口腔内写真の撮り方【設定編】

口腔内写真の撮り方をマスターしよう

こんにちは 松島です。
兵庫で歯科医師をしています。
今日は

『口腔内写真の撮り方について設定編』というテーマでお話しします。

僕は口腔内写真を手軽に始めるための機材を紹介していて、結構たくさんの歯科医師の先生にページを見ていただいたり商品を購入していただいたりしているんですが、その中で、

『こんなに本格的な機材を使いこなせるかな?』

という質問とか不安の声が結構多いんですよね。
なので今回は口腔内写真の撮り方を説明しようと思っています。

今回と次回とで口腔内写真の5枚法術中写真についてお話しようと思います。

今回は口腔内写真の設定についてお伝えします!

まず今回の動画では口腔内写真を規格写真で撮る方法・設定についてお伝えして、次回具体的な撮影方法に関してお話します。設定が悪いとちゃんと撮れないので、最後まで見てもらえると嬉しいです。

このチャンネルでは、僕が歯科医師として、そしてカメラの機材好きとして、口腔内写真について研究した内容をシェアしています。

歯科医師や衛生士さん向けに【費用を抑えた機材紹介】や【分かりやすい設定や原理の解説】をテーマに発信していますので、そういったものに興味がある方はぜひチャンネル登録よろしくお願いします。

口腔内写真の設定においては
1.設定が重要
2.規格化された写真を撮ることを意識する

では今回撮っていく写真はこういった写真口腔内写真5枚法という撮り方です。

全体をしっかり一目で分かるように撮っていく最も基本的な撮影方法ですね。

そして治療中の記録の術中写真について。

これらについて重要なことが2つ

・1つ目は設定がすごく重要ということ

・2つ目は規格写真を意識していくことこの2つです。


では解説していきます。

設定が重要というのと、規格写真が重要ということですが、その意図はこれから先生方が撮っていかれる写真を同じ明るさ、同じ構図で撮るためにこの2つが重要ということをご理解ください。これができれば先生方がこれから残す全ての写真をきっちり診断の材料として使っていくことができて、治療によるBefore Afterの変化を読み取りやすくなります。

歯が写っていれば、患者さんに向けての説明程度には良いんですが、それだとせっかくの同じ時間を使って写真を残すのにもったいないなと思うんで、まず正式な方法を知っていただけると良いかなと思います。

今回は僕が今使用している機材でのやり方をお伝えします。皆さんお使いの機材でも一眼レフであればおおむね問題なく真似していただけると思います。

カメラの設定について

まずはカメラの設定です。
カメラにはいじるところがいくつかありますが、
今回触るのはF値シャッタースピードISO感度です。

・F値が25程度

・シャッタースピードは1/200

・ISO感度は200

この辺の詳しい設定の詳細はいろんなサイトで分かりやすく説明があると思いますので、それを見ていただけたらと思いますが、とりあえずは、カメラをいじって設定の数値だけ真似していただけたら大丈夫だと思います。

ストロボの設定

TTLモード(カメラのオートモードみたいな機能)で十分ですが、
こだわる方はM(マニュアモード)がオススメです。
僕はMモードで撮ります。

レンズの設定

で、続いてレンズの設定です。これは細かいですが重要なところです。

規格写真という常に同じ距離で、同じ構図で写真を撮る写真のことです。

そうすることで時間の経過とともに歯がどう変わっていったかが分かりやすいです。

それを行うための設定をお伝えします。

まずレンズの設定をマニュアルフォーカス(MF)というモードにします。
これをすると、シャッター半押しでピントが勝手に合わないので、自分でカメラを近づけたり遠のいたりしてピントを合わせていきます。

このスイッチをMの方にすることでマニュアルフォーカス(MF)になります。

で、その中でレンズの中に1:1とか1:2とか1:3とかそういった数字があるのでその部分を自分で回して意図する数値に合わせてから、写真を撮っていきましょう。

この項目はカメラの種類によって変わるので、分からない方はコメントで、先生方のお持ちのカメラの機種を教えていただければ、細かく解説します。

目安としては口腔内5枚法の時は
・APS-Cのカメラの場合1:3
・フルサイズのカメラなら 1:2

術中写真の場合は
・APS-Cのカメラなら1:2
・フルサイズなら1:1.5
このあたりの数値に合わせてもらえれば毎回適切な大きさで、写真が撮れます。これは非常に重要な基本なのでぜひ押さえてください。

毎回を全く同じ構図や同じ明るさにすることはできませんが、こうして設定が変わりさえしなければ、少なくとも毎回撮っている写真が全然違うバラバラな明るさや色味ということにはならないと思います。

もちろんマニュアルフォーカス難しいという方も多いと思います。

『ぜひ練習して慣れてください』

と言いたいところですが、まあオートフォーカス(AF)にして撮っても規格写真にはならないですが口腔内5枚法は撮れるので、どうしても難しければそういった方法をお使いください。

オートフォーカスとマニュアルフォーカスの部分についてもまた詳しく解説する記事や動画を作ろうと思いますので、もし良かったら見てみてください。

ということで、今日は口腔内写真の設定についてお話しました。

今日のまとめ

今日の情報をおさらいしましょう。

カメラの設定が
・F値25程度(APS-C) ※フルサイズなら25~32程度
・シャッタースピード1/200
・ISO感度 200

そしてストロボがTTLモードか Mモードで任意の明るさをという所です。

そしてレンズの設定は5枚法の写真だとフルサイズのカメラなら1:2 APS-Cのカメラなら1:3術中写真は好きな画角で良いですが目安としてはフルサイズのカメラなら1:1.5。APS-Cのカメラなら1:2に設定すればいいと思います💡

細かい所で不明点がありましたらぜひコメントで聞いてください。お答えします。

また次回実際の撮り方についてお話していきます。その他詳細な設定項目についても動画で作っていきますのでもしよかったらチャンネル登録していただいて、チェックしてみてください。

では今日はこれで終わります。

YouTubeでもお話していますので、音声で聞きたい方はチャンネル登録よろしくお願いします!!

コスパの良い 審美用口腔内写真カメラセット

安くても 症例発表でしっかり使える
画質の優れたカメラを使いたい

価格を抑えて、しかも高画質にできないか?

今まで口腔内写真用のカメラについて何度か記事を書いてきましたが、
自分自身前歯の審美の症例を撮っているいる中で、

価格を抑えて、しかも高画質にできないか?
そう考えて 色々と機材の選択をしていました。

以前紹介したD7000とD7100なんかを使った機材のセットでも、ほとんどのケースに対応できるものになるとは思うのですが、もっとこだわりたいという方のために考えてみました。

僕はカメラ関係のYouTubeをやっていて
特にコスパの良いカメラやレンズについては非常に興味を持っており、知識もあります。
それを使って今回価格を抑えつつ高画質なものを考えていきました。

マツチャンネル

でたどり着いたのが今回の機材です。

カメラ :Nikon D600 or D800
レンズ :Tamron90mm F2.8 Macro
ストロボ:Meike ツインストロボ

この組み合わせです。
これについてひとつづつ解説していきます。

カメラ:Nikon D600 / D800

まず今回の機材で、最も大きく違うのは
カメラです。
中でも違うのは センサーサイズ と言われるものです。

カメラの中で最も重要なパーツでセンサーというものがありますが、
御幣を恐れず言うと、そのサイズが大きければ大きいほど画質が良くなります

良く画素数が大きいほど画質が良くなると思われている人も多いですが、
実は画素数よりもセンサーサイズの方が画質には直結しやすいです。

前回紹介したD7000やD7100というカメラはAPSCというセンサーを使ったカメラでしたが、
今回紹介するD600やD800というカメラは
フルサイズというセンサーサイズのカメラです。

面積比で、フルサイズの方がAPS-Cよりも1.7倍大きく、
用途にもよりますが、フルサイズというセンサーサイズは、プロカメラマンなどが良く使うセンサーサイズで、
画質が良くなりやすい センサーです。

それを使っているカメラを今回は紹介します。

通常フルサイズのカメラというのは
画質が良く暗い所でもノイズが乗りにくい というメリットがある一方
APS-Cよりも『大きくなり』、そして『高価になる』 というデメリットもあります。

ですが今回のD600というカメラは
フルサイズであるにもかかわらず
見た目はほとんど以前紹介したD7000というAPS-Cのカメラとほとんど同じで、そんなに大きくも重くもないです。

価格も D7100とそこまで大きく違わないので、かなりコスパも良いです。
もともとAPS-C用のレンズとフルサイズ対応のレンズはサイズ感が違うのですが、以前から紹介しているレンズは元々フルサイズ対応の高性能なものを紹介しているので、
レンズの大きさも変わらず、
これを選ぶデメリットもかなり少ないです。

そういう意味では普段からなるべく
高画質で口腔内写真を残したいという方には、
D7000ではなくこちらのD600を選んでもらう方が良いかもしれません。

D7000も素晴らしいカメラなので
一目で見てわかるような 圧倒的な差はありませんが、細部やアップで見た時に差が出てくると思います。

ちなにみ今回D800というカメラも紹介しています。
このD600とD800の違いは何かというと
細かな違いはいくつかありますが、主なのは

画素数

この違いです。

D600が2400万画素程度であるのに対し
D800は3000万画素程度の高画素機といわれる機体です。

画素機=画質 と考えられる方が多いとは思いますが
そうではなく、どこまでズームしてもデータが残っているか
の違いという部分が大きく、
正直パッと見てD600とD800の違いが分かるかというと
多分分かりません。
データ量も大きくなって、Gmailなんかで送りにくくなるので、
個人的にはそんなに高画素が必要とは思いません。

全体の写真を撮っていたものから
前歯1本の写真を取り出したいとか
そういった特殊な方法に使いたい方にはD600よりもD800の方が
良いかもしれませんが、ボディ自体もかなり大きく重くなるので
あまりお勧めしにくいです。

D7000D600D800
センサーAPS-Cフルサイズフルサイズ
画素数1600万画素2400万画素3600万画素
重量700g700g1,000g
各カメラのスペック

レンズ:Tamron90mmF2.8 Macro

つづいてのレンズですが、
これは以前紹介したものなので、多くの部分は割愛します。

ただ、レンズ自体は同じなのですが、
カメラが変わることによって レンズの特徴が変化する部分があるので
そのあたりを中心に解説します。

先ほどカメラがフルサイズなのかAPS-Cなのかという話をしました。
これによって変わるものが大きく2つあります。
それは

画質画角 です

画質に関しては先ほどお話しましたので、
ここでは画角についてお話します。

画角というのは写る範囲のことを言います。
だいたいスマホのように広い範囲が移るものを広角レンズといい
双眼鏡のように 遠くのものがすごく狭い範囲で見えるものを望遠レンズといいます。

今回使用しているレンズは 中望遠と呼ばれる
比較的狭い範囲が写るレンズです。

でその範囲を表す指標として
○○mmというのをレンズの世界では使用するのですが、
今回のレンズは90mmというものです。
この数字のことを焦点距離といいます。
ちなみにiPhoneのカメラは約28mm程度といわれています。

で、センサーが変わるとこの焦点距離も変わります。

難しい所ですが、混乱しないでくださいね

フルサイズのカメラだと
このレンズの焦点距離は90mmで使えるのですが

APS-Cのカメラ(D7000やD7100など)にこのレンズを付けると
90mm×1.5倍した数値になり 135mmという焦点距離になります。

つまりAPS-Cのカメラで使った場合
同じレンズなのにもっと望遠になるということです。

そのため同じ大きさに 口腔内写真を撮ろうとすると
D7000で撮る時よりもD600で撮る時には
近寄らないといけないということになります。

ややこしい所ですが、
こういう違いがあるというのを知っておいていただけると
少し役に立つと思います。

近くで撮れるということは
背の低い方でも無理なく撮れるし、
片手でミラーを持つ場合も無理なく操作ができるということです。
逆に言うと もっと近寄って大きく写したいときに
場面によっては ミラーにカメラのレンズが当たって
近寄れないということも生じます。

なので、人によって使いやすい焦点距離を
選択してもらえたらいいのかなと思います。

ストロボ:Meike ツインストロボ

最後はストロボの違いです。

カメラの違いも大きいですが、
口腔内写真においてはこのストロボの違いが
最も大きな違いを生じるといっても過言ではありません。

以前紹介したリングライトと ツインストロボの違いはこんな感じで

レンズの周りにリングになっているか
両サイドから光が当たる形状になっているかの違いです。

これによってリングストロボでは
全面に光が当たる 証明写真的な写真になり

ツインストロボでは
光が当たる部分と影になる部分の陰影がついて
立体感がある写真になります。

どちらが良い・悪い ではなく こういった差が生じます。

なので、全体を伝えたい口腔内5枚法などの写真には
リングストロボを
勝負ケースの症例でカッコイイ写真を撮りたいという場合には
ツインストロボをという感じで
使い分けるのがより良い結果を生んでくれると思います。

D600+Tamron90mm+ツインストロボ

上の写真はこちらのセットで撮った正面観です。

臼歯部には光が当たりませんが
正面の前歯部は非常につややかで 立体的になると思います。

黒バックを使った
前歯のみの写真では この特徴がもっと出てくれて
効果がはっきりすると思います。

注意点というか
これはマニアックなところですが、
ツインストロボ とリングストロボの違いを説明しましたが、
焦点距離が長くて 遠くから撮影すると
ツインストロボでも結局光が歯に対してサイドからではなく、
正面から当たることになり効果が半減してしまします。

このストロボを使う際には
やはりフルサイズのカメラに90mm程度の焦点距離で使うか、
APS-Cのカメラに60mm程度の焦点距離を使い(60mm×1.5で90mmとして使う)方が効果を発揮しやすいと思います。

このストロボの注意点


このストロボは立体的でいい写真になりやすい反面
欠点があり、個人的に感じるのは以下の2つ

1.電源のON OFFが面倒
2.術中写真には若干不利

電源に関しては
リングストロボがカメラ上の一つなのに対して
ツインストロボの場合、
カメラ上の本体の1つとサイドの発行する部分の2つの
電源を入れなければなりません。

そのため起動までに時間がかかり面倒です。
ただでさえ口腔内写真を撮るのは
面倒になりがちですが、それを助長するので
ここはリングストロボに大きく劣る部分と考えます

また術中写真においては
ツインストロボは左右に広がっているため
使用しているカメラの画角によっては
その広がった発光部が手に持っているミラーにあたったり
光が唇などにあたって術屋が影になったりする
そういった問題が生じます。

なのでそういった部分のやりにくさが生じるのも
リングストロボに劣る部分かなと思います。

まとめ

今回 こうしてツインストロボのD600というカメラを紹介しました。

審美にこだわる症例を作るための写真機材を探していたという方には
この機材を使ってみてはいかがでしょうか。

個人的には
D7000のセットを標準で使いながら
勝負ケースにD600のセットを
という使い方が 理想的かなと思っています。

よほど審美ケースがない場合には
ストロボだけ付け替えても良いですが、
なれていなければ 直前に結構時間を取られてしまうので
付け替えの練習をされることをオススメします。

この記事が
臨床での記録に少しでも参考になれば幸いです。

また機材選択の仕方が分からないという方には
私の方で機材を選び、マニュアルをつけて発送しますので
必要があれば 下記サイトをご覧ください。

https://kmatsushima3.thebase.in/items/36913083

よき写真が撮れることを願っています。

読み込み中…

エラーが発生しました。ページを再読み込みして、もう一度お試しください。

10万円以下で始める口腔内写真カメラセット

口腔内写真を10万円以下で始めよう!

口腔内撮影用のカメラ選び


Q.口腔内撮影というと何をイメージされますか?

『難しそう』『機材か高い』『面倒』

そんなイメージがあると思います。
実際、専用のカメラって高いですよね。
ソニックテクノだとか、良いものだと平気で3~40万円くらいします。

私は勤務医なので自分の給料でカメラを揃えます。
そのためあまり高価な機材を揃えるわけにも行かず、
コスパの良いものを模索してきました。

その中でカメラについて調べていると、趣味が高じて
YouTubeでカメラ関係のチャンネルを運営するまでに至りました。

マツチャンネル

その経験を活かして今回は10万円以下で買えるカメラセットについて書いて行こうと思います!

これで十分な画質は得られますので、オススメですよ!

まずはじめに僕のオススメの機材を紹介します

必要な機材はカメラ・レンズ・ストロボの3つです

【カメラ】Nikon D7000 or D7100

【レンズ】Tamron 90mm f2.8macro

【ストロボ】K&F Concept リングストロボ

このセットがあれば低価格でキレイな写真が撮影できます。
※カメラレンズは中古を利用していますので、中古に抵抗ある方はご注意下さい。

ではそれぞれの機材に関して詳しく説明します。

機材について詳しい方は以上の情報だけで十分だと思います。
そうでない方は以下の内容や商品まとめ↓も参考にしてみてください♪

具体的なカメラのセットの選択肢

【カメラ】Nikon D7000・D7100

カメラに関して
僕は口腔内の記録はNikonの一眼レフをオススメしています。
色んなカメラメーカーがあり、ミラーレスや一眼などタイプが様々あります。
その中で迷われる方も多いとは思いますが、僕がNikon一眼レフをオススメするのは

2つの理由からです。

  • 1.Nikonは色の再現性が高い
  • 2.一眼レフは古いものでも性能が確か

1.Nikonと比較されるCanonとの対比

私の勤務するクリニックでは元々Canonの一眼レフを使用しており、
ずっとそれを使ってきていました。
ただ色味としてなんか赤い、色が強い感じがありました。

カメラを勉強していくとそれぞれのメーカーによって色の特徴があることを学びました。

Canonは人を撮るにはすごくいい色味になるけど、ちょっと強調されたような色味になりがち(特に少し前の機種には顕著)

対してNikonはそっけない色味になりがちだけど、忠実に色を再現してくれる。

口腔内に関しては、現実よりいい感じの色味にとれてくれる必要はなくて、
忠実に再現してくれる方が当然良いです。

ですので口腔内写真に向いているのはNikonかなと個人的には思います。

余談ですが、その他のメーカーだとsonyのカメラでもいいかなと思っていますが
sonyのカメラで揃えると値段が高くなるのと付属品がややこしくなるので、
ここは安心のNikonが間違いないと考えています。

2.性能と費用のバランスについて

カメラというのは新しいモデルほど高性能です。
昔のプロ用モデルよりも良い入門機が出ていることも度々あります。

ただし、この性能差というのは
不便なところでよりよく撮影する能力
ということになります。

つまり
動きが早いものをうまくとらえるオートフォーカス とか
暗いところでもノイズが少ない
といったようなことです。

口腔内写真というのは
暗い口の中を寄って撮影するという
カメラにとっては非常に厳しい状況ですが、
ストロボを焚いて十分明るい状況を作るので
実際にはあまりカメラの性能は必要ありません

つまりカメラの性能に費用をかけても
撮れる写真に大きな変化はない
ということですね。

そのため最新のものにこだわる必要はなく
古くても壊れたり不具合が生じにくい中古の一眼レフがオススメということです。

それを踏まえて
コストパフォーマンスを考えると
NikonのD7000 D7100がオススメです。

それでもほかのカメラも考えたい
今手持ちのカメラは使えないかな?
という方のために必要なカメラの条件をお伝えします。

カメラに必要な性能は?

・Aps-c サイズセンサーのカメラ(フルサイズも良いが、必要性はあまりない)

・1000万画素以上の画素数。
少ないと思われるかもしれないが実際には500万画素もあれば十分。
僕たちの使っているモニターの大半はFull HD(200万画素程度)です。
4Kモニターでの出力やトリミングのことを考えると1000万画素あれば良好。

・(ダブルスロット)
→SDカードを2枚挿せる機能
これは必須ではありませんが、データの紛失の防止や
ネットワークに接続したPC / ネットワークに接続していないPC
この2つでSDカードを分けたい方にはあった方が便利な機能です。

panasonicやOlympusのようなマイクロフォーサーズという規格の
ミラーレスはどうかというと
過去に使ってみた実感ではオススメしにくいです。
こだわればできるかもしれませんが、
そこまで労力を払う必要はないと考えます。

【レンズ】Tamron 90mm f2.8 Macro

実際にはカメラよりも重要なのはこのレンズだと思います。
これを間違うと全く撮れません。

口腔内の撮影でレンズに求める条件は

マクロレンズであること
 (ハーフマクロでもほとんどシーンで十分だが、当倍の方が寄った写真で便利)

焦点距離が35mm版換算90mm~150mm程度 であること

の2点のみです。

つまりフルサイズのカメラならそのままその焦点距離のマクロレンズを
APSCサイズのカメラなら60mm~90mmくらいのマクロレンズを
購入すれば条件は満たせます。

その他の要件はあまりありません。
マクロレンズであることが非常に重要です!

★ここからは あると便利な機能 です

手振れ補正
はあると構図の安定に便利です。
これがないと手ブレが心配という方もいると思いますが、
大丈夫です。
ストロボを焚いて撮影したら写真がぶれることはまずありませんので
写真自体の出来はあまり変わりません。
なくて良いと思います。

・高速なオートフォーカス
口腔内での撮影はマニュアルフォーカスをオススメするので
これはあまり重要だとは考えていません。
でもオートフォーカスで撮影したい方はあった方が良いかもしれません。

これらの機能はあるとレンズの費用が高くなるので
価格と相談という所になります。

経験上Nikon純正のレンズもいいですが、
それよりもTamron90mmというレンズの方が
色の再現性が高いように感じました。
カメラ界でも評価の高いレンズなので、
サードパーティーながらあえてこれを選ぶという選択も
十分ありだと思っています。

【ストロボ】K&F Consept

口腔内の撮影においてレンズとともに重要なのがストロボです。

今までは安くて良いストロボがなかったために
口腔内撮影で使用するの機材は高価だったのですが、
この機材の登場で大きく変わったと思われます。

K&F Concept スピードライト

Nikonのカメラに使えて
安くていいマクロストロボはこれ一択だと思っています!

安くで売っているLEDのライトは暗すぎて使えず
少額とはいえお金の無駄になるのでやめましょう(実体験)

他の選択肢がほとんどないので省略してもいいですが、
純正の商品や Nissin からも高級なストロボが出ています。
性能差は通常使いではあまり出てきません。

※本気の審美のケース等では リングライトよりも
サイドストロボ・ツインストロボ
の方がきれいな仕上がりになるのでお勧めですが
今回の趣旨からは外れるので商品の紹介のみにとどめます。

こうして商品を紹介してきました。


以上の3つのアイテムをそろえれば
基本的にはうまく口腔内写真が撮れる機材は完成です。

ただしどうしても機材だけ分かっても
どうやって撮影したらいいかわからない方もいると思いますし
どのような状態の商品を選んだらいいかわからない方もいると思うので
本当に初めて口腔内写真にチャレンジされる方向けに

設定まで終えた上記の3点セット
      +
自作したマニュアル
のセットをホームページ上で扱っていますので,それを購入いただければ始めていきやすいと思います。

もし良かったら覗いてみてください。


では良き写真ライフをお送りください!