口腔内写真用のセットで顔貌写真撮れます。
というかかなりきれいに撮れます。

で、かなりきれいに顔貌写真は撮れるて、その機材のままでも撮れるんですが、簡単に高画質に残すことができる方法についてお話していきますので、ぜひ最後までチェックしてみてください。


設定の前に知っておいてほしいこと

まず方法についてお話しする前に皆さんに知っておいていただきたいことがあります。それは僕は口腔内写真カメラセットといっていますが、口腔内しか取れないカメラはないということです。

色んな口腔内写真を撮るためのカメラアイスペシャルとかソニックテクノとかありますが、ああいったものも口腔内写真に向いているカメラというだけで口腔内写真以外も普通に撮れます。特に僕が扱っているセットなんかは、純粋に口腔内写真に向いたカメラとレンズとストロボをそれぞれ集めて紹介しているだけなので、普通に家族写真も風景でさえもきれいに撮れる機材です。

大体皆さんが口腔内写真を撮るときに使われる機材の中でもっとも特徴的なのはマクロレンズという近いところを撮るのに向いているレンズです。これがあるからこそ口腔内写真が撮れるといっても過言ではありません。でもこのマクロレンズは近いところに向いているんだけど、もちろん遠くのものも撮れます。

事前の説明がすごく長くなってしましましたが、それを理解していただいた上で、皆さんが最も知りたいであろう、撮る方法をお伝えします。

顔貌写真で重要な要素

ここについては重要なことが3つあります。それは
・焦点距離
・ストロボ
・願望写真用の設定
 です。

1.焦点距離

またややこしい言葉を出してしまいましたが、まず1つ目の焦点距離から行きましょう。

焦点距離というのは、どれだけの範囲を写すかを決める数字ですが、ややこしいのでここはシンプルに行きましょう。大体の口腔内写真用に使われているマクロレンズというのは焦点距離が60か90か場合によっては100とか105とこういう風にレンズに書いてあります。

これはこの数字が大きいほど、アップになると思ってください。

なので、もしも皆さんのお持ちのレンズに60と書いてあれば、少し狭めの部屋でも患者さんの顔貌写真が撮れますし、90とか100とか書いてある場合は結構離れないといけません

※ただ数字の大きいもののほうが写真で顔の形がゆがまずに写せるので、この焦点距離の大小によってメリット・デメリットがあると言えます。なので、ご自身の診療室の広さによって決めてください。

ちなみに顔貌写真を撮る時には、チェアに座ったままではなく、背景のシンプルな所に立ってもらって撮ることをお勧めします。

2.ストロボ

そして最後がストロボストロボというと、皆さん口腔内写真であればこういったストロボが付いていると思いますが、こういうストロボで写真を撮ると、写るんですみたいなレトロな雰囲気の写真になり、あまりきれいではありません。

リングストロボで撮った願望写真

そのため、ちょっと別でお金かかりますが、こういったストロボを手に入れてみてください。Amazonで3000円くらいでも買えるものもあるので、これは必須だと思います。そしてこれを手に入れたらこのストロボを上につけて、そして写真を撮るときにこうやって患者さんに向くようにするのではなく、上に向くようにしてください。

これをすると、光が上の壁に当たって跳ね返り、それが被写体に降り注ぐので、すごく優しい柔らかい写真になります。これをするだけで顔貌写真がものすごくきれいになると思います。

外付けストロボで撮った願望写真

あとストロボの強さは最大の1つ手前くらいで使ってもらってもらうといいかと思います。

3.設定

続いて設定行きましょう皆さんここが知りたいですよね。顔貌写真を撮るのに重要なのは口腔内写真の時と顔貌写真では設定が全く違うということです。

口腔内写真の時にはf20以上ss 1・200ISO 200で撮られていると思いますが。

F値 5.6~8
SS 1/200
ISO 200

ssとISOはまずそのままでいいのでf値を5.6~8くらいにしましょう。

そして撮るんですが、口腔内写真はピント合わせがシビアなのでマニュアルフォーカスといってピントリングを回したり自分が寄ったり離れたりしながらピント合わせしていたと思うんですが、こういった撮影においてはピントをカメラ任せのオートフォーカスにしましょう。

そのほうが簡単です。そして、カメラの構え方は横のままでも良いんですが、トリミングが少ないように縦にして撮った方が良いと思います。

そして、ストロボの強さや天井の高さによっては明るさがまちまちなので、最後にとった写真をもとに暗ければISOを大きくして明るすぎるようならISOを小さくしたりストロボの強さを小さくして対応してください。

もう少し細かい設定変更必要な部分もある

ということでここまで出来たら口腔内写真用のカメラで十分きれいな画質が得られると思うので、ぜひチャレンジしてみて下さい。もっと細かいホワイトバランスの概念とかもお伝えしたほうが良いと思いますが、もしも撮ってみて明るさは良いけど色が変とかそういう部分で困ったらコメントください。個別でお答えしようと思います。

今日の動画が役に立った 良かったという方は是非高評価ボタンお願いいたします。
では今日はこれで終わります。
良き口腔内写真ライフをお送りください。

口腔内写真 リングストロボ vs ツインストロボ

こんにちは マツシマです。
兵庫で歯科医師をしています。
今日は

ツインストロボ vsリングストロボ どういう違いがあるか?

というテーマでお話しします。
僕は口腔内写真について機材や撮り方について解説する動画や、HPを運営しているんですが結構口腔内写真って理解するのが難しいですよね。特にストロボどんなものを使えばいいのという風に聞かれることが多いです。

で、口腔内写真のストロボというと大体リングストロボとツインストロボがあるんですが、じゃあそれぞれが、どのような使用に向いているのか、それを今回の動画では解説していきます。

写りの違いと、使用感の違いを解説していきますのでぜひ最後まで見ていただけたら嬉しいです。

このチャンネルでは、僕が歯科医師として、そしてカメラの機材系YouTuberとして、口腔内写真について研究した内容をシェアしています。歯科医師や衛生士さん向けに【費用を抑えた機材紹介】や【分かりやすい設定や原理の解説】をテーマに発信しています。今後も口腔内写真に役立つ情報をアップしていきますのでチャンネル登録よろしくお願いします。

まず結論です。

通常の写真や術中写真ではリングストロボを。
ここぞという時にはツインストロボを。
それぞれ使い分けると最高こういう風に思います。

ではこれについて解説していきます。



はい、ではやっていきましょう。

まず皆さんはどちらのストロボ使用されていますでしょうか?
僕は10万円以下で買う口腔内写真カメラセットというのを紹介しているんですが、そこで紹介しているのはリングストロボなんです。どっちかというとリングストロボを使用されている方が多いかもしれません。

もしくは良く分からないけど、アイスペシャルを使用しているという方であれば、ツインストロボっぽい感じのストロボが付いていると思います。

で、皆さんは口腔内写真においてストロボはついてればいいんでしょ?カメラ・レンズが高いし重要でしょ?って思われると思うんですが、実際にはその逆で、口腔内写真においては、カメラレンズよりもストロボのほうが重要。そういう風に思っています。

前回の動画でもお話しした通り、口腔内写真では光がすごく重要です。

ここでいうストロボが重要というのは、高いものである必要があるというよりは、どれだけ強い光を出せるかというのと、リングストロボなのか、ツインストロボなのか。そういうところが重要ということですので、誤解ないようにお願いします。

ではそこまでわかっていただけたところでリングストロボ、ツインストロボそれぞれの特徴をお話しします。

リングストロボとツインストロボ 写りの違い

リングストロボの写り
リングストロボ
リングストロボで撮影した正面観

リングストロボというのはレンズの先端に文字通りリング状にストロボが付いていてシャッターを切るとこれが光って真正面に光を当てます。素晴らしいことに歯に対して全体から光が当たるので、無影灯というのような感じで、影がどこにもできないような撮影ができます。対して光が正面からあたるので、歯の表面に反射して色の情報が失われやすかったり、全体に均一に光が当たるので、立体感という点では乏しくなったりします。

ツインストロボの写り
ツインストロボ
ツインストロボで撮影した正面観

それに対して、ツインストロボというのはレンズの横にストロボが2つつきます。それがシャッターと同時に光るのは一緒なんですが、この構造の違いにより違った効果が出てきます。リングストロボが真正面に光を出していたのと違ってツインストロボはレンズにもよりますが、斜め横からの光が当たるようになります。そのため、光が当たっているところと当たっていないところにコントラストができる。そのため写真に立体感が生まれます。そして、リングストロボでは反射して失われやすかった切端の透明感なんかの質感を表現しやすく、それゆえに審美領域の写真に使われやすいです。

ツインストロボの写りの欠点

ただ欠点としては、例えば口腔内5枚法で使おうとすると臼歯が暗かったり、術中写真に至ってはレンズ次第では光が口角で遮られて暗い写真になるという欠点があります。

ツインストロボで術中写真を撮ると、口角にケラレて影になることがある。

その結果、オールラウンダーがリングストロボ画質とか雰囲気を高めるのに飛び道具的なツインストロボそういう考え方で良いのかなと思います。このリングストロボの写真と、ツインストロボの写真この2つでどっちでもいいよそういう風に思った人はリングストロボのほうがおススメですね。

質にこだわるならツインストロボ

ただやっぱりツインストロボの写真のほうがかっこいいそう思う人であれば、ぜひツインストロボで撮影してほしいなと思います。僕はツインストロボで口腔内5枚法も、前肢の写真も撮っていますが、やっぱりクオリティが全く違うと僕は思う。

記録と作品。そんな違いがあると思います。どうせ撮るなら、きれいに僕が写真にこだわりが強いからだと思いますが、そう思っています。

ツインストロボのもう一つの弱点

ただ影ができる以外にツインストロボにはもう一つ弱点があります。

それは、手間がかかるということ。

リングストロボというのはこういう風にストロボの本体と発光部のこの2つなんですが、ツインストロボというのは本体と発光部が2つこういう仕組みになっています。なので、リングストロボというのは本体のスイッチを一つ入れたら撮影可能なのに対して、ツインストロボというのは本体と発光部のスイッチを3つともつけないといけない。

なので、撮影の度に面倒があります。しかもこのリングストロボは有線なのに対してツインストロボの方は無線なのでスイッチ入れてから同期するまでに時間がかかったり、上手く接続できない時もあるので、ちょっとした時間なんですがそこが煩わしいです。

あとリングストロボは単三電池4本で使うんですが、このツインストロボは本体に単三電池2本と、発光部に単四電池を2本ずつ必要というので、電池の管理も面倒です。

こういった理由からリングストロボのほうが多くの人にとって向いています

理想を言うと、ツインストロボのカメラと、リングストロボのカメラを2台準備して、用途によって分ける。

僕の場合なら、口腔内規格写真はツインストロボ、前歯の審美のケースはツインストロボ、術中写真のみリングストボこういう使い分けです。

でもこだわりがそこまでなければ、基本リングストロボで行って、本気のケースの時だけツインストロボ、そういう使用でも良いと思います。

こういった感じで、リングストロボとツインストロボは写りの点と操作性において差があります。この動画で少しでも皆さんの口腔内写真に対する疑問が解決できたら嬉しいです。

まとめ

ツインストロボのメリット
・撮った写真が作品になるような画質、雰囲気
・自分の意図でいろんな見せ方ができる。

ツインストロボのデメリット
・電源のon/offが面倒
・電池の管理が面倒
・術中写真では影になって使いにくい

リングストロボのメリット
・影のない写真が簡単に撮れる。
・扱いやすい
・電源のonoffが簡単
・電池の管理も簡単

リングストロボのデメリット
・画質が単調
・こだわった写真は撮れない。
・アイスペシャルとの差別化がしにくい

リングストロボを使用して口腔内写真写真の機材をそろえていきたいと思った方は
こちらも参考にしてみてください。

では今日はこれで終わります。

女性ドクター向け口腔内写真カメラセット

こんにちは 松島です。
兵庫で歯科医師をしています。
今日は

女性向けの口腔内写真機材の選び方

というテーマでお話しします。

僕は口腔内写真を手軽に始める機材についてや設定の紹介をしているんですが、結構商品を購入していただく先生には女性の方が多いんですよね。矯正専門の先生が多い印象です。

また、口腔内写真って先生自らがとる場合もあればスタッフの方に撮ってもらうようなケースも多いですよね。

なので、そういった場面を想定してスタッフの方でも手軽に使えるような機材というのを今回選んでみたので、是非そのような用途での使用を想定されている方は最後まで見ていただけたらと思います。

今回紹介する機材はリンクを張っていますので、必要な機材はぜひチェックしてみてください。

このチャンネルでは、僕が歯科医師として、そしてカメラの機材系YouTuberとして、口腔内写真について研究した内容をシェアしています。歯科医師や衛生士さん向けに口腔内写真が身近になるような、【費用を抑えた機材紹介】や【分かりやすい設定や原理の解説】をテーマに発信していますので、そういったものに興味がある方はぜひチャンネル登録よろしくお願いします。

カメラ:Nikon D7000 or D7100
レンズ:tamron60㎜f2 Macro
ストロボ:K&F Concept リングストロボ

まず結論です。今回選んだ機材は
Nikon D7100
tamron 60㎜f2Macro
K&F Conceptのリングライト
この3つです。

これを使えば、比較的コンパクト軽量で、女性にも使いやすい操作感で使用していくことができます。それについて解説していこうと思います。



ということで、オススメ機材は先ほどの3つでこれを手に入れていただいて、使用していただければ設定さえちゃんとできればきれいに撮れると思うのですが、この機材を選んだ理由について解説していこうと思います。

カメラのオススメポイント

まずカメラとストロボに関しては過去にも動画とかブログ記事で紹介しているものですが、カメラについて簡単にお話ししましょう。

今回のカメラはよく紹介しているNikonのD7100です。

これに関してはD7000とかD5000番台のようなNikonAPS-Cカメラであればどれでも大丈夫ですが、価格とパフォーマンスを考えると最もおすすめかなというので、今回D7100というカメラをピックアップしました。

簡単にオススメポイントをおさらいすると、
・画素数が2400万画素程度あってトリミングをしてもしっかりデータが残ること
・ダブルスロットでカードを2枚させるので、バックアップやカードの使い分けができて便利という点
・Nikonのカメラの中でも古いけどかなり品質の高い製品なので壊れにくく使いやすいこと。

このあたりがあります。まあ、もっとコンパクトで軽量にしようと思うとNikonのD5500とか5600とかを使うともっといいんですが、ちょっと操作感が犠牲になってしまうので、ぼくは少々重くてもD7000とかD7100とかのほうがいいと思います。

このカメラは中古になりますが、ものすごいコスパのいいカメラになるので、まあ間違いないと思います。僕の紹介しているカメラの中でももっとも買われていたり使われているのがこのD7100になります。

これがカメラの紹介でした。そして続いてがレンズ。

レンズについて

今回のセットで最も重要な違いを生んでくれるんのがこのレンズです。

tamron60㎜f2macroというレンズ。いつもはtamronの90㎜f2.8のマクロというレンズを紹介していますが、今回は60㎜のレンズ。

このレンズはの特徴は60㎜という焦点距離が短いことと、APS-C専用のレンズということで結構コンパクトでに作ってあるということです。前回焦点距離の話でカメラのセンサーについて少し触れましたがそのAPS-C用のレンズということです。

このD7100というカメラはAPS-Cのセンサーを搭載しているカメラなんですが、このカメラでいつも紹介している90㎜のレンズを使うと135㎜くらいの焦点距離になっちゃうんですよね。それでも患者さんが横になっているチェアで口腔内写真撮れるんですが、女性スタッフの方だとどうしても身長が足りない場面もあって、ユニットを下げないといけないことがある。

でもこの60㎜のレンズなら比較的近い場所、90㎜のレンズだと60㎝くらい離れないと撮れなかったところを、40㎝くらいの距離で済ませられるので、すごく取り回しがよくて使いやすい。

そしてこうしてみるとそんなにサイズ感が違うように見えないと思いますが、この90㎜のレンズって伸びるので、実際に使用する時には長くなっちゃうんですよね。でもこの60㎜だとレンズの長さが変化しないレンズなので、このまま。実際にはここにこうしてストロボが付くので、短いほうがカメラのバランスがいいので、持ちやすいし、すごくお勧めです。

男性でも使いやすいと思いますが、女性にはよりオススメしやすいです。

使用の方法は基本的にどちらのレンズも同じで、この距離で写真を撮るか、この距離で写真を撮るかという部分以外は変わらないので、良いかなと思います。

より顔貌写真に向いた機材になりそう

あと、よく聞かれる質問があって、口腔内写真用のカメラで顔貌写真は撮れますか?というものなんですが、

まず結論としては『顔貌写真も十分撮れます!』

この90㎜でも60㎜でも撮れるんですが、特に部屋が狭い場合はこの60㎜のほうが向いているようにも思います。その場合には付属のリングストロボを外して、こういった外付けのストロボをつけて、しかも上を向けて天井に反射させて撮るとよりきれいに使えますが、そういう撮影にも向いているのでぜひ活用してみてください。

ということで今日は特に女性の先生やスタッフの方がとりやすい写真機材のセットを紹介しました。

まとめると、D7100とかD7000のカメラにtamronの60㎜のマクロレンズをつけていくということでした。もしいいなと思われたらチェックしてみてください。

カメラ:Nikon D7000 or D7100
レンズ:tamron60㎜f2 Macro
ストロボ:K&F Concept リングストロボ

機材の選び方がわからない。
設定方法が不安という方は、僕の方で機材を選んで、マニュアルをつけて販売していますので、ご興味ある方はこちらをご覧ください。

このチャンネルでは口腔内写真の機材や設定についてお話していきますので、そういったものを学んでいきたい方は次の動画でまたお会いできると嬉しいです。

では今日はこれで終わります。

アイスペシャルに追加すると便利な口腔内写真用 高性能カメラについて

アイススペシャルを使用中の先生にオススメの
口腔内写真用カメラ

こんにちは、松島です。
兵庫で歯科医師をしています。

今日はアイスペシャルにもう一台追加しようというテーマでお話します。

皆さんは口腔内写真にどのようなカメラを使用されていますでしょうか?
一眼レフを使用しているという先生もいれば、スタッフさんが使いやすいのを重視してアイスペシャルを用意しているという先生もいらっしゃると思います。

僕自身はカメラがものすごく好きで、カメラ関係のYouTubeとかをやるくらいなので、やっぱり一眼レフを使って可能な限り高画質で撮りたいなと思っています。

でも実際以前アイスペシャルで撮った写真を見たところ画質は十分だし、すごく良いなと思いました。

なので今回の記事では

1.アイスペシャルと一眼レフでの写真の違い
2.アイスペシャルに追加するのがオススメの口腔内写真用機材

この2つについてお話していこうと思っています。

このサイトでは、歯科医師でありつつカメラマニアな筆者が口腔内写真に関する情報をメインに発信しています。口腔内写真をもっと身近なものにするようなコスパのいい機材に関する情報や、設定等の考え方に関する情報をシェアしていきますので、もしよかったら、過去の記事も参考にしてみてもらえると嬉しいです。

記録はアイスペシャルで十分
こだわった症例には一眼レフを使おう

まず結論ですが、

アイスペシャルの画質というのはすごく高いレベルにあるので、正直なところ、ちゃんと映っていればいいというケースにおいてはこのカメラが軽くて、簡単で、すごく良いんじゃないかなと思います。

でもこだわったケースにおいては一眼レフに分があるかなと個人的には思うので、そこについて解説していきます。


アイスペシャルと一眼レフの違い


まずこのカメラの種類に関して、どのように違いがあるかというのを説明していきます。

簡単に表すためにカメラの重要な項目を比較する表で示します。

アイスペシャル一眼レフ
カメラの種類コンパクトカメラ一眼レフ(ミラーレスも含む)
センサーサイズ1/1.7inchAPS-C or フルサイズ
操作オート主体オート/マニュアル
画質良好非常に良好
被写界深度深い(全体にピント合わせる)浅くできる(ボケを作れる)
アイスペシャルと一眼レフの違いを示した表

これが主な違いになると思います。

アイスペシャルはコンパクトカメラの派生形で、一眼レフはレンズ交換式のカメラです。

一番大きな違いがセンサーサイズの違いです。

センサーというのはレンズで取り込んで映像を読み込んで写真にする上で、ものすごく重要なパーツで、このセンサーのサイズと型式によって画質の良し悪しが決まるといっても過言ではありません

純粋に大きければ良いかというと、厳密に言うとそうでもないんですが、ざっくりそう考えていただいて間違いないと思います。

センサーのサイズの比較を図で表します

だいたいの一眼レフカメラがフルサイズかAPS-Cというもの、でアイスペシャルのセンサーは1型と1/2.3型のサイズの中間くらいのサイズ。面積比で言うと5倍以上あります。

なので、こういった部分で画質に影響がみられ、傾向で言うと、アイスペシャルの写真は少しデジタル感のあるコントラストの強いやや押しの強い写真になりやすく、一眼レフの写真だとグラデーションが滑らかで、繊細で上品な写真になりやすいです。

その他、アイスペシャルはデジタルズームやピント操作を内部のメカで行うのに対して、一眼レフの場合はレンズを交換したり、ピントリングを回すような操作で行います。

そのため、一眼レフは慣れるのに時間がかかる、機材選びが難しいという側面がありますが、慣れたり、一度機材をそろえてしまえば、直感的に操作できて、場合によっては早いというメリットがあります。

ただ、アイスペシャルの利点にセンサーのサイズが小さいために、写真がボケにくいというのがあるので、慣れていない先生や衛生士さんが使う上で、失敗写真はアイスペシャルの方が少ない可能性があります。

ただ逆にボケ感のある立体感のある写真は一眼レフに分があります。

NikonD610 + Tamron90mm + ツインストロボ

今まで書いたことをまとめてみます

一眼レフのメリット・デメリット

〇 より高画質な写真を撮りやすい
〇 症例写真でボケを生かした立体感な表現ができる。
〇 機材を付け替えることができるので、思うような写真に近づけていける。
〇 慣れれば操作が速くて簡単。
✕ 機材が大きく 重くなりやすい
✕ 設定する機材が多い
✕ 設定する項目が多い
✕ ボケた失敗写真が生じるリスクがある。

アイスペシャルのメリット・デメリット

〇 小型軽量
〇 操作が簡単で扱いやすい
〇 ぼけにくいので写真の失敗が少ない
〇 特殊な便利機能が使える
✕ 画質がやや悪い
✕ 操作がオート任せなので、思った通りに行かないことがある
✕ 付属するストロボなどの機材を変更したりできない
✕ 動作がややモッタリしている

アイスペシャルに追加するべき機材


では上記の点を踏まえたうえで、どのような機材を追加するのがオススメかというと

症例写真をより本格的に撮るための機材

という形になると思います。

というのも普段使いの患者さんへの説明レベルであれば、アイスペシャルの画質というのは十分で、きちんと伝わるレベルを十分に満たしてくれているので、記録はアイスペシャル、症例発表用には一眼レフというすみわけをするのが、最もコストパフォーマンスやワークフローのシンプルさが最大化できるかなと思っています。

もちろん、操作面や画質の点から普段使いからアイスペシャルではなく一眼レフで使いたいというのであれば、また違った観点が必要とは思いますが、基本的にはこの考え方で良いと思います。

そうなってくると、中途半端な性能のカメラを買い足すくらいなら、結果的に効果を実感できるほどの性能差はなくなる危険性があるので、今回はなるべく良い仕上がりになるような製品を紹介します。

これはどこでも買えるカメラとレンズとストロボを組み合わせいるセットなので、もし良かったら参考にしてみてください。

参考までに実際に使って撮った前歯の写真と口腔内5枚法の写真を載せます。

これで性能差が感じられるようなら追加されることをオススメしますし、そうでもなければ、そのままが良いかもしれません。

カメラのセットは以前の記事で紹介しているカメラですが、

カメラ:Nikon D600orD800
レンズ:Tamron90mmf2.8Macro
ストロボ:meike ツインストロボ

このセットです。

リングストロボのモデルは便利ですが、仕上がりがアイスペシャルに近いので、今回の場合はこのツインストロボを利用していただける方が、差別化できていいんじゃないかなと思うので、もし良かったら参考にしてみてください。

リングストロボとツインストロボの違いの記事

ということで、今回はアイスペシャルと一眼レフの違いについて紹介しました。

少しでも口腔内写真に興味を持つ方が増えたらいいなと思っています。

不明な点はいつでもお問い合わせください。

Home画面に戻る

口腔内写真カメラセット 【新品編】

コスパの良い口腔内写真機材を新品で使いたい

こんにちは 松島です。兵庫で歯科医師をしています。
今日は『新品で買える口腔内写真カメラセット』というテーマでお話しします。

僕は10万円以下で買う口腔内写真カメラセットというのを、このYouTubeとブログ記事で紹介しているんですが、今までの経験上だいたい購入されているのって、もうすでに開業されている先生ばかりなんですよね。

そのため先生からの要望で、新品も欲しいなという風に言われる事が結構多いです。

僕は中古のカメラが最高だとは思っているのですが、選べて方が良い方と思って、今日は新品で買える、その中でもコスパの良いカメラやレンズについて紹介します。

ソニックテクノのように30万とか40万はきついでも中古じゃなくて新品が良いという先生にはお役に立つ情報になると思うので是非最後まで見ていってください。

このチャンネルでは、僕が歯科医師として、そしてカメラの機材好きとして、口腔内写真について研究した内容をシェアしています。【費用を抑えた機材紹介】や【分かりやすい設定や原理の解説】をテーマに発信していますので、そういったものに興味がある方はぜひチャンネル登録よろしくお願いします。

口腔内写真専門チャンネル

2つのカメラセットを紹介します。

では今日オススメするカメラのセットですが、2つ紹介します!

コンパクトで費用を抑えたモデル高画質を求めるモデル

【コンパクト】
Nikon D5600
DX Nikkor 85mm f3.5 macro
K&F Concept KF-150(リングストロボ)

【高画質】
Nikon D610
Tamron90mmf2.8macro
K&F Concept KF-150

それぞれに注意点があるのでぜひ解説も見てみてください。


僕はコストパフォーマンス重視で中古のカメラばかりをオススメしていて、まあその方が良いと思っているんですが、やはり仕事で使うなら新品が良いという方は多いですよね。

カメラ界では『レンズは資産』といって、レンズはほとんど値下がりもせず、壊れることもほとんどないので、レンズは中古でもOKという感じがありますが、カメラボディの方はやはりデジタル機器のため古いものだと故障のリスクもあると思います。

どうせ故障した時には修理費用がかかり、修理中はカメラが使用できなくなるので、それなら修理費用くらいの価格で、本体を買いなおせるD7000なんかを使って、いざという時は買い替えくらいで考える方が良いと、僕は今でもそう思いますが、やはり故障すらなるべく生じにくい信頼できる機材を使いたい先生に向けて機材の解説をしていきます。

まずコンパクトなカメラのセットから。

カメラ
Nikon D5600

カメラがNikonのD5600
これはNikonのAPS-Cセンサーを搭載した一眼レフで、非常にコンパクトで性能が高いため。優秀なエントリーモデルのような位置づけになっているカメラです。でも性能自体はすごくいいので、口腔内写真を高画質で撮るのにも非常に十分な性能を持っています。ダブルスロットがなかったり、操作できるダイヤルが普段オススメしているカメラと比べて少ないので、こだわって写真を撮る方にはやや物足りないかと思いますが、コンパクトで費用を抑えて使いたいなという先生や、衛生士さんには最適なカメラです。

レンズ
AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
AF-S Micro 60mmf2.8

そしてレンズ。
僕はいつもは一貫してTamron90mmの旧式のレンズをオススメしていたんですが、このカメラに関してはこのレンズを使うとオートフォーカスが使用できないので、このカメラに関してはDX85mmF3,5Macro というレンズをオススメします。コンパクトで手ブレ補正付なので、すごく良いレンズなんですが、色味が少しだけオレンジっぽくなるので、ちょっと注意して下さい。

Nikonの60mmのマクロレンズもオススメです。

ストロボ
K&F Concept KF-150


ストロボはいつもと同じK&F Conceptのリングストロボです。

高画質を求めるカメラセット

で、続いてはしっかりと高画質で撮りたい方に向けたカメラです。今まで僕はD7000とかD7100とかNikonのD7000番台というカメラをオススメしていたんですが、この7000番台の最新機種はダブルスロットではなくなったので違う機材を紹介します。

カメラ
Nikon D610


それがD610というカメラです。このカメラは今まで紹介してきたAPS-Cのカメラとは違いフルサイズというセンサーを搭載したカメラです。センサーサイズの違いに関する動画をまた後日出そうと思いますが、簡単に、そして誤解を恐れず言えば、より高画質なカメラという感じです。

このカメラは今まで紹介してきたD7000とかD7100とほとんどサイズ感変わらず、それでいてフルサイズのカメラ、そしてダブルスロットで操作感もD7100などとほとんど同じなので、今D7000とかD7100で始めていただいた方のステップアップとか追加の機材としても最高です。で、これは今後の動画で解説しますが、このフルサイズのカメラというのはAPSCモードという機能を使えば、センサーの一部で記録をすることで画角を変えることができる。つまりAPS-Cのカメラを中に含んだような使い方もできるんですよね。何を言っているか意味わからないと思うので、また今後の解説動画をご覧ください。

ということで、非常に高画質で便利なカメラだと思っておいてください。

通常フルサイズのカメラはデカくて重くて高いというのが欠点ですがこのカメラに関してはサイズが結構小さくて、比較的安いのであまり欠点のないカメラだと思います。

レンズ
Tamron90mmMacro
ストロボ
Godox MF12 + Godox XProN

レンズとストロボは今僕が最も信頼を置いているGodoxのツインストロボです。

こういったものを使用すれば新品で口腔内写真を始めていけますのでもし良かったら参考にしてみてください。

カメラの選び方は分かったけど、設定やセッティングが分からないなという方は私の方で機材をセッティングしてマニュアルをつけてお届けしますので、商品ページを見ていただけたら幸いです。

ということで今日は新品でコスパよく使える口腔内写真のカメラセットについてお話しました。今日の動画が役に立った 良かったという方は是非高評価と チャンネル登録 よろしくお願いいたします。

では今日はこれで終わります。

Home画面に戻る