Nikon Z9がすごそうな件について

こんにちは マツです今日は以下のようなテーマでお話しします。

Nikon Z9がすごそうな件について

最近nikonてZfcがあったり、MC105mmがだいぶ売れていたり、かなりいいニュース増えてきていて、あの苦しかった時期を乗り越えて良かったというような感じだと思いますが、今最も注目されているのって フラグシップ機のZ9ですよね。

最近またZ9に関する情報が出てきて、それがまたすごそうだったので今日はそれについてお話ししようかなと思います。もし良かったら最後まで見ていただいて、ぜひ色々と思うことを教えていただけたら嬉しいです。

このチャンネルではコスパの良いカメラ機材について、また使用しているNikonのカメラについて発信しています。こういったものに興味ある方は是非チャンネル登録お願いします。

正直欲しいカメラかも

ではまず結論です。Z9が僕たちアマチュアユーザーには全く関係ないモンスターマシンなだけではなく、結構趣味層にも希望を与えてくれるようなマシンになったんじゃないかなと今回思いました。

僕は元々買う必要性も買う気も全然なかったんですが、場合によっては頑張ってでも買いたいカメラになるかもしれないそんな風に思っています。

ではそれについて解説していきます。


はい、ではやって行きましょう!
今Z9の具体的な情報が出てきてかなり盛り上がってきていますよね。最初は開発しているという情報が出てきて、その直後にCanonのR3が出てきて、そのスペックがものすごかったので、Z9はダメなんじゃないかとふぁらお王国では結構騒ぎになっていて、心配で眠れぬ夜を過ごした人もいるようでした。

でも今出ている情報が仮に本当だとしたら、これは全く心配無用、おちついてくれと、眠っといてくれと、そんな感じでしたね。まずは今のところNikonRumorsから出ている情報ですが、記事はこちら

で細かいところに触れる前に、確認です。
何の確認かというと、皆さん最近のNikonの発表の流れでわかってきていると思いますが、このNikon Rumorって、明らかにNikonとつながってますよね。内通者がいるのか、もしくはこのNikonRumorがNikonの広報活動の部署なのか分かりませんが、かなり確かな情報を出してくるんですよね。

なので今回の情報ももはや噂という名の、広報活動・ユーザーの反応をうかがう機会だと思っていただいていいんじゃないかと思います。

では改めてみていきましょう。

Nikon Z9 の噂のスペックまとめ

1.画素数は4500万画素の積層型センサー

まず一つ目 画素数は4500万画素の積層型センサーということでここは前から言われているやつですよね。8K撮れるための高画素というやつ。これはま驚きはないですよね。

で、そこはいいんですが、これはあくまで噂ですが、16BitRAW対応するんじゃないかともいわれていますよね。

もしもこれが本当ならフルサイズでは初?なのかな?とりあえずすごいことですよね。とんでもないモンスターになりそうです。その画質がどれだけ8BitのJpegに反映できるのか、謎ではありますが、インパクトはすごいですよね。マジかという感じ。

2.連射性能

そして次も異常なんですが、連射性能。低解像度の6MBのデータなら120コマの撮影が可能。そして一部では160コマだとも言われている。

160ヤバすぎだろ。今って20コマだ30コマだと言っている中であくまで低解像度ですが、160。やりすぎだろ。正直こんなに撮れちゃうとデータ管理がめんどくさそうで僕は嫌だけど、スポーツカメラマンとかならかなりうれしい機能なんですかね?スローモーション動画から切り出す感じなのかなって感じですね。これはすごそう。

これはさすがに電子シャッターでしか成し遂げられないと思うので、メカシャッターがどれくらいいけるかというのも若干気になりますが、ここまでくると僕にはその辺はもはやどっちでもいいので流します。

3.GPSについて

続いてGPSは内臓されているということですが、これは便利なのかな?よくわかりません。なので流します。

4.バッテリー

バッテリーはD6と共通の物を使いつつ、typeC給電に対応したものを載せるということで、給電できるのは現代に必須の機能ですからこれは嬉しいですね。バッテリーはやっぱりフラグシップ機専用のものなので、たぶん1つ2万以上するんでしょうね。アマチュアユーザーにはつらいですね。

5.センサー前シャッター封鎖機能

そして、これはついにという感じですが、レンズ交換とか電源オフ時にセンサーのカバーが下りるというCanonのEOSR系で実装された使用がついにNikonにもきましたね!Nikonのカメラってフランジバックがめちゃくちゃ短いので、体感的にはセンサーが盛り上がってるくらいな感じなので、ここに保護が入るのはありがたいですね!ぼくはこの仕様を使ったことがないので、つかいやすいのか、使いにくいのか分かりませんが、結構望まれていた機能なんじゃないかなと思います💡

6.AF性能

NikonZのAF性能は、弱い弱いといわれていましたが、最近ではZ6ii7iiのファームアップ以来かなり良くなってきていて、かなり不満の少ないものになってきていますよね。そこに加えて確実にレベルアップしてくるということであれば、もはやNikonのAFが弱点から外れて、むしろ強みになるかもしれません。

人物や動物に加えて車のAFも備えて、ー7EVまで実現して、3Dトラッキングも向上 つまり最強レベルとのAFは間違いないということですね。もはや今後これ以上のAFはほとんど期待できないくらいに素晴らしいレベルに達する予感がします。

7.背面液晶

そしてこれがどんな感じになるのかすごい気になるところですが、改良された多関節スクリーンはポートレートモードでも機能し、完全に新しいデザイン。

これはけっこう騒がれていましたよねZ9は3軸チルトなんじゃないかという話。それがいよいよ来るのかもしれないですよね。ポートレートモードっていうのは縦での写真でも機能するということでしかも完全に新しいデザインなら3軸チルトなのか、さらに新しい仕様なのか?これは気になります。僕は3軸チルトって可動域が狭いので、そこが不満なんですが、それを解消するくらいのものが出てきてくれたらいいなと思います。せめて上に90度は確保してくれるものが良いなと思ってます。

8.記録メディア

カードはCFExpressのダブルスロットはとうぜんですね。

9.第三のジョイスティック?

で、次のカメラを顔に近づけて撮影する際に使用する第三のジョイスティック、これは何なんでしょう?鼻をカメラに近づけてジョイスティックとして使用できるということ?まあいいか笑

10.新しいメニュー機能が入る

11.シャッター音

はいそして、何より僕がすごいなと思うのがこれシャッター音を無音から大音量まで調整できて、D6のようなマシンガンのような音も出せる。きた。これってかなり多くのカメラマンが待望の機能ですよね。一眼レフのシャッター音がこんな感じで、ミラーレスがこれ、シャッター音小さ過ぎる問題をいろんな人が言ってて、なぜどのメーカーも改善しないんだという風にずーっと思っていたんですが、ついにやってきました。

まさかNikonが最初にというので僕は感動しています。みなさんそうだと思うんですが、ぼくはシャッター音ってメッチャ好きなんですよね。シャッター音でカメラを選ぶといっても過言ではない男なんですよね。たまにコメントで録音したシャッター音でも聞いてろって言われたりするんですが、まあシャッター音がすごい重要だと思っています。で、今使っているZシリーズってカメラ最高なんだけど、シャッター音が気分上がらないから、なんかなーと思っていたんですが、Z9にはそれが搭載される。これすべてを満たすカメラじゃん。。て思ってしまいますよね。


これらのスペックを見てみて、、

実際僕の使用用途において、Z7でさえオーバースペックなので、Z9なんて絶対いらないと言ってきましたが、僕の中で唯一の懸念点だったシャッター音まで乗ってくるんであれば、僕の持っているミラーレスと一眼レフを全て手放して、このZ9に変えていく価値があるカメラになったりするんじゃないかと思ったりもしますよね

まだ触れていないものすごいEVFを積んでいるんじゃないかというような噂情報もありますが、ともかくわかるのはめちゃくちゃすごいカメラだなということですよね。

たぶんこうやって噂情報診ている人の9割がZ9なんて買わないと思うんですが、やっぱりこのカメラがNikonの象徴として、すごいスペックで出てくれるとまじでうれしいですよね。このままの雰囲気で、可能なら更なるサプライズを1,2個入れて本当に出てきてくれたらめちゃくちゃ嬉しいし、今後のNikonに大きな希望が見えてくると思います。

正式な発表は10月くらいになるんじゃないかと言われていますが、Zfcもかなり間に合っていない状況を考えると、発表だけして、手には入らないという状況が長く続きそうですね。一応価格は6,000~7,000ドルになるんじゃないかという予想なので、単純に日本円換算60万後半から70万後半くらいかなというかんじなので、僕が買うとしたらZ5,Z7,D800を全て売って、レンズも2,3本売って、さらにビットコインが700万ドルくらいに乗っかってくれたら買えるかなという感じなので、皆さんぜひビットコインの価格の上昇にお力添えいただけたら嬉しいです。

ということで、最後は関係ない話しましたが、Nikonのフラグシップ機すごくなりそうだぞということで、Z9の噂情報についてお話ししました。

皆さんはZ9買いますか?買いませんか?買う人なんてこんな動画見ていないかもしれませんが、教えていただけたら嬉しいです。

ぼくはこれからもコスパの良いカメラ機材について、使っているNikonのカメラについての情報を発信していきます。今日の動画が良かった。面白かったという方は高評価、チャンネル登録 よろしくお願いいたします。

では今日はこれで終わります。
良き写真ライフをお送りください。
マツでした。

Nikon Zの新製品の噂【パンケーキレンズ/Tamron70-180㎜F2.8】

こんにちは マツです今日は

『Nikon Z 新しいレンズの噂』

についてお話しします。

最近Nikon Rumorsのサイトで気になるレンズの情報を発見しました。

それがパンケーキレンズの情報と、タムロンの70-180f2.8のレンズこれは激熱だなと思ってシェアしていきます。タダの噂ですし、情報はまだありませんが、これについてお話していきましょう。

では早速ですが、これがそのレンズの噂の画像です。これをみてめっちゃ嬉しいスぺックで出てきそうだと胸が膨らみますね!これについて解説していきます。


はいということで始めていきましょう。まず今回の情報元はNikon RumorsというNikonの新製品の情報なんかのリークなんかから情報をアップしてくれるサイトです。概要欄にリンクを貼っておきますので、ぜひ元を見ていただけたらと思います。https://nikonrumors.com/2021/04/03/another-concept-tamron-70-180mm-f-2-8-mirrorless-lens-for-nikon-z-mount.aspx/

https://nikonrumors.com/2021/04/03/nikon-nikkor-z-28mm-f-2-mirrorless-compact-prime-lens-concept.aspx/

英語ですが、Google翻訳で見てみてください。

今回この2つの噂を見て、
一つはなるほど みたいな感じで
もう一つはめちゃめちゃうれしいなと思ってい見ていました。

ぜひ皆さんが思ったことぜひコメントで教えていただきたいんですが、まずなるほどと思ったのはTamronのズームレンズ!70-180のf2.8

Tamron70-180㎜ f2.8

これはSONY Eマウントで無双しているf2.8通しズームレンズの望遠版ですよね。レンズの売り上げ上位にもこのレンズはよく位置していますよね。これってもし出たら結構うれしい人多いんじゃないですか?NikonZの大三元ナナニッパは大体30万くらいするレンズですよね。性能が圧倒的で史上最高のナナニッパといわれるようなレンズで、コメントでもお持ちの方が多いレンズですが、いいのはなのはわかるけど、さすがに無理という人結構多いと思います。僕もその一人です。

でもそれがたぶんこのTamronだと10万くらいで手に入れられる。ちょっと望遠端足りないとはいえ、これくらいは正直微差でしょうし、厳密な性能差よりは、とにかくf2.8の望遠レンズが欲しいという人にはかなりうれしいレンズだと思います。サイズや価格面でZのF4の70-200を待っている人にもちょっと迷いを生じさせる発表ですよね。

で、この発表自体もまあいい発表だと思いますが、それ以上にこれを見て思うのは、

『ついにZにTamronが』

ということですよね。TamronがついにZにAFレンズで参入してくるとなると、今後Eマウント用に出ている魅力的なレンズがどんどんZで使えるようになってくる可能性がある。今までサードパーティーはほとんどMFレンズしかない中でこれが本当なら、かなり大きなニュースになりそうですよね。

Zはレンズが高いし、選択肢が少ない僕がずっと言ってきた欠点。これが解消されるかもしれない。そうなるとNikonZの強さが一段と増して、いよいよ欠点のかなり少ない最強のシステムになる可能性もある。これは多くの人にとって嬉しい情報になると思います。

でも良い情報なんですが、今回僕はこの情報を見た時そんなにうれしくはなかったんですよね。つい最近僕はこういう動画を出して、

その中で、NikonZはレンズ少ないけど、それぞれがものすごいレンズだから、レンズ沼にはまらなくて済むし、Zのレンズを使って入れば大丈夫という信頼をもって写真を撮れるというのはすごくメリットが大きいと言いました。

それがTamronとかsigma出てくるとちょっと崩れるんですよね。もちろんTamronとかsigmaのレンズってものすごい性能だし、良いのはもちろん過去に使ってきて知っているんですが、僕が最高に信頼しているのはやっぱりZのレンズなんですよね。

レンズを多くの選択肢から選べるという自由の代わりに、たくさんの選択肢から選びとらないといけないという迷いが生じる。これは良いことばかりではないですよね。今Viltroxというメーカーの85㎜f1.8を使っていますが、これ自体はすごくよくて、何の不満もないんですが、『これZだったらどうだったかな?』と常によぎっちゃうんですよね。僕の中では今後これが付きまとうと思います。

Zユーザーが増えて良いかもと思う反面Zレンズユーザーはそんなに増えないか減ってしまう可能性なんかも考えてちょっと寂しさも感じるます。

このレンズっておそらくEマウントベースで設計されるレンズをZにフランジバック変えて対応さるように作られてくると思うので、Zにデザイン的にマッチするか、レンズ光学的にマッチするか少し疑問な部分もあります。光学的に若干不利なEマウント設計でZユーザーを満足させられるかなということです。そう思うともしかしてこの望遠ズームレンズから出してくるというのは、まずは設計的にフランジバックの影響が少ないところから望遠をというので出ているんですかね?詳しいところまで分かりませんが、続報が気になるところです。


Nikkor Z 40㎜ f2?

で、皆さんお待ちかねだと思いますが今回の噂で僕がめちゃめちゃ嬉しいのはパンケーキレンズです!すごい良いですね。僕はこのZ6を手に入れた去年の6月くらいからずっとこのパンケーキレンズを待ち望んできました。

Zのレンズは素晴らしいんだけど重たい。
Zのレンズはすごいのはわかるけどでかい。
こんな風に言ってきましたし、コメントでもよく見かけました。

でも大丈夫。
そんな方に最高なレンズが出てきますね。
この画像を見て何より喜んだのは、もちろんこのサイズ感は当然として、F2ということですよね。

サイズ感がこんな感じになるというのは、もうシルエットが出ていたから皆さん知っていると思いますが、やっぱり心配としてはパンケーキレンズならF2.8くらいの地味スぺックかな?というところでしたよね。どれだけコンパクトでもf2.8なら面白くないな、買うか迷うな。そう思っていた人もいるかもしれないし、僕も結構心配でした。でもF2。これ買うしかないでしょ。

もちろんただの噂ですし、f2.8で来るかもしれませんが、最近の噂とかリーク情報って、意図的にされていることが多そうで、結構信頼性高いのでたぶんf2でしょうね。これはアツいですよね。

ここからは僕の推測がメインのお話しですが40㎜f2であればこの50㎜f1.8Sと35㎜f1.8Sがいらなくなっちゃうかもって感じですが、おそらく画質的な部分はNikonZレンズであればまあ間違いなくクリアしているので心配ないとして動画でのフォーカスブリージングとかは出そうですよね。

この50㎜はフォーカスレンズがいくつか連携して動くことでどのピント位置でも収差を少なくしたり、フォーカスブリージングをほとんどなくしたりと、ものすごい性能発揮していましたがこの長さのレンズではそれができないんじゃなかなと推測します。

そして、場合によってはちょうどこのFマウントの50㎜と同じサイズ感というので、AF駆動を超音波モーターとかで仕上げて、廉価にしてというような設計になるのかもしれませんね。コンパクト軽量で安くてある程度画質は良い40㎜。でもAF性能と動画への適用はSラインほうが良いかもみたいなところでやっていくのが販売戦略上ありうるかな。もしこれでフォーカスブリージングもAFも最高とかなると35㎜と50㎜死にますもんね。Nikonならそんなことやってきそうな気もしますが、さすがに差はつけてくるんじゃないかと思います。

あとは28㎜もパンケーキレンズにはありますが、これもf2で行けるのかというのは気になるところですよね。広角レンズのほうがコンパクトで明るく作るの大変だと思うので、ここがどうなるかはすごく気になります。どっちもf2とかだと、24㎜f1.8Sも50㎜f1.8Sも持っている僕でもなんか間違ってどっちも買っちゃいそうですね笑

はいというのが僕がこのZのパンケーキレンズで思うことでした。
今回はNikonの噂についてお話していきましたがいかがだったでしょうか?皆さんが思うことを教えていただけたら嬉しいです。

つい最近までNikon Z 極寒の冬だなと思っていたら、Z9の発表あたり以来から、めちゃめちゃアツくなってきましたねこれからもどんどん新製品の情報が出てくると思うのでぜひ楽しみに見ていきましょう。これからもこういった噂や新製品の情報にも触れていこうと思うので、今日の動画が役に立った 良かったという方は是非高評価と チャンネル登録 よろしくお願いいたします。

またぜひ新しい情報ありましたらコメントやInstagramのDMなどでおしえてもらえたら嬉しいです。

では今日はこれで終わります。
良き写真ライフをお送りください。
マツでした。