こんにちは マツです今日はこのテーマでお話しします。 

クリップオンストロボの完成形 Godox V860iii 

僕はコスパの良いカメラ機材について紹介しているんですが、やっぱりカメラを変えるよりもレンズを変えるよりも、圧倒的に写真を変える機材にストロボがあるということで、今までに何回かストロボに関する動画を作ってきました。

で、今回は僕の大好きなGodoxから僕の愛用するV860シリーズに新しいモデルが出るということで、メーカーより提供いただきました。V860iiiというモデル。今日はこれについてお話していこうと思います。

けっこうユーザーにとって使いやすいところが、もりもりのすごい新形なのでぜひ最後までご覧下さい。

このチャンネルではコスパの良いカメラ機材について、また使用しているNikonのカメラについて発信しています。こういったものに興味ある方は是非チャンネル登録お願いします。

V860iiから細かい修正点があってすごくいい

ではまず結論です。V860iiiは現状クリップオンストロボの完成形というべき性能で、V860iiから細かい改善点が詰まっています。今からちょっといいストロボの購入をと考えている人はぜひチェックしてほしい。そう思います。ではこれについて解説していきます。

【商品リンク&割引コード】
Sony 用https://amzn.to/3DTFM2X 
Canon用 https://amzn.to/3DLpadM 
Nikon用 https://amzn.to/38HQBqK 
Fuji用 https://amzn.to/385MCnu 
Olympus・Panasonic用 https://amzn.to/3AYcfTI

10%OFF プロモーションコード:
6MJDX339
開始日        
2021/09/07  16:00JST
終了日        
2021/09/14  23:59JST


はい、ではやって行きましょう!

今回はGodoxの人気の機種V860のiii型についてです。

僕は以前こういう動画を出して、レンズを買い足す前に絶対にストロボを手に入れた方が良い写真撮れるよという動画を出していて、マジでキットレンズだろうが室内だったらストロボあるだけで圧倒的に写真のクオリティが上がると思っています。

で、今回はその時に紹介したV860iiの後継機ですね。正直このストロボのお話をメーカーにいただいたときに、嬉しいけど、V860iiでさえかなりクオリティ高かったから、後継機ちゃんと良い所あるかなと心配していたんですが、それは無駄な心配で結構いいところだらけでした。

まずいい所を列挙しましょう。

V860iiiの良い所

1.バッテリー周辺の改善
2.ホットシュー取り付け部の改善
3.光量の微調整
4.モデリングライト

ではそれぞれ解説しますが、その前に外観を見ましょう。

V860iiとiiiにはほとんど違いないですが、ここにモデリング用のライトがあるのと、バッテリー経理上が違うなというのが分かりますね。どちらもガイドナンバーは60で、サイズ重量はほとんど同じです。ただ、ここにittlモードとMモード切替のスイッチがある違いがありますね。ボタン配置は一緒なんだけど、役割が少しずつ違う感じです。

Godox v860iii

細かいところは置いておいて、まずは良くなったところを説明します。

1.バッテリー周りの変更

まず1つ目バッテリー周囲の改善僕はこのV860iiとかV850iiとかを今まで使ってきていたんですが、このGodoxのLiイオンバッテリーモデルがめちゃくちゃ好きなんですよね。チャージ時間めちゃくちゃ短いし、発光回数もすごい多いし、何の不満もなかったんですが、iiiからは新しい形に変わっているようです。

どうやらGodoxのV1と同じものに変わったみたいなんですが、少し細長いものになっているんですよね。これによって何が良いかというと、充電器なんですよね。今までは充電機ってけっこうごついものでコンセントに入れないといけなかったんですが、それがかなり小さいものになっています。V860iiの充電器はなかなか持ち運びにくいと思いますが、新しいものはカバンに入れておけるし、端子はUSBーCなので汎用性も高いので、モバイルバッテリーなんかで移動時にも充電できるのはありがたいですよね。

僕はV860iiとの併用なので、バッテリーのタイプが増えると若干不便ですが、V1と併用する人にはよくなりますよね。まあフルにしておけば使用中に切れることはないくらいのバッテリーですが、これは嬉しい配慮ですね。

2.ホットシューへの接続方式

続いてがホットシューへの接続方式これは個人的に結構アツい。今までのストロボって純正の良いやつ以外はこうやってクルクル回すやつで、その辺が面倒だったんですが、今回のV860iiiではレバー式になっているので、ホットシューにつけて、レバーを横に倒すだけなんですよね。これめちゃくちゃよくないですか?

僕は仕事ではストロボをよく付け替えるので、この仕様はかなりありがたいなという感じです。これはめっちゃいい。

3.光量の10段階調整

そして、3つ目が光量の微調整ここは好みになるので、人によってはデメリットですが、通常ストロボの光量調整は1/3段ずつの調整ですよね。それが今回1/10ずつの光量調整が効きます。一灯うちの時にはあまり関係ないでしょうが、他灯になった時の微細な光量調整ができるのは結構メリットになる人もいるのかなと思いました。個人的には天井バウンスしか使わなくてそんなにシビアな調整はしないので、ここは1/3でもよかったかなという感じですが、調整可能で悪いことはないと思うので、進化ポイントだと思います。

4.モデリングライト機能

で最後がモデリングライト機能。今まで、基本的にモノブロックストロボでは使えたけど、クリップオンスとロボでは使用できなかったモデリングライトが使用できるようになっているんですよね。1~10段階で選ぶことができて、使えます。なので、暗所でのAFなんかで効果的だったり、実際にストロボ当たった時にどのようなライティングになるかを確認することができます。

正直、発光部とモデリングライトが違う位置にあるので、どこまでモデリングライトとして使えるかは分かりませんし、僕はモデリングライトを使用するような用途で使わないので、何とも言えませんが、いろんな使用方法を使えるようになるのは良いなという感じがします。

こんな感じで地味なんだけど、ユーザーにとって使いやすさを改善するようなアップデートが行われていて、このスピーディーな改善というのはこのGodoxの魅力ですよね。


V860iiiの欠点は?

じゃあ今度は逆にV860iiユーザーの僕が感じる悪い所行きましょう。

1.バッテリーが違うことによる管理の面倒さ

まず1つ目は、今回バッテリーが変わったので、今までV1を使っていた人には良いんだけど、逆にV860iiを複数台とかで使っていた人にとっては、バッテリーの違いが邪魔くさくなる可能性がありますね。バッテリー違いって結構煩わしいので、その問題がある。

2.発行可能回数はiiよりも減少?

あとはメーカー情報見るとフル発行回数はiiiよりもiiの方が多かったりするんですよね。なので、バッテリーの充電しやすさよりも1度に使える回数を重視したい人にはiiの方が良いのかなと思いました。ただ今後おそらくGodoxはこっちのバッテリーを採用していくでしょうから、今後の買い足しを考えている人はiiiがおススメですね。

※メーカー情報は2600mAhの情報ですが、今回V860iiiに付属していたバッテリーは3000mAhの物だったので、実際にはこの情報よりも発光回数多いかもしれません。

3.価格は当然高くなる

後は価格当然新しいものほど高いので、V860iiよりも高くなっています。価格帯としてはV1とV860iiの間という感じになっています。
860ii が22,000円
860iiiが28,000円
V1 が 33,000円

ということで、ちょうど5,000円ずつくらい違うんですよね。

これは結構悩ましい。純粋にGodoxのストロボとしては製品の選択肢が多くなって良いなという感じですが、逆に言えばV860iiiまでまで行くなら少し頑張ってV1買うのが良いのかもなという感じがしたりするので、絶妙な価格設定ですよね。

実際僕もこうやってレビューしながら、1台型落ちになったV860iiを売って、V1を買い足して、V860iiiとV1の2台体制にしたくなっております。Godox商売上手ですよね。

という感じで、メリットもあり、バッテリーが変わることによるデメリットも人によってはあり、という感じの新型のストロボですが、純粋に結構細かいところでいい所増えているのでめっちゃいいと思います。このGodoxは今ではカメラユーザーの半分くらいが使ってるんじゃないかというくらいストロボ界を席巻しているような感じがしますが、今後もこのスピード感でどんどん良いものを作ってくれそうですよね。楽しく使っていきましょう。

ということで今日はV860iiiについてのお話でした。
ぼくはこれからもコスパの良いカメラ機材について、使っているNikonのカメラについての情報を発信していきます。今日の動画が良かった。役に立ったという方は高評価、チャンネル登録 よろしくお願いいたします。

では今日はこれで終わります。
良き写真ライフをお送りください。
マツでした。

【商品リンク&割引コード】
Sony 用https://amzn.to/3DTFM2X 
Canon用 https://amzn.to/3DLpadM 
Nikon用 https://amzn.to/38HQBqK 
Fuji用 https://amzn.to/385MCnu 
Olympus・Panasonic用 https://amzn.to/3AYcfTI

10%OFF プロモーションコード:
6MJDX339
開始日        
2021/09/07  16:00JST
終了日        
2021/09/14  23:59JST

マツでした。