Nikon D500 D7500 の後継機のウワサ

こんにちは マツです今日は
『Nikon D7500 D500の後継機の噂』
というテーマでお話しします。

最近カメラの新機種の噂というかこういった動きがあるぞ みたいなサイトを見ているとNikonの一眼レフ 僕の使用していD7500の後継機の噂をしているものがあって、「なるほど!」と思ったのでそれについてお話していこうと思います。

ぼくの動画を見てくださる方ってD7500とかD500とかそういったカメラにすごく興味を持ってくださってる方が多いと思うので、そういった方に噂程度ですがNikonの今後の一眼レフの方向性についてお話しできたらというのと色々とnikonについて研究している僕が見た時にどんな新製品だったらいいなというような話をしていこうと思います。

なので、今日の動画では現状のD7500の後継機の噂についてお伝えしながら見てくださる方にも一緒に想像しながら楽しんでいただけたらと思っています。ぜひ自分ならどんなカメラが良いなと思われるかコメントで教えていただけたら嬉しいです。

マツチャンネル

このチャンネルでは僕が機材に総額200万以上使って手に入れた知識を元にコスパの良いカメラ機材について紹介しています。またNikonのZ6,Z50,D7500を使用しているのでZシリーズ関連の比較やNikonについての情報を提供していますので興味ある方はぜひチャンネル登録お願いします!

D500とD7500が合わさってD7800になる?

で結論ですが、この噂ではNikonのAPSC一眼レフはD7500とD500が合わさって D7800というカメラになるのではないかということでした。そしてD780がそうだったようにD500やD7500から正常進化しつつ、ライブビュー撮影でZ50の性能を持ったカメラになるのでは?ということでした。ここについて解説していこうと思います。

とういことで、この噂なかなか面白いですよね。そして、かなり実際に起きそうだなと思いますね。まずやっぱりミラーレスのZをだしてこれからはそういった方向の開発に力を注ぐでしょうし、製品がどんどん増えていっても開発費用がかさむでしょうからAPS-Cの一眼レフのラインナップを絞っていくのは当然考えられるでしょうね。その中で、D500とD7500の機能がやはり近すぎるというかD7500がミドルクラスに相応しくない モンスター性能に仕上がっているので統一していくのはまあそうだろうなという感じです。

この記事によるとどうやらNikonはもともとこのD7500やD500の後継機はあまり出す予定はないというか出したい感じではなかったっぽいんですがCanonが90Dを出したので、それに対抗する形でD7800というカメラを出す羽目になったみたいな感じでした。

そもそもこのキャノンの90Dも、Nikonのフルサイズ一眼レフのD780も結構方向性は似ていて、光学ファインダーながらにライブビューはミラーレス!みたい感じですよね。特によくD780はライブビューにZ6を積んでいる一眼レフだと聞きますが、今後の一眼レフはどんどんそうなっていくんだろうなという感じがしますね。

元々一眼レフってほとんどの 静止画のファインダーを覗いての撮影においてはカメラとしてほとんど完成していて、構造上瞳AFとかをファインダー撮影で行うことはできませんが、まあそれ以外の部分はすごいですよね。確かにライブビュー撮影がモッタリしているなという印象でしたがそれが解消されるならまあいいなという感じもします。

ただ、最近の一眼レフが出るときによく評価として使われる一眼レフの良いところとミラーレスの良いところを持っているという謳い文句というのが結構気になっていて、なんかミラーレスに比べて一眼レフを褒めるポイントがいよいよ無くなってきていてそういう褒め言葉になっているんだろうなというように感じます。なのでこの新製品にはミラーレスの性能が盛り込まれてくるだろうなというのはほとんど間違いない。で、そうなった時に気になるのが、このD7800というカメラが出るとするとどのミラーレスをライブビューに積んでくるのか?という部分です。

どのミラーレスの性能を乗せてくる?

これがどういうことかというと、D500を進化させたような一眼レフ性能にZ50のライブビュー性能を乗せるのか Z50よりも進化したミラーレス仮にZ70とでも呼ばれるようなものの性能を乗せてくるのかということなんですよね。現在のNikonはやっぱり経営が厳しいでしょうからなるべく開発で共通のパーツや共通のセンサーが使えた方が良いですよねそうなったときにこの一眼レフの新製品 専用の性能ではなくてnikonのミラーレスと共通の部分がある方が 安く済むので良い。で、元々もう開発しているZ50の性能をのせるのかそれとも一歩先の性能を乗せてから、それを乗せたミラーレスのZ70とでも言われるようなカメラを出してくるのか、その2択が有力かなと思います。

そのあたり皆さんはどう思われますか?僕は今のnikonならZ50の性能を乗せてファンの方をちょっとがっかりさせそうな気もしていますが、どうでしょう?頑張ってくれるでしょうか、期待したいところですね。

新しいミラーレスのZ70がどういう性能を持っていたら嬉しいかなかなか難しいですが、どうせ新商品として出すなら、『それならZ50買うよー』みたいな性能ではなくちょっと夢を見させてほしいですね。

ただ、そもそも今のD500とかD7500ってけっこう一眼レフとしてほとんど完成しているので、後継機が出てライブビュー性能が上がる以外にどのような利点が出せるのかあまり思いつかないですね。なんか中途半端に性能上げてもそれならレンズを合わせて性能の高いミラーレスのZの方が良いしという風になりそうな感じもしています。

というのが僕が読んだニュースのまとめとそれに伴う感想です。楽しみなような そうでもないようなという感じです。で、ここからそれを踏まえて僕の空想・願望の話をします。

僕の空想と願望

先ほど僕は一眼レフの新製品について ややネガティブな感じでお話をしましたが、実際僕は今もの凄く一眼レフ好きなんですね。撮影にZ6もZ50も使いますが、今だとD3Sとかめっちゃ好きだしD7500もすごい良いカメラだと思う。その中で、僕のこの一眼レフとミラーレスの位置づけって撮影中のフィーリングが楽しいかどうかなんですよね

『本当に良い写真が撮りたい』『少しでも高画質を』となるとZ6を取り出すし、『自分自身 撮影自体も楽しみたい』という時に一眼レフ 特に今ならD3Sそういう感じになってます。もちろん仕事でとか被写体が動きものでミラーレスより一眼レフじゃないとというような人もいるとは思うのですが、僕のような趣味のユーザーにとってはカメラ・写真という体験が、どう楽しめるかということが中心になってくる。

そういったときにこの新製品が ミラーレスの良さも取り入れて更なる高性能になりましたよといわれても、けっこう今更感がすごい。『なんかそこじゃないんだよなー』という感じがしたりします。これは大げさに言えばですが たとえて言うとフィルムカメラがもっと連射できるようになりました 高画質になりました!と主張してきているような感覚に近い気がしていて、一眼レフ一台でいろんな撮影を楽しみたいという人には朗報かもしれないけど、わざわざこれからAPS-Cの一眼レフを購入する人でしかもD7800という新製品になって価格が15万くらいになってそれくらい大金を払う方が、この性能を手に入れたいのかは謎ですね。

 僕の場合はこのD7500について不満に思うことというのはもはやシャッター音 それくらいしか思いつかなくてこの撮影のフィーリングをもっとD500に近づけたようなカメラになって、もっと撮影体験の向上撮っていてめっちゃ気持ちいい そう思えるようなカメラになってくれることそれだけなんですよね。連射速度の向上も、ISOの向上もこれ以上必要ないレベルに来ているからこそ、その数字の部分を追及していくのはやめて、十分追い求められるZができた今だからこそ、そういったフィーリングの部分に重きを置いてくれると良いなと思います。

 レンズを含めた圧倒的な性能ならミラーレスのZ そうじゃない感覚を刺激するのが一眼レフ そういった方向に行かないと 一眼レフとミラーレスの棲み分けって難しいのかなと思ったりします。例えば無理でしょうけど、振り切って写真専用機に行って周囲を驚かせること見たいな思い切りがないと こういう新製品に夢を感じにくいところまで技術が来ちゃっているんじゃないかな?と思ったりします。色々勝手を言ってきましたがみなさんならD7800どのような所に期待されるでしょうか?もしよかったらコメントで教えていただけたら嬉しいです。改めて良さを感じ始めた一眼レフが何かカメラの楽しさを再定義してくれるような仕上がりで新製品になってくれたらいいなと思います。という所で今日のお話は終わりです。

ぼくはこれからもコスパの良いカメラ機材について紹介していきますし、使用しているNikonのカメラを使用して動画を作っていきます。
今日の動画が役に立った 良かったという方は是非高評価と チャンネル登録 よろしくお願いいたします。
また兵庫で写真サークルをやっていますのでぜひご連絡ください。
ではこれで終わります。

久々の一眼レフは困惑するね

ミラーレスから一眼レフに時代は戻っていくのか
いやそれはないな

こんにちは マツです

兵庫で写真サークルやっています。

先日NikonのD7500を購入したという内容のブログを更新しました。

http://nostalgista.blog/2020/05/12/%e3%82%84%e3%81%a3%e3%81%a1%e3%81%be%e3%81%a3%e3%81%9f%e3%80%82%e3%80%82%e3%80%82nikon-d7500/

やっぱりNikonのファンだとかD7500をしようしているという方が多いのか

今までよりも反応をいただけた感じがしました。

ありがとうございます!


さて皆さんはどのようなカメラを使用中でしょうか?

僕はCanonで始めて
Sony のミラーレスに乗り換えて
という結構よくある
一眼レフ→ミラーレスの
乗り換え勢で

Sony α7s
Sony α7Riii 

を使用中なのですが、

その他のカメラもいくつか使用していて
そのすべてが見事にミラーレスなんですね。

Olympus OMD EM5 Mark2 だとか
Panasonic G9 Pro だとか
Fujifilm x-Pro2 (弟への贈り物)だとか

もちろん仕事ではNikonのD7100の一眼レフを使用していたのですが

趣味使いではミラーレス一択になっていました。

それが何を血迷ったか
急に思い立って
さきに述べたように
NikonのD7500を購入しました。

理由は先日のブログで書きましたが、
まとめると

もうただ何となく

だということです。

たまにわけもなく欲しくなって
必要ないカメラを買っちゃうよ
という方も この業界には多いのではないかと思うのですが
#あまりいないか?

一眼レフからミラーレスに乗り換える
カメラ好きはかなり多くて

僕のやっている写真サークルの
大半がミラーレスのように思います。
でも当然カメラといえば一眼だろ
という感じで根強い一眼レフファンもいますね。

僕はどちらが優れている論争をするつもりはありませんが
(現にどちらも持っているので)
ただ久々に一眼レフを使うと
当然ですが

めっちゃ使いにくいな

という感想です。

どのような露出で、色味で撮れるか
事前にファインダーで確認できるミラーレスと
撮ってからでないと分からない 一眼レフでは
撮影のフィーリングが結構違います。

ミラーレスではマニュアルモードで
ガンガン撮れていたのが
ここはAモードにしとこうかなという感じに
なってしまいます。

これは完全に慣れの問題と
実力不足が露呈するところなのですが。

ミラーレスになれてから
一眼レフのマニュアルモードで撮影して
真っ暗写真を量産するというのは
あるあるなんじゃないでしょうか?

ミラーショックもミラーレスから戻ってみると
結構 強烈に感じますし
ミラーレスが今急速に広まっている理由を
なるほどな
と実感しています。

両方知って初めてわかることがあるものですね

ただこうしてミラーレスの有利なところばかり見てきましたが
一眼レフも良いなと思うところはあります。

それは圧倒的な所有感と写真やってるなという満足感ですね

やっぱりミラーレスにはない
機材としての完成度の高さは
さすが一眼レフ というか

さすがのNikon ですね

ぼくはこのD7500というのは
僕の思う
ベストな大きさ
ベストな形態
ベストなグリップ
をしていて、
他にはCanonのEOS 6D Mark2 とかもそうなんですけど
めっちゃ感性に訴えるものとしてのデザインをしていると思っています。

この愛着わく感じは Sonyにはあまりなくて
SONYの機材は ほんまに頼りになるんですが
なんとなく持ち出したいのはNikon みたいな感じがあります。

だったらZシリーズとかに興味がいくかというと
そうでもないのは
Nikonは実用枠よりも 愛着枠で グッと来ているのかなと思います。

Aps-c機ということで
少し侮る気持ちもありますが、
実際に今のカメラにはその大きなセンサーの差はないのかもしれません
撮れる写真も
Sonyよりもサッパリしている感じがして
結構いい感じ

うん機材が変わると
写真が撮りたくなりますね

また色々と試していきます!